投稿作品

Classic
Modern
  • Supernova 閲覧数:26
    2018/04/26
    16:31

    闇の中に明かりを探して心の奥に手を伸ばしてみた
    空を切って手応えはないままで まだ探り中
    暗い部屋で一人きりの旅 夢の中なら何処までも行ける

  • あの日見た空 閲覧数:12
    2018/04/23
    15:26

    決別の歌 響く夜空 旅の行方 目的地に宛はない
    随分と軽くなった荷物 動きやすいけど不安がずっと拭えない
    これで良かったのかな 何度も自問自答

  • 春風は未来へ行く 閲覧数:24
    2018/04/12
    10:10

    いつもよりほんのちょっと暖かい日
    長い冬の終わりに風は通り過ぎ
    どうにか乗り越えられたな 色々あったけど

  • 言葉のない歌 ~ありふれた日のありふれた話~ 閲覧数:23
    2018/04/04
    18:31

    ありふれた日のありふれた話
    と或る一室 私は寝てる
    眠気はどうにも抜けきらないけど

  • 青空 閲覧数:31
    2018/03/24
    02:22

    おはようございます 久しぶり 何してましたか?
    元気でいられましたか? 少しだけ不安でした
    その笑顔の裏の表情は?

  • ミライヘ 閲覧数:20
    2018/03/20
    09:27

    気付けばこんな遠い場所まで辿り着いたものだ
    ああ、決して楽しいことばかりじゃなかった 傷が疼く
    輝く未来は幻想

  • not alone but 39 閲覧数:28
    2018/03/09
    22:45

    ねえ やっと分かったんだ 気付いたんだ
    随分長いこと待たせちゃってごめんね
    何もない場所を彷徨って 砂嵐に巻かれていたの

  • 闇の世界の住民 閲覧数:23
    2018/03/05
    08:37

    闇の世界の住民は光の色を知らなくて
    見たことない景色なんて思い描きようがなかった
    常闇の歌が聴こえるかい? 君には分からないだろうな

  • ヒビキ 閲覧数:34
    2018/02/14
    09:09

    絶望的世界に産み落とされた
    僕は未だに生きる意味を見出せず
    君と出会ってやっと束の間の安心

  • ヒト 閲覧数:38
    2018/01/22
    10:33

    ヒトらしくいきたくて がんばってみた
    いろんなヒトとあって じょうずにふるまって
    ねえやっぱ やっぱ やっぱむりだった

  • きみといっしょ 閲覧数:35
    2017/12/30
    03:49

    ずっと前から言いたかったけど上手く言葉を紡げなくって
    先延ばししたこの気持ちを今日こそはと息巻いている
    君のお陰でやってこれたよ 君のお陰で笑えているよ

  • 閲覧数:69
    2017/12/14
    01:13

    幼い頃夢見た光輝く大きな人
    いつか自分もそうなるって疑いもせず信じていたんだ
    ところが現実は甘くないって思い知り

  • レスト 閲覧数:38
    2017/12/09
    13:29

    まるで楽園のような場所に偶然辿り着くことが出来た
    全部上手いこと回る歯車 擦り切れを見ないようにしてたんだ
    ずっと一緒にはいられない 平和はいつか終わってしまう

  • 観測士の歌 閲覧数:13
    2017/12/02
    09:11

    何もない荒野を彷徨っている 太陽はもう沈んで闇は深く
    寒さは段々と厳しくなって 足の痛みも気になりだした
    目的地の目印は見えず 旅の終わりの見通しも立たないな

  • Birthday Song 閲覧数:15
    2017/11/07
    07:38

    自分一人の空間で自分に歌ったバースデイソング
    どうして祝いの歌なのに自分で歌っているんだろう
    僕のことちゃんと知らないのに僕のことを語らないで

  • 漆黒の夢 閲覧数:24
    2017/11/07
    07:32

    もう永いこと待ち続けてきた あなたを
    この世界なら崩れる運命で 抗えず
    遠く掠れるオレンジ もう二度と逢うことはない

  • 君の旅に祈りの歌を 閲覧数:46
    2017/10/14
    10:27

    君の旅に祈りの歌を捧ぐ
    よくこんなところまで辿り着けたね
    僕は丁度休んでいたところだよ

  • 何もいらないよ 閲覧数:9
    2017/10/08
    19:51

    嫌な人とまた一人知り合った
    感情が薄れて冷めてどうでもいい
    裏が見え見えの善意に愛想尽きた

  • シーサイド 閲覧数:33
    2017/09/18
    05:06

    海の見える街で二人 そんな夢をずっと見ていた
    遠回りを続けてきたけど叶うのなら無駄じゃなかったな
    青い空も白い雲も君の髪を揺らす風も

  • スペースシャトル 閲覧数:24
    2017/08/27
    09:48

    君と僕の遠い距離はこの星とあの星程じゃないけど果てしない
    どうにか君に会おうとして君の場所へ向かったけれど
    まるで彗星が尾を引いて太陽の軌道に乗り

  • 藍に染まった空を夢見て 閲覧数:20
    2017/08/04
    01:59

    藍に染まった空を夢見て
    まだ届かない

  • 道化師の本音 閲覧数:28
    2017/07/14
    05:39

    夕焼けに染まる街の外れ 影法師二つ
    掻き消した筈がもう何度も夢に見た景色
    『誰も僕を愛してくれない』と叫んだ僕はただ疎外感に浸りたいだけ

  • 日蝕気味 閲覧数:15
    2017/07/03
    18:03

    日蝕気味
    世界を変えるメロディーを今折角上手く紡いだ筈が
    音が少しも合わさらなくて そうして全てが台無し

  • Symbol Tower 閲覧数:34
    2017/06/13
    02:20

    一人旅立った君の無事を願った夜明け
    朝は誰にだって等しく訪れるよ 君にだって
    だから暗闇に怯えないで

  • 君に会いたい 閲覧数:56
    2017/05/28
    23:05

    例えば荒野を一人歩くのはちょっと寂しい
    けれども君が隣に居てくれたら不安も消える
    一人で生きていかないといけないと思っていたよ

  • 青の記憶 閲覧数:24
    2017/05/07
    18:54

    君がくれた言葉 今も胸に響く 忘れない
    隣に居た記憶 時と共に薄れ 見えない影
    空はあの日と同じ色で在り続くだろう

  • I 閲覧数:16
    2017/05/07
    18:52

    鮮やか景色 上手い具合に色が混じったその中に
    僕はね いないの 例えばもし入ったら濁って
    冷酷人類 でも本当は僕のフィルターが極端で

  • 夜明けと始まり 閲覧数:30
    2017/04/16
    22:55

    藍色予感の空 永い闇夜の果て
    窓の外からの風 涼しくて心地良い
    暗い部屋の静寂 あの日言われた言葉

  • Lyrical Void 閲覧数:52
    2017/04/04
    19:04

    遠い夏の日 全てが敵に見えていた妄想
    本当に皆敵に見立てて逃げてたら 独りきり世界
    僕の喜び怒り哀しみ楽しみな感情

  • 車中 閲覧数:25
    2017/04/04
    19:02

    雨降り日和 まだ寒い四月
    君のいる場所 向かう電車の景色
    知らない町へ一人で旅立つ

  • Eschatology 閲覧数:30
    2017/03/30
    12:36

    明日世界が滅ぶとしたら 僕は君に会いに行きたいな
    そんなありふれた気持ちでも 大事にしなくちゃな
    明日世界が滅ぶとしたら 全て意味が無くなるのなら

  • Fragile Rock 閲覧数:15
    2017/03/18
    10:25

    薄暗い部屋で一人 "生きてる意味は何だろう"
    やりたいことは特にない 僕は何も持ってない
    "何もしない"をしてる日々

  • オレンジに祈りを 閲覧数:15
    2017/03/07
    00:17

    遠い町でずっと一人きり 当てもなく空っぽで過ごしている
    思い返すのは君のこと 今は幸せに暮らしてますか?
    世界を見下ろせる丘にて君に教わった色を見つけたよ

  • オレンジの夢 閲覧数:34
    2017/02/25
    20:55

    君に逢えたら伝えたかった
    生きてく希望を抱ける言葉
    夢の中なら何度も言えた

  • 人間になりたい 閲覧数:22
    2017/02/06
    12:26

    ハッピーバースデイ また迎えてしまったな
    最低な自分を未だに殺せない
    最初から分かってた 生きる価値がないこと もっと早く呼吸を止めておけばよかった

▲TOP