作詞・テキスト作品(29)

1:userゼグァール(Zeguar)17/12/21 17:37

こちらもまだまだ未熟ですので、教えていただけるとうれしいです。

  • 2:usernekopi cat17/12/22 07:38

    作詞論 その1
    作詞論というより、私がピアプロで修行していての感想なのですが。
    作詞の内容について。
    詞のテーマとか世界観とか、内容はその人のそれまでの経験と、想像力に左右されるのでしょうが、人が生きている限り題材には事欠かないと思っています。中学生、高校生でも今だけの感性というものがあるでしょうから、そういうのを大切にしてほしいですね。

  • 3:usernekopi cat17/12/22 09:56

    作詞論 その2
    あくまでも私見です。
    日記に書いた散文のような詞では、どんなに内容が素晴らしくても歌にしづらいですよね。音楽的なリズム感とか、構成とか、工夫してほしいです。

    A、B、Sとか、J-POP的な曲構成にこだわりすぎる人が多いです。自分で作曲してほしいです。

    詞先作曲を趣味でやっている人はさすがのピアプロでも多くはないです。しかし文字に書いた自分の詞が歌になって聴いた時の感動は格別です。曲先作詞の練習をするとか、選択肢をひろげてほしいです。

  • 4:usernekopi cat17/12/22 15:36

    作詞論 その3
    あくまでも個人的に、こんな歌詞はきらいです。
    だらだらとながいもの
    下品なことば、あまりに過激な発言
    字数の合わないもの とくに1番と2番で変わるとフルコーラス作りづらい ただし厳密に字数をそろえるよりも、曲に乗るかどうかが問題です
    聞いてわからない意味不明なもの
    歌ですから、音の響きが大事です 響きを重視すると、自然に韻を踏んだり、ごろを合わせたりするようになります

  • 5:usernekopi cat17/12/31 14:53

    烏族Pさんによる「ニコニコ道具箱」の作詞法
    http://niconico-toolbox.blog.jp/archives/3530120.html
    ほかにも、作詞法とか作詞論で検索すると、親切な人たちがいろいろと書いてくれているので、参考になりますよ。
    ピアプロ内でも、コラボのスレッドなどで意見を述べている方たちがいらっしゃいます。

  • 6:user餠(※旧字体)18/01/06 20:10

    詞先と曲先、どちらがいいか問題について少し。
    曲先が良いというのは、プロの事情としてそうなっているってだけなのを何か勘違いしてる人が多い気がしますね。
    昨今、売るためには豪華な音作りが必須になってきたので、歌詞に合わせて作るのが難しくなって先に曲を作らざるをえない、みたいなことは各所で記事になってます。
    でも、そんなの素人にはいっさい関係ない話でしょ~と。両方やってみてやりやすい方で作ればいいと思いますわ。

    私なんかは圧倒的に詞先の方が作りやすい。後に型にはめることを考えつつも自由にやれるから。
    でも、曲先にも良さがあって、文字数に合わせて言葉を探していると、自分の普段の思考からはあまり出てこない語彙がひねり出されるんですね。自分で書いたものなのに新鮮な感じがする、みたいな。
    だから、他人の書いた曲で歌詞を募集してるとこには積極的に食いついていってますね、勉強のために。

    そんなわけで、最初はいろいろ手を出してみようよ、って話でした。

  • 7:usernekopi cat18/01/07 08:15

    餠さん
    自分、ピアプロ内では、圧倒的に詞先で曲をつけてるのが多いです。他人の歌詞に合わせようとすると、曲先では絶対に作らないようなメロディや変拍子ができて、おもしろいのです。

  • 8:user餠(※旧字体)18/01/07 09:43

    >nekopi catさん
    わかりますねー、他人の作品・感性に合わせるのっておもしろいですよね~
    いくつかコラボに参加してみて、こんなに楽しいものなのかと何度も思いましたわ。

    念のため。6に書いたのは個人宛ではなくピアプロを見ていての印象ってことなので、あしからず…
    へんに何かにとらわれている人が多い印象なんですよ、もっと自由でいいのに、っていう。

  • 9:userゼグァール(Zeguar)18/01/11 15:11

    烏賊Pのニコニコ道具箱、私も参考にしてます!
    ほったらかしで任せっきりなのはあれなので、私からも一つ。

    私は趣味で作ってるので、売れるとかはどちらでもいいんですが、
    こちらにロングセラーのコツとかが詰まっていると思います。

    作詞のコツと作詞方法
    http://www.potmanrecord.com/songwriter.html

    以下はどこかで見たことですが、
    共感を得るために、難しい言葉を使うより、簡単な誰でも知っているような言葉を使う。(わかりやすさ・覚えやすさ)
    これも大事な要素だと思います。万人受けではない、難しい言葉が悪いというわけではありません。
    あくまで一つの考え方なので、とらわれずに作りましょう。
    これが絶対!というものは芸術作品に存在しないのですから。

  • 10:userゼグァール(Zeguar)18/01/11 15:28

    私の作詞法を書いておきます。これが絶対ではないので、あくまで参考程度にどうぞ。
    アイディアをメモする。(思いついた単語や文をなんでも書いていく)
    思いついたアイディアを元に、イメージをふくらませる。
    文の修正などをし、まず詩ができます。
    ここから字数合わせや言い換え等をして、語数をあわせていきます。(ここはまだ私も勉強中)
    言い換え等はこちらが役立つと思います。

    ・連想類語辞典:日本語シソーラス
     http://renso-ruigo.com/

    これで「作詞」の完了です。

  • 11:user浅村友紀18/01/14 23:13

    アイデアの作り方について、僕からアドバイスをしていきたいと思います。

    アイデアは作ることもできます。ブレインストーミングという方法です。

    まず、テーマを一つ決めます。どのような詞を書きたいかで決めるといいと思います。

    次に、アイデアを書きます。ここで注意してほしいことがいくつかあります。

    ・便乗OK(発展させよう)
    ・書いたアイデアを消すのはダメ
    ・テーマから外れたものでも良い
    ・質より量

    約50個書くと、作詞のアイデアが出てきます。

  • 12:userゼグァール(Zeguar)18/01/29 01:48

    作詞について、制作の助けになるようなサイトをご紹介します。

    字数合わせや、いい言葉ないかななんて時によいと思いました。
    その言葉の意味についてもすぐ知ることができて便利だと思います。だじゃれ自動作成なんてものもあります。
    だじゃれ自動生成は、韻を踏むのにもいいかもしれません。

    ことばさあち
    http://cotoba.sijisuru.com/


    こちらはWEB作詞支援ツールです。韻を踏むのによい言葉を選んでくれます。

    作詞支援ツール/単語データベース(韻検索/母音検索/連想表示) 56万語を収録!!
    https://kujirahand.com/web-tools/Words.php

  • 13:userゼグァール(Zeguar)18/01/29 14:17

    作詞法は、ここがわかりやすいと思います。

    ≪作詞家としての作曲講座≫其の1-②:詞先制作でもキレイに歌詞を作るには?
    https://ameblo.jp/lyricist-h1r0i/entry-10728133459.html

    字数合わせは、『3 or 5 or 7 ± 1』

    ※こちらの方法が絶対というわけではありません。あくまで参考程度に。

  • 14:user餠(※旧字体)18/01/30 12:32

    掲示板で雑談するだけではアレなので、作品をひとつ投稿しておきました。
    存分にいじってやってくださいませ~

  • 15:userゼグァール(Zeguar)18/01/30 14:23

    餅さん、投稿ありがとうございます。

  • 16:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 15:03

    作詞について、すこしずつわかってきましたので、個人的な考えを書きます。

    「散文や詩の状態のものが、なぜ曲を作りにくいのか」についてです。


    はっきりといってしまえば、散文や詩の状態でも曲にできないことはないです。
    世の中にはそういった曲も、また、弾き語りなどのものもありますし。

    でも、それは「メロディを作る人の特権」です。
    作曲者側の視点で考えると、字数が合わない状態のものでは曲にしずらいのです。

    作曲では、ノリがよくなるように、似たようなフレーズをだいたい2回ほど繰り返すんですよ。
    (どういうことかわからない方は、こちらのページを見ていただければだいたいわかると思います。)
    https://riron.sitefactory.info/0409.html#a

    つまり、字数を合わせないと曲にしにくいですよ、ということです。
    ましてや「改変不可」な状態だとなおさらです。
    どれだけいい文でも、字数が大幅に合わないと、曲をつけるのは難易度が跳ね上がります。
    難易度が上がれば当然、目を向けてくれません。
    もしくは依頼しても、「自分でメロディ(またはリズム)だけでも作ってよ」といわれてしまうかもしれません。
    曲の一番だけ(short)とかならまだ大丈夫かもしれませんが、Fullだとまず厳しいです。
    仮にできたとしても、なんだか早口だったり歯抜けのような、聞いていて違和感のある曲になってしまいます。

    さて、少し厳しめなことを書きましたが、散文や詩の状態でも、
    「自分では作詞ができない」と諦める必要はありません。
    これから勉強していけばよいのですから。

    言い替えや字数を合わせて、ステキな「歌詞」にしてあげてください。

  • 17:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 15:15

    さて、上記のコメントを読んで、作詞なんてどうやればいいんだ!ってなると思います。
    まずは5・7・5(ごーしちご)で作ってみるといいかもしれません。
    いわゆる俳句と呼ばれるものですね。字足らず、字余りでも大丈夫です。
    とりあえずなんでもいいので5・7・5にしてみましょう。

    そうさくは どうしてこうも おもしろい byゼグァール

  • 18:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 19:39

    さて、俳句ができたら今度は替え歌をやってみましょう!
    コラボ内の作品で、改変ができるものであれば、替え歌が作れます。
    (コラボ外のものでも規約上大丈夫ですが、使うものはコラボ内のものにしておいてください。)
    できましたら創作ツリーの追加または関連作品に追加しておきましょう。

  • 19:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 19:40

    え、こんなので練習になるの?と思うかもしれませんが、十分練習になります!

  • 20:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 19:54

    歌詞の字数について考える。 ※あくまで個人の考えです。

    絶対に字数を合わせなければいけないか、というとそうでもないです。
    少ないぶんにはまだよいのですが、多すぎるとせっかくの音が台無しです。
    でもやっぱり、あまりにも合わないものもダメです。どういう基準でしょうか。

    基準は、「±1」です。俳句でも、字足らず・字余りなどといいますね。
    なぜ「±1」かといいますと、1字少ない場合は休符を入れたり伸ばしたりすることで当てはめられます。
    1字多い場合はどこかしらの音を縮めることで対処できます。
    歌詞は、曲になったときのイメージをしながら書きましょう。

    どうでしょうか?よろしければ、上記の点を参考にしてみてください。

  • 21:userゼグァール(Zeguar)18/02/13 17:53

    曲か歌詞、どちらが先かで字数合わせのやり方も変わってきます。

    ●曲先の場合
    曲が先で歌詞を付ける場合は、極力字数をあわせましょう。上記の「音数±1」が目安です。
    あまりに字数の合わないものは、作曲者のメロディを崩してしまうことになります。

    ●詞先の場合
    歌詞が先の場合は、字数がずれていても、改変可能であれば修正が可能です。
    また、大きくずれている場合でも作れないことはないです。
    作曲者の技量が問われるため、難易度はあがりますが。

  • 22:userゼグァール(Zeguar)18/02/13 17:57

    もちろん、詞先の場合でも字数が合っている方が作りやすいです。
    部分的にメロディを繰り返さない場所を作ることで、字数を気にせずやるということもできますが。

  • 23:userゼグァール(Zeguar)18/02/13 18:00

    まずは字数を合わせることから始めてみましょう。

    始めの内は、韻だとか○○法だとか気にしない方がいいです。
    そんなことを気にしだすと、そもそも書けなくなります。
    そういったことは、後々覚えましょう。

  • 24:userゼグァール(Zeguar)18/02/13 18:22

    「かえるのうた」で字数合わせについて見てみましょう。

    かえるの うたが
    きこえて くるよ

    クヮ クヮ クヮ クヮ
    ケケケケ ケケケケ(※)

    クヮクヮクヮ

    ※この部分は「ケロケロケロケロ」、「ゲゲゲゲゲゲゲゲ」、「ゲロゲロゲロゲロ」などとも歌われる。

    簡単にできてますけど、字数は合っています。
    最後のクヮクヮクヮだけ、繰り返さずそのままと言った具合です。

  • 25:user浅村友紀18/02/15 00:13

    自分の詞先での製作過程をここに書いておきます。書かれている時間は自分の場合であり、人によってかなり差があります。

    ①テーマを決める
    アイデアはメモしてません。書きたいなと思ったものをすぐに書いてます。ここまでで製作時間は最短で五分です。

    ②キーワードを決める
    テーマが決まったら、キーワードを決めます。キーワードは頻出単語になりやすいので、伝えたいことに関するキーワードを連想してください。この時、突拍子のないことを連想しても構いません。最短で五分かかります。

    ③一番を創る
    一番のみの歌詞を考えます。特に、制約がないので自由に書いていいです。
    しかし、平仮名換算で15文字以上はラップ以外控えておきましょう。曲を作る人も困りますし、歌う人の負担も大きくなります。最短で10分ぐらいでしょう。

    さて、次のスレッドでは二番以降の歌詞の作り方について説明します。

  • 26:user浅村友紀18/02/15 00:26

    スレッド番号25の続き

    ④二番以降を創る
    一番を元に二番を作ります。ここで文字数を合わせることが大切です。この作業が少しきついところでしょうが、安心してください。何回か創るうちにコツが見えてきました。最短で20分です。

    1.類語辞典で言葉を言い換える

    類語辞典は便利です。言いたいことの言い換え方が分かりますし、勉強にもなります。概略も増えます。最も、効果的であると言える理由は作詞が捗るからです。

    2.一番の構成を考える。
    例えば以下の歌詞があるとします。

    世界は廻る

    普通7文字で考えますよね。しかし、こう考えると気が楽になります。

    4文字+3文字

    こうすると二番の歌詞は

    完璧じゃない

    と言う歌詞を作ることになります。

    3.分けてもダメなら開き直る
    4文字+3文字でお手上げなら、7文字で書きましょう

    危険物のよう

    こんな感じで書くと解決します。

    4.ラスサビは流用しよう
    これに限らず、流用した方がイメージを焼き付けやすいときは流用しましょう。

    一番の歌詞をラスサビとしてそのまま使ったり、Aメロの歌詞の一部を残して、他を作り変えることで負担は減ります。

    おまけ
    外国語を使う時は辞典を使うことをお勧めします。スペルミスや誤用を防ぎやすくなります。

    ⑤タイトルを決める
    最後はタイトルを決めます。タイトルは詞全体を見て決める方法とキーワードを用いて決める方法があります。どちらも言いたいことを簡潔にまとめたものがベストかと思います。

  • 27:user浅村友紀18/02/15 00:33

    次回予告

    今後、書いていこうと思うこと
    ①アイデアについて
    ②表現技法
    ③韻とは(基礎のみ)

    この三つを自分なりに書こうと思います。特に上二つは少し深く掘り下げましょう。

  • 28:userゼグァール(Zeguar)18/02/15 00:37

    有紀さん、ご説明ありがとうございます!
    次回も楽しみにお待ちしています。

  • 29:userゼグァール(Zeguar)18/02/16 15:25

    こんなサイトがあったのでご紹介。

    歌詞に道筋をつけよう。構成を決めることの必要性について
    http://dn-voice.info/lyrics-theory/04-constitution/

    曲先は音数(字数)という制限があるので歌詞が作りやすいです。
    詞先で曲を作っていく場合は、そういった制限がないので、ユニークな構成になることもあります。

    個人的に、始めは曲先か、替え歌で練習するのをオススメします。
    短めの曲も作っていくと思いますので、練習に使ってください。

▲TOP