悲しみを食んで生きていく 歌詞 > 作品つながり

悲しみを食んで生きていく 歌詞

お医者様の話によれば僕は心の病気で
治療には休息と多額の金が 必要らしい
笑わせるよな 頑張ったことなんて無いのに

不可能が可能にならないことはとても良く知っていて
近づけば遠ざかる そんな物だと諦めていた
生きていくこと 辞める勇気すらも持てずに

叶わぬ夢を踏み潰して嗤う世界で 
枯れ行くまでに 咲き誇りたい
それだけの切なる願い

悲しみを食んで生きていく僕ら
死ぬことばかりが救いじゃないよと
教えてくれたのは あなたじゃないか
なあ そんな悲しそうな顔するなよ

悲しみを食んで生きていく僕ら
作り物だけが美しいこの世界で
一人で生きること そんな無茶なことを
飲み込んだあなたは どうしようもない人だ


子供の頃描いた物語は思い出せなくて
昨日怒られた人の顔だけがこびりついてる
いっそこのまま 狂ってしまえたらいいのに

苦しみさえも売り物になるこの世界で
「あと少しだ」 「まだやれるさ」 「頑張れよ」
そんな言葉いらない

悲しみを食んで生きていく僕ら
自分が嫌いと言うあなたのこと
好きな僕のことを愛してくれないか
もう 夜が開けて朝になるだろう

悲しみを食んで生きていく僕ら
人の不幸だけが心地良いこの世界で
生まれた意味なんて 生きる理由なんて
探してるあなたは どうしようもない人だ


僕は歌うたいだから
あなたが死んだその理由(わけ)も
僕が生きるこの理由(わけ)も
全部歌にして生きるよ

僕は歌うたいだから

かなはみの歌詞です。

投稿日時 : 2017/05/11 15:45    投稿者 :綾間テルヨシ

▲TOP