タグ一覧 > タグ『叙情詩』の作品

  • オレンジフラッシュ 66さん 閲覧数:81
    2013/05/10
    23:30


    こんにちは
    天国を肯定したあなたの全てを

  • 秘密基地ラメント 66さん 閲覧数:61
    2013/05/10
    21:42


    君が眠る前に教えてくれた
    大長編の作り話たちを

  • ペドーシスト 66さん 閲覧数:255
    2013/05/10
    19:00


    君は一定じゃない足跡で
    「歩いてきた」と胸を張る

  • 千年玩具箱 66さん 閲覧数:60
    2013/05/11
    08:32


    まるで嘘泣きみたいに眩んだ
    あの幸せな夏の記憶に

  • ミルクティバブル 66さん 閲覧数:56
    2013/03/14
    19:44

    『親愛なるあなたへ。
    いつもふたりで飲んでいた、お気に入りのミルクティが冷めてしまう前に、この手紙を書こうと思います。
    凄く今更なのですが、あなたとふたりで選んだ曲のアラームで目覚める、お揃いの朝が好きでした。

  • ラストサイレン 66さん 閲覧数:72
    2013/03/14
    19:42

    笑顔と嘘を同時に吐いたら
    幸せなんだと錯覚出来た
    飴玉だけは腐らせないように

  • さかさませかい Brownjackさん 閲覧数:152
    2013/01/08
    01:08

    藍色反せば銀色
    ならばそれでいいでしょ
    あまのじゃく 脳内ゆらら

  • ぼくのクマへ・曲募集 洗米さん 閲覧数:57
    2011/01/10
    18:27

    金色の空を眺めたきみを
    置いてけぼりにしています
    林の茂る丘を越えて

  • 道化師 yumebiさん 閲覧数:71
    2009/12/06
    11:10

    私は踊り続ける
    この私の舞台で
    私が眠る時まで

  • 浪漫人-気を休める人達- yumebiさん 閲覧数:50
    2009/12/06
    11:03

      時を司る者は時の流れを過ぎゆく様を見つめるのが幸せなのだろうか
      時に流されたり、流れに乗ってみたり、逆らったり・・・
      人はいろいろ企てるけれども貴方はその行動をどう捉えますか?

  • 惡夢の書物 yumebiさん 閲覧数:33
    2009/12/06
    10:57

      僕は夢を歩き 言葉のない街中をさまよう
      序章(prologue)を飾るにはコレしかない
      Ah 全ての始まりは闇から

  • 浴びるべき瞬間 yumebiさん 閲覧数:39
    2009/12/05
    03:25

      悲しみが降り積もっている
      そんな時間が君にあるのなら
      そっと宇宙を眺めてみるがいい

  • 誘拐 yumebiさん 閲覧数:43
    2009/12/05
    03:22

      こんな24日がくるなんて思ってもいなかったさ
      こんな空気のような存在になってしまった俺
      透明になった今、色彩をつけるのさ

  • 夢を観たよ・・・ yumebiさん 閲覧数:47
    2009/12/03
    04:20

      安らかな時の流れが私を招いて
      光の王国へ足を踏み入れる
      導くその景色に

  • 片隅の腕時計 yumebiさん 閲覧数:52
    2009/12/02
    12:50

    それはそれは、贈り物だった・・・
    いろいろな腕時計
    電池が切れて止まっているけど

  • 妖光夢日 yumebiさん 閲覧数:37
    2009/12/02
    11:42

    大気の神秘が部屋へと赴き 手探りで君をつかもうとする
    白めいてくその沈黙が僕の心をすり抜ける
    夢中になりすぎ今までの自分を失くしてしまう妖光夢日

  • 安らぎの時代 yumebiさん 閲覧数:42
    2009/12/02
    11:37

      闇が深まる頃 なつかしいあの丘へ
      見渡せば 靜動の景色
      するどい風が私をかすりゆく

  • Xmasが始まるよ yumebiさん 閲覧数:40
    2009/11/18
    10:23

      暗闇の中 そっと佇む
      この瞬間はあの頃の夢
      やっと叶えられる想いの中で

  • ユニコーン yumebiさん 閲覧数:48
    2009/11/18
    10:21

      明日ばかりを見つめる君にとって 自分は何に値するのか
      さりげなく夢を辿るユニコーンの輝きは いつになく増しているような気がするよ
      さらなる跳躍を試みる度 自分は孤独に行き詰まる

  • yumebiさん 閲覧数:46
    2009/11/15
    04:25

      今夜、私は鳥になる
      彷徨う魂の頼りなく不安定な軌道で
      岐路に立たされた私は暫く羽根を休めていた

  • 終末轉生 yumebiさん 閲覧数:56
    2009/11/15
    04:24

    光が見えた   時間が流れた   
    夜が過ぎた   君が佇む     
    文化が生きた  優しさに觸れた  

  • ぼくらの地軸 確信犯Mさん 閲覧数:61
    2009/11/03
    00:36

    S)僕らが大人になる頃には あの月は遠ざかってるんだろうか
      僕らが擦れて消える頃には 人は宇宙(そら)になってるんだろうか
      僕らがも一度生き直す頃には 君は何を求めているんだろうか

  • tHe wOrld's eNd yumebiさん 閲覧数:86
    2009/12/13
    01:15

    そのセカイに居れば
    そのセカイのモノを使いこなすのが当たり前
    だけどキミには無理な話さ

  • 嘆願の世に-- yumebiさん 閲覧数:53
    2009/09/30
    00:36

      いつからか宇宙が青に染まっていた
      僕は黒い芸術を見ていたい
      あの星と太陽とが点在する世界を

  • 葬舟流し yumebiさん 閲覧数:90
    2009/09/09
    11:34

    遠く 遠く 夜の波間に 小舟を浮かべて
    いつかは訪れるこの日に立ち会い
    旅立ちの灯火を掲げた

  • 白い羽根 yumebiさん 閲覧数:57
    2009/07/14
    16:55

    朝焼けに浮かぶ飛行船
    限りない海の旋律
    遠い国の夢物語

  • 新生史 yumebiさん 閲覧数:41
    2009/07/14
    16:54

      遠い夜明け 梦見てる
      流れる宇宙が黄昏の時代
      邊境の地で立ちすくむ

  • 最期の審判 yumebiさん 閲覧数:63
    2009/07/13
    01:57

      降り頻る雨の中 灯りに照らされ
      孤独のままにはだけた面の僕がいる
      夢路を貫き通しても 誰も見向きもしてくれない

  • 出世無情 yumebiさん 閲覧数:267
    2009/07/13
    01:57

      お前はいつから俺のことを見ていた・・・?
      俺だってのんびり過ごしていたわけじゃない
      今は時間が止まっているけど

  • 終焉と私 yumebiさん 閲覧数:49
    2009/07/13
    01:56

      この地上で見渡せるものは全て映してきた
      太陽と海と大地・・・永遠なる者の終焉
      徒然なるものよ、儚き中で満足したか?

  • 硝子箱[show case] yumebiさん 閲覧数:47
    2009/07/11
    00:42

      冬の舞台 静寂の時間
      幕が上がり始める──
      まぶしさが瞳を包み 世界を白く塗りかえて

  • 世紀末 yumebiさん 閲覧数:38
    2009/07/11
    00:40

      さび付いた闇の中で埋もれた者たち
      ビルの谷間からのぞかすその眼は
      全てをも凍りつかせてしまう

  • 老樹の精霊 yumebiさん 閲覧数:54
    2009/07/11
    00:37

      嘆きの谷 夢を見た
      いつしか 遠い記憶 色褪せた
      時を休ませて 星をみようよ

  • 連詩#3-樂園 yumebiさん 閲覧数:31
    2009/07/09
    23:29

      光差し込む 夢の部屋
      消え去ってゆく 白い塲面
      優しい風 僕を包み込んでゆけ

  • 連詩#2-Blue Magic yumebiさん 閲覧数:34
    2009/07/09
    23:29

      光の妖精踊る 水辺の邉
      コバルトブルーの宇宙 擴がる
      森の迷宮彷徨う 樹木逹の影

  • 連詩#1-夢見草 yumebiさん 閲覧数:38
    2009/07/09
    23:29

      森で迷い果てた夜 恐怖に怯えて泣いていた
      遠ぼえのする闇空が 僕の躰飮み込んでゆく
      疲れ果てた僕の躰 天からの雨に立ちすくみ

  • PUZZLE THE CAT !? yumebiさん 閲覧数:34
    2009/07/08
    15:52

      僕達の完成しかけたパズルに
      一匹の猫が飛び込んできた
      あ~あ、やんなっちゃうなぁ・・・

  • おやすみなさい・・・(it will be presently early spring.) yumebiさん 閲覧数:32
    2009/07/08
    15:51

      時計の中の振り子がリズムを奏でているよ
      首が痛くなるまで 止まらないのかな? と不思議そうに眺めていたっけ・・・
      窓に映るロウソクの灯が僕を照らしているよ

  • 折れた翼 yumebiさん 閲覧数:82
    2009/06/29
    01:37

     どのくらい時間が経ったのだろう
     私がこの部屋に行き着いて、そして塞ぎ込んでしまってから
     窓を見下ろして目に映る地が今の私にはお似合いなのだろう

  • 幸福の偽看板 yumebiさん 閲覧数:35
    2009/06/29
    01:34

      君の中の幸福の下
      僕の幸福はそこにある?
      両手の中に隠してないで

▲TOP