cika145さん

素敵な曲を聴いて歌詞を思い書くのが好きです。

cika145さん

cika145さん

cika145

素敵な曲を聴いて歌詞を思い書くのが好きです。

ピアプロバッジ

フォロー(15)

  • とある中間管理職
  • 猫山田プロジェクト
  • ザネリ
  • しめさば
  • Yield-S
  • こゆるぎ美冬
  • 阿僧祇
  • うあじゃ
  • Little Tokyo Stranger
  • あれっくちゅ
  • ななみや
  • くらん

フォロワー(12)

  • とある中間管理職
  • 猫山田プロジェクト
  • しめさば
  • Yield-S
  • 阿僧祇
  • Little Tokyo Stranger
  • まほうびん
  • あれっくちゅ
  • ななみや
  • leafly
  • つくね です
  • noir

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

「千代」

二十四年前の二人に届けたい歌をつくれたら どんなつらい道も歩いて行ける気がする 零れてゆく夢に泣かないでいられるように まだ見えない未来を少しでも輝かせたいから つまらないとすねてみた今日に 置いてかないでと言えなかった昨日と 転がった鈴の音 まだ近く 私の傍らに眠り続けています あなたのいる世界 描き尽くす色に 深い愛を思いたくて 見つめている十年目 大切に思えること さみしさに震えること だけど、幻とも思えているままで 心の真ん中にある つめたくてあたたかい恋 ぼんやりと光る 公園に見上げたの空に ひとつ あなたから見える此処はまだ悲しい色してますか? あれからいくつ夢わたり 姿は大人になったけれど 此処から見える あなた今、なんだかとても少年で まだ知らない昔をも見ているようで ちょっと、くすぐったいなと思っているのです。 笑っていて いつまでも変わらないでね 今日の水たまり 側に咲くあじさいに 訪れる あなたの影を待つ季節 芽吹く言葉に懐かしい雫 あつめ足りなくて歌いあげられないまま まだ幼い眼差しが邪魔をしているような 夕凪の鏡に祈る姿を おぼろ月夜と慕う轍だけが 伝えている千代の今 逢いたくて 逢いたくて 空を見上げてる 藍染の衣澄む肩の胡蝶と

千代(ちよ)
投稿日時 : 2018/06/22 00:15

最近の投稿作品 (116)

▲TOP