えんどーまめ子さん作品一覧

旧HN 地孤、円藤ミコト

めーちゃん!めーちゃん!
毎日めーちゃんの曲リピートでDIVAもめーちゃんでしかしてないけどぜんぜん中毒じゃないよね。


メインは歌詞です。
音楽センスのないわたくしめの、哀れな詩たちが並ぶと思われます。
詩のストックはふんだんにあるので、鬱陶しくならない程度に更新します。

歌詞のつもりなのに作曲が出来ないので随時曲を募集しております。
お気軽にどうぞ……!!



歌詞の元になる詩とか童話とか、むしろ歌詞がそのまま載ってたりする私のサイト。

http://id25.fm-p.jp/13/nornir/
(HN 円藤ミコト)※閉鎖予定

オリジナルなのでボカロとか皆無です。
私の詩に興味を持ってくださるような、そんな奇特なお方がいらしたらおこしください。


ライセンス表記について
旧HN 地狐(ちこ)、円藤ミコト、円藤、ミコト
新HN えんどーまめ子、えんどー、まめ子
どれでも結構です。

ややこしくてすみません。
 

もっと見る

    作品にコメントして えんどーまめ子さんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    グリム童話集より「ねずの木のはなし」

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    ぼくのかあさんが ぼくを ころし
    ぼくのとうさんが ぼくを たべた


    ある日かあさんが
    ぼくを呼んで
    ぼくの首を おとしてしまい
    ぼくの いもうとに 罪をきせて
    ぼくのにくを きり刻んで
    ぼくで スープを 作りました

    いもうとはスープに涙をおとし
    かあさんはスープをお皿にいれて
    とうさんはスープをぜんぶ食べました
    ぼくのいもうとはずっと泣いて
    ごはんが終わるとそとにでて
    ぼくのちいさな骨たちを
    ちいさな絹にやさしくつつみ
    ねずの木のねもとにおきました


    ぼくのかあさんが ぼくを ころし
    ぼくのとうさんが ぼくを たべた
    ぼくのいもうとは ぼくの ほねを
    ねずの木のねもとに おきました

    キウィト キウィト
    キウィト キウィト

    ぼくはなんてきれいな鳥

    キウィト キウィト
    キウィト キウィト

    ぼくはなんてきれいな鳥
     

    グリム集第1弾。
    よりによってこんなものからの始まりです。
    そしてまともにあげられそうなグリム集は残り一つ。
    ちなみに「唄う骨」。
    兄に殺された弟の唄です。(‥)

    これは殺された「ぼく」が鳥にうまれかわり唄った歌で、
    原作では唄いながら自分を殺した母親への復讐が始まります。
    しかし鳥はここまでしか歌わないと思ったので、あえて悲しい感じに終わらせてみました。

    ご要望があれば復讐版も書こうかな、なんて。
    とうさんがえらいことしてますが、もう救いようがないですね!


    そんな第二弾を作ってみました。
    「ぼく」の本当のお母さんのお話。

    http://piapro.jp/a/content/?id=462hukttzk02yvrt
     

    ライセンス:

    投稿日時:2008/04/08 21:49:30

    閲覧数:304

    カテゴリ:歌詞[編集]

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
    ブクマ
        ▲TOP