栞那さん作品一覧

5年前の作品を手直しなしで投稿したりなど。

初めての人ははじめまして。いつもの人はいつもにまして、こんばんわ。
ネットの隅っこで作詞家、兼、見習い絵師を営んでおります、栞那(Shiory)と申します。

【イラスト】
自ブログとpixivで活動をしていたんですが、ボカロ関連の絵が増えてきたのでこちらにも投稿しようと思った次第です。
使ってくださる方(居るかはわかりませんが)は、事後報告でも良いのでご連絡をいただければと思います。

【テキスト】
5年前の栞那が書いた詞と、今の栞那が書いた詞が入り混じっております←
もし、詞を気に入っていただけて、「うちのボカロに歌わせたい!」「曲をつけたい!」という方がいらっしゃれば、是非ご連絡を!
曲にあわせた文字数調整も承っております。
また、「この曲に歌詞をつけてほしい」というものがあれば、私でよければ作詞やります。お気軽にお申し付けくださいませ。

======

blog
http://endoffairyland.kakurezato.com

twitter
http://twitter.com/shiorinoji0309

もっと見る

    栞那さんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    【曲募集】ヒマワリと花火

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    焦げそうな陽ざしに文句言いながら、待ち合わせのいつもの駅
    先に立っていた浴衣姿の君が、ホント綺麗で。

    君の方見ることができない、素直になれない僕もいつか

    強く光る太陽に向き合うヒマワリみたいにね
    君に想い、まっすぐ伝えられたならいいのになぁ

    一緒にいた友達が気を効かせて、二人きりの花火大会
    思い伝えると意気込んでた、昨日の僕はどこに居る?

    続いてくなんでもない話。ホントの想いは言い出せずに……

    暗い空に光る あの花火のように大声で
    君の目見て、はっきり伝えられたならいいのになぁ

    ラムネ片手に そろそろ花火が始まる時間
    ずっと伝えたかったんだ
    大好きなんだ
    君を呼び止めて
    深呼吸して
    一番大事なところで

    花火が……

    思わず二人、見つめあったまま吹き出した
    真っ赤な僕に意地悪な 笑顔で、「もう一度」なんて言うんだ
    空に輝く、あの花火のように、大声で
    君と向き合って、思い伝えよう今、ヒマワリのように

    応募用に書いたものを、手直しして曲募集詞にしました。

    好きな子含めた、仲のいいグループで花火大会に来た少年。
    今日こそ思いを伝えるぞと意気込んでいたら、不意打ちの浴衣姿に鼻血。さぁ頑張れ男の子!


    ああもうなんで高校生の恋愛って甘酸っぱいんだろうね_ノ乙(_ン、)_ちょっと花火と一緒に打ち上げてくれ←

    ※曲をつけてくれる人を募集しています。
    ※システムの都合上、マイワイフこと『初音ミク』タグを付けていますが、どのボカロに歌わせていただいても至極光栄にございます(*・ω・)


    ライセンス:

    投稿日時:2010/10/30 00:51:30

    閲覧数:83

    カテゴリ:歌詞[編集]

    この作品URLを含むツイート1

    ブクマ
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      関連する作品をつなげよう
        ▲TOP