余命数十年(歌詞) > 作品つながり

余命数十年(歌詞)

けだるい朝からおはようさん
やたらに晴れてうざったいね
お日さまちょっと影に入っといて
眩しくて目も開けらんねえべ
見たくもない考えたくない
人間辞めて苔にでもなっちゃって

あの頃良かったあの頃は
美化されすぎて狂っちゃって
本当の事だか作ったもんか
わかんちゃっちゃらってパープーペー
思い出そうにも朝っぱら
脳ミソ回ってねえ

ゆっくりとゆっくりと
自殺繰り返して大往生
何枚舌でも噛み切って
明日の晩には生えちゃって
じっくりとじっくりと
痛めて腐らせた回鍋肉
出来栄え残念賞でも頂いて
ほら舌なら噛み切った

生き延びれるまで生き延びて
幸か不幸かは置いといて
楽しめるうちに楽しめたのなら
花丸大バーゲン
祭りもとうに終わっちゃって
それなり余生笑えてんぜ
大甘査定で見積もったとこで
余命は数十年 数十年

ハッピーバースデー
祝ってやれ ご馳走たんまりだ
えーえ ご機嫌だね
くたびれ丸儲け
ろうそく吹き消した
音無く消えてった
終わってねえけど
終わってるような虚しさばっかっか

ゆっくりとゆっくりと
オーラス土壇場でイーシャンテン
何枚目だかのドラ切って
安めで良いなら鳴いちゃって
じっくりとじっくりと
育ててフリテンの大チョンボ
笑って済まされるのなら笑っとけ
ほら連荘急げ

生き延びれるまで生き延びて
幸か不幸かは置いといて
楽しめるうちに楽しめたのなら
花丸大バーゲン
祭りもとうに終わっちゃって
それなり余生笑えてんぜ
大甘査定で見積もったとこで
余命は数十年

生き延びれるまで生き延びて
泣きたいときには泣いといて
ふらっとそのうち笑える日が来りゃ
花丸大バーゲン
祭りもとうに終わっちゃって
でも線香花火余ってんぜ
ほら火を灯せよ か弱い光で
余命は数十年 数十年

投稿日時 : 2016/08/25 15:03    投稿者 :梨本うい

▲TOP