不居見綾乃さん

ayano_izumi

いずみあやのと申します。
Twitterとか始めてみたり @ayano_izumi0706
基本的には詞書きをしております。
たまに曲をつけ、たまにアレンジして、たまに自分で歌って、たまにミックスしてます。
最近はあまり活動していなかったですが、ぼちぼち始めようかと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

画像はアルたん画伯作。

↓下記サイトでいくつか曲を公開しています。
http://okmusic.jp/#!/user/63762

もっと見る

SNSアカウント

フォロー(24)

  • 愛mi
  • こはく
  • catoheko
  • AsetonP_アセトンP
  • Anna
  • たんとP
  • wit☆
  • エイト
  • 一色
  • 暁・楓
  • ぽてとくん
  • らんや

フォロワー(24)

  • 愛mi
  • こはく
  • AsetonP_アセトンP
  • catoheko
  • Anna
  • たんとP
  • wit☆
  • エイト
  • 一色
  • 暁・楓
  • ぽてとくん
  • らんや

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

星音ハルちゃん、星音ハルトくんの日ということで。
2007年くらいに作った曲を歌って&語ってもらいました。

3拍子と4拍子混じりの曲です。
HANASU難しい…。

歌:星音ハル
語り:星音ハルト



『Starry End』
 
作詞:雪乃星羅
作・編曲:不居見綾乃
 
 
星々の嘆きに 崩れ落ちてゆく世界は
空っぽな心映し出す 歪んだ硝子
 
 
未来へと連なる 遠い過去からの道筋
ただ辿るだけが運命と 呼ぶのだろうか
 
 
見つけられない場所へ
引かれた道筋など外れてもいい
進みたいならば
 
銀の空へ羽ばたいてゆく白い翼は今
自由をその胸に抱いて
いつか高く空に掲げた重すぎる世界を
支えられるように Starry End
 
 
 
消えそうな光を その身に宿す世界は
いつか散り逝く星のように 宙を漂う
 
眩しすぎる世界は
いつか燃え尽きてしまうのだろうから
どこかに小さく凍えた影があっていい
 
暗い闇の底から未来を見つめる瞳は
砂のような星を宿し
遠く光届かぬままに消えてゆく未来を
照らし出せるように
 
 
星々の終焉 大地に降り注ぐのは
嘆きでも怒りでもなくて 星の流す血
 
 
銀の空に映し出された虚ろな世界へと
羽ばたいて行くもの達よ
暗い海の底で煌く砂粒のような星
踏み潰さぬように Starry End
 
燃える空が世界の終わりを告げているなら
きっと逃げられぬのだろう
銀に染まるこの世界がいつまでも続くように
光を抱いて

もっとみる

投稿日時 : 2017/08/06 00:04
▲TOP