穂末(水鏡P)さん

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

投稿作品

Classic
Modern
  • 【小説】wo R ld's end 12 閲覧数:322
    2010/08/26
    23:04

    「どうしよう……」
     体温計が示した値に、あたしは途方に暮れた。
     レンが倒れるのなんて、少し前まではよくあることだった。自分が芸能界に入ったきっかけも、レンの代役だった。

  • 【小説】wor L d's end 11 閲覧数:245
    2010/06/16
    21:27

    「わぁっ!」
     書斎の方から声がして、僕は扉を開けて中を覗いた。
    「……何やってるの?」

  • 【小説】wo R ld's end 10 閲覧数:234
    2010/05/14
    22:40

    「はい、OK!」
     あたしは、レンとルカ姉の撮影を見ながら、腕時計を確認した。早く終わればいいのに、と心の中で繰り返す。
     問題のシーンの撮影はどうしても見たくなくて、カイト兄に泣きついた。カイト兄がレンとルカ姉のマネージャーを数日間引き受けてくれて、あたしはその間ずっとミク姉のサポートをしていた。不機嫌なあたしと一緒にいる破目になったミク姉は、呆れた顔で言った。

  • 【小説】wor L d's end 09 閲覧数:271
    2010/03/24
    17:50

    「ほら」
     ミク姉に促されて、少女は僕の家に入ってきた。
     ばつが悪そうにそっぽを向いている様子は、まるで子供のようだ。実際、まだ大した年齢ではないけれど。

  • 【小説】wo R ld's end 08 閲覧数:371
    2010/03/07
    15:17

     季節はもう移ろい、映画の撮影も始まっていた。
     主題歌と劇中歌を、来年の映画公開に合わせて発売することになっている。
     曲も歌詞も出来ていたけれど、まだ収録はしていない。

  • 【小説】wor L d's end 07 閲覧数:225
    2010/03/05
    15:27

    「大丈夫、大丈夫」
     何度も何度も、ただ無意味に繰り返される言葉。
     ミク姉に抱きしめられた少女は、真っ青な顔をして震えていた。その理由すら、僕には分からない。しかし、少女がひどく怯えていて、ミク姉の声すら耳に入っていないことは分かった。

  • 【小説】wo R ld's end 06 閲覧数:214
    2010/03/01
    18:19

     家に帰ると、他のメンバーの姿はなかった。
     レンの靴はあったから、もう帰っているはずなのに。
     ダイニングテーブルの上に、台本が置かれていた。あたしが、レンと一緒に主演の予定だった映画。

  • 【小説】wor L d's end 05 閲覧数:194
    2010/02/28
    17:11

     杖を地に突き立て、前もって村の周辺に描いておいた陣を浮かび上がらせる。
     魔法とは、呪文と陣、すなわち言葉と図形を組み合わせて起こす奇跡のことである。
     そう言うと難しそうに聞こえるが、なんていうことはない、ただ単に「自分が考えていることを言葉と図形で表現して、それを相手の思考に刻みつけてしまう」ということだ。

  • 【小説】wo R ld's end 04 閲覧数:207
    2010/02/26
    22:59

     テレビに映し出された偶像。あたしのことだ。
     ファンに崇め奉られて、歌の実力も磨き上げた容姿も置き去りに、知名度だけが先走る。
     きっと、この国のどこかで、あたしの映像を見ながら、馬鹿らしい、と吐き捨てている人がたくさんいる。

  • 【小説】wor L d's end 03 閲覧数:209
    2010/02/24
    10:18

    「なるほどねー……」
     何故だか少女は、メイコ姉に対してはそれなりに素直だった。不機嫌な顔をしているが、質問にはそれなりに答えている。
     名前は……まだ答えてくれない。年齢は僕と同じ十四歳。適性は剣士だけれど、武器は持っていない。武器どころか、回復用のアイテムも盾も鎧も何もないらしい。

  • 【小説】wo R ld's end 02 閲覧数:256
    2010/02/23
    13:53

    「あぁもう! なんであたしが仕事ある日に限ってホームルーム長引かせんのよあの担任はっ!」
     あたしは必死で走っていた。校門までの距離をこんなに長く感じたことはない。――そこ、マラソン大会のときの方が長く感じただろうとか突っ込まないでよ。
    「リンちゃーん!」

  • 【小説】wor L d's end 01 閲覧数:276
    2010/02/22
    21:13

     ここで暮らし始めて、どのくらいの時間が経ったのだろう。僕はいつから存在しているのだろう。
     そんなこと考えたこともなかったし、君と出逢わなければこれから先も疑いなどしなかっただろう。
     世界はここにあり、僕はここにいる。そう、信じて疑わなかった。他の世界なんてどうでもいいと思っていた。

  • (non title) 閲覧数:121
    2010/02/20
    13:23

    貴方の空の下(もと)生きていく夢を見ていた

    姉とふたり過ごす日々 満ち足りていたはずだった ……貴方と出逢うまでは

  • 【小説?】CR学園歌唱同好会 閲覧数:158
    2010/02/19
    20:45

    「さぁて、始めるよ!」
     中等部の吹奏楽部も、高等部の管弦楽部も、中高合同の合唱部も、大所帯でバリバリ活動している。そんな中で、何故に「歌唱同好会」などというこじんまりとした集団が、四畳ほどの部室で活動しているのか。
     それは、この同好会の目的が、「歌手としてのデビュー」という大それたものだからである。

  • 【中世風小説】Papillon 終 閲覧数:259
    2010/02/13
    13:48

    「ミク、ルカ!」
     靴の音を高く響かせて、部屋の中へ入る。
    「カイトはどこにいます?」

  • 【中世風小説】Papillon 13 閲覧数:179
    2010/02/12
    15:32

     ねぇ。君が悲しんでくれるなら、俺は死んだっていいと思っていたよ。
     そんな勇気なかったけれど、でも、君の涙は俺の悲しみで、幸せだった。
     君がいない場所で、君に知られずに死んでいくのが怖かった。それだけは耐えられないと思った。

  • 【中世風小説】Papillon 12 閲覧数:220
    2010/02/11
    15:42

    「何してるの!」
     声が響いたかと思ったら、後ろから思い切り腕をひねりあげられて、俺は剣を落とした。
     後ろを見ると、目を真っ赤にはらしたミク姉が、驚いたような顔をしている。

  • 【中世風小説】Papillon 11 閲覧数:187
    2010/02/10
    15:23

    流血はありませんが、人が死にますので、苦手な方はご注意ください。
    -----
    「せめてもう少しだけ、ここがあんたたちにとって温かな場所であり続けられれば……」

  • 【中世風小説】Papillon 10 閲覧数:250
    2010/02/08
    19:29

     無言で差し出された剣。カイトは俺をまっすぐに見て、いつもの穏やかな表情すら浮かべず、剣を持つように促した。
    「ちょっと、カイト!」
     ミク姉が走ってきて、カイトを止めようとする。だが、カイトはそれすら無視して、ただ俺を見ていた。

  • 【中世風小説】Papillon 9 閲覧数:209
    2010/02/06
    14:34

    「一緒に、逃げよう」
     ……その言葉の意味が、俺には分からなかった。
     いや、本当は、分からないはずがなかった。

  • 【中世風小説】Papillon 8 閲覧数:210
    2010/02/05
    16:13

     君となら、どんな世界でも、生きていける気がしたよ。君と二人で生きていくために、いつかこの場所を離れるときのために……。
     ねぇ、僕を笑ってくれないか。そんな日は、最初から来るはずもなかったんだって……今の今まで気付かなかった、僕のことを。
    -----

  • 【中世風小説】Papillon 7 閲覧数:223
    2010/01/31
    20:58

    「リン?」
     名前を呼ばれて、あたしはびくりと肩を震わせた。
    「起こしちゃった?」

  • 【中世風小説】Papillon 6 閲覧数:219
    2010/01/30
    16:47

    「っと、わぁっ!」
     朦朧とした意識の中で、ミク姉の声をきいた。その直後に、盛大に転んだと思われる音と、何かが転がり落ちる音。
     リンもミク姉も、何もない道で転べるような人だけれど、今回は何か持っていたのだろうか。

  • 【中世風小説】Papillon 5 閲覧数:229
    2010/01/28
    15:23

    「リン! リン!」
     身体を強くゆすられて、初めて誰かがそこにいることを知る。焦点の合わない瞳で、翠を見つけた。
    「ミク、姉……?」

  • 【中世風小説】Papillon 4 閲覧数:245
    2010/01/27
    17:06

    流血表現があります。苦手な方は読むのをおやめください。
    -----
     失うことに、慣れる日なんて来るのだろうか。君を失ってもいいと思える日なんて、来るのだろうか。もし君を失いたくないと願い続けたら、失わずにいられるのだろうか。そんな自分勝手を、世界は許してくれるのだろうか。君は、許してくれるのだろうか。

  • 【中世風小説】Papillon 3 閲覧数:330
    2010/01/25
    20:47

    「わぁ、可愛いーっ! ほら、見て!」
     並べられた商品を見てははしゃぐあたしに、げんなりとしてついてくるレン。
     高熱にうなされているレンに無理やり、街へ出かける約束をさせて、今日ようやくのデートとなった。少し離れた場所を、何食わぬ顔してカイトが歩いている。一応、用心棒だ。

  • 【中世風小説】Papillon 2 閲覧数:264
    2010/01/23
    00:29

     君だけを見ていた、とか、君だけを守りたい、とか。
     もうそんな、白々しい言葉しか思い浮かばない。それを証明するものなんて、もうどこにもない。
     夢の中で、ただ君の姿を探していた。夢の中でくらいは、君の笑顔に会いたかった。

  • 【中世風小説】Papillon 1 閲覧数:645
    2010/01/21
    13:02

     あなたはもう、忘れてしまったでしょうか。二人でなら、何もこわくなかった頃のことを――。
    -----
    「ルカ姉! メイコ姉!」

  • 【小説】サーチライト 終 閲覧数:149
    2010/01/19
    13:43

    「ねぇカイト、姫様知らない?」
     二日酔いを理由に朝っぱらからまた飲んでいたはずのメイコが、ふらりとカイトの元に顔を出す。
    「は? 何言ってるんだよ、ミクなら……」

  • 【小説】サーチライト 11 閲覧数:89
    2010/01/18
    19:50

     気がつけば、誰かの腕の中にいた。朦朧とする意識の中、最初に見えたのは、金色の髪と白い肌。
    「リン……?」
     また彼女に助けられたのだろうか。ぼんやりと、歌うことも忘れてその顔を見ていると、金髪の少女は、そっとミクの頬に口づけを落とした。

  • 【小説】サーチライト 10 閲覧数:77
    2010/01/18
    19:44

     役人たちが圧倒的に不利な状況になったわけではない。しかし、最初の炎が歌に消され、一度彼らは切り上げた。
    「またすぐに来るだろうな」
     ルカは、そう言いながら、物見台の上で見張りをしている。

  • 【小説】サーチライト 9 閲覧数:79
    2010/01/17
    16:43

    「うっわぁ、すごーい」
     リンは素直に感心した。
     感心すべきところではないのかもしれないが、あまりの金額に、そうとしか言えなかった。ミクの首にかけられた額。首、とはいっても、条件は生け捕り。よくも悪くもこの美貌なのだ。元ご主人様は、相当執着しているらしい。

  • 【小説】サーチライト 8 閲覧数:78
    2010/01/17
    14:38

     いじけた様子で草をいじるミクと、そのそばで彼女を守るように立つリン。
    「つまんないなー。街に来たんだから色々見たいなー」
     先ほどまでと様子が違いすぎるミクに苦笑し、リンも同調する。

  • 【小説】サーチライト 7 閲覧数:68
    2010/01/16
    22:38

    「わぁ……すごい」
     フードを深くかぶったまま、ミクは感心する。街と呼ばれるような場所に訪れたのは、久々だ。その活気に、人の気配に、圧倒される。
    「すごいすごい!」

  • 【小説】サーチライト 6 閲覧数:90
    2010/01/15
    16:08

    「つまり、こういうことですか。ミクさんとルカさんは、レン――あ、呼び捨てでいいですよね、を探している、と。そんでもって、彼の居場所はもちろん、現在の実年齢も外見年齢もよく分からなくって、唯一の情報はあたしの顔なわけですね」
     リンの顔が情報、というのはよく分からないが、まぁリンによく似た顔、という意味だろう。
     リンに簡潔に整理された情報は、ミクにとって絶望的なものだった。そうか、整理してしまうと、顔というか、面影しか情報がないのか。

▲TOP