タグ一覧 > タグ『悪ノ娘』の作品

  • ハーツストーリー76 レイジさん 閲覧数:24
    2017/01/15
    01:05

    第五章 祖国奪回 パート6
     天主からの援軍が丁度東門へと駈け出そうとしたとき、その兵らは目の前に現れた赤騎士団の姿に度肝を抜かされる羽目になった。軍を移動させるために目一杯に開かれた城門めがけて、およそ千名の革命軍がまるで一本の槍のように帝国軍を切り裂いていったのである。その様子は執務室で指揮をとっていたシューマッハにもよく見えた。仕組まれた、と気付いた直後に伝令兵が駆けこむ。
    「元帥、既に反乱軍が城内に乱入した模様!」

  • ハーツストーリー75 レイジさん 閲覧数:22
    2017/01/04
    23:28

    第五章 祖国奪回 パート5
     帝国軍に、混乱が広がった。
     そもそも城門がこれほど簡単に抜かれるなど、帝国軍の誰ひとり想定していなかったのである。そして、帝国軍の構成も不運を呼んだ。上意下達を徹底することで精強な軍を確保していた帝国軍ではあるが、予想の範疇外で次々と発生する事態に対応しきれず、城内に乱入した赤騎士団に次々と各個撃破される羽目になったのである。その状況をしかし、シューマッハはただ傍観していた訳ではなかった。どこから反乱軍が降って湧いたものか見当はつかなかったものの、東門を攻めるロックバードとの合流を目的としていることは一目瞭然であった。ならば、とシューマッハが結論を出そうとした時、その男が執務室に乱入したのである。

  • ハーツストーリー74 レイジさん 閲覧数:27
    2016/12/30
    00:11

    第五章 祖国奪回 パート4
     ゴールデンシティ総督府、言わずと知れた黄の国王城の歴史は創設者たるファーバルディ大王の時代にまで遡る。当時のゴールデンシティ周辺は至る所に芦が生える湿地帯であったという。だからこそ、当時大陸を支配していたフラン帝国をして重要な拠点とは見なされなかったのである。当時の中心部は現在のグリーンシティ周辺であった。フラン帝国以前のアテネア王国が旧緑の国を中心に設立されたからであり、その後釜となったフラン帝国もグリーンシティ周辺を拠点としたためである。当時のゴールデンシティ周辺は正確には統一国家の存在しない、原野だけが広がる人口過疎地帯であった。
     だからこそ、ファーバルディ大王は反帝国に足る戦力を着々と蓄えることができたのである。一説によればミルドガルド大陸西方に位置するグランド諸島出身の海賊とも噂されるファーバルディ大王はゴールデンシティを端として、現在のルータオからザルツブルグに至るまでの、旧黄の国北方地帯を支配し一大領主としてその名を上げた。後の歴史は誰もが語ることである。青の国を設立したスノッリ、緑の国を設立したエッダと共闘してフラン帝国を撃破、ミルドガルドは三国時代へと突入する訳である。

  • ハーツストーリー73 レイジさん 閲覧数:40
    2016/12/26
    22:39

    第五章 祖国奪回 パート3
    「案外、すんなりとことが進みましたな」
     フィリップ市役所の一室でロックバードが言った。フィリップ市を陥落させて数日が過ぎた日のことだ。

  • 悪ノ・・・ kanagawaaitiさん 閲覧数:86
    2016/01/25
    12:29

    リーンゴー―ン。午後二時の鐘がなる。
     『悪ノ王女』の命はあと一時間。
      なんかなぁ・・・と『悪の王女』の僕――入れ替わった弟はつまらなかった。

  • 悪ノ娘 -Original Happy End- 【第十一章~終章】 らいおんおいるさん 閲覧数:112
    2015/12/18
    01:35

    第十一章
     時は、黄色の国の革命の、フィナーレまで遡る。
    「違う! その子は王女じゃない!」

  • 悪ノ娘 -Original Happy End- 【第七章~第十章】 らいおんおいるさん 閲覧数:84
    2015/12/18
    01:33

    第七章
     青の国の小さな港町。その、小さな教会から、真っ白な長い髪をなびかせて、一人の娘が現れた。
     物憂げな表情で、海沿いをそぞろ歩く。

  • 悪ノ娘 -Original Happy End- 【第四章~第六章】 らいおんおいるさん 閲覧数:96
    2015/12/18
    01:26

    第四章
    「王女さま、青の国の王と、その婚約者の方が、面会に来られました」
     少年の顔が、ぱっと明るくなった。それに目を留めて、王女は不審そうな顔をする。

  • 悪ノ娘 -Original Happy End- 【序章~第三章】 らいおんおいるさん 閲覧数:115
    2015/12/18
    01:22

    序章
     顔に苦悩の皺を刻んで、侍医は首を振った。
    「駄目ですな。あとひと月、持ちますまい」

  • La révolutionnaire (ラ レボリューショナル)1.0.2 紅 Lyriane 紗月(さーちゃん)さん 閲覧数:111
    2015/05/09
    06:49

    「寒いですわ…やはり家出なんてするべきではなかったのかもしれないわ」
    いけない。この喋りかた、直さなくては…
    それに出てきて正解ですわ。家にいればあの丸々太った気持ちの悪いあの方と結婚しなければなりませんもの。

  • 数多の悲劇、一つの奇跡~とある観測者のタイザイ記第一幕ノ肆~ あまねこさん 閲覧数:69
    2015/02/09
    09:20

    丘から離れては、城へと向かうルカ。
    その歩くだけでありながら、彼女には何か不思議な雰囲気がありました。
    ………そんな雰囲気があればもちろん。

  • 数多の悲劇、一つの奇跡~とある観測者のタイザイ記第一幕ノ参~ あまねこさん 閲覧数:76
    2015/01/17
    21:52

    大広間を出、城も出たアマネは、城下町全体を見渡せるような小高い丘に、一人佇んでいました。
    「クククッ……フハハハハハハハ!!こんな簡単に受け取ってもらえるとはなぁっ……!!」
    急に笑い出すアマネ。そこへ……

  • 数多の悲劇、一つの奇跡~とある観測者のタイザイ記第一幕ノ弐~ あまねこさん 閲覧数:79
    2015/01/10
    15:33

    「頭が高い、跪きなさい!!この愚民!!」
    「王女様!!」
    「今の私は王女…では無い、女王なのです!!…これ以上、そやつの顔を見続けるのは不快ね…台にかけてしまいなさい!!」

  • 数多の悲劇、一つの奇跡~とある観測者のタイザイ記第一幕ノ壱~ あまねこさん 閲覧数:130
    2015/01/02
    00:34

    第一の悲劇、その幕開け
    今ではむかし。
    そのまたさらに、むかしむかしのあるところに。

  • もう一度だけ会えたら kagaminnさん 閲覧数:129
    2014/04/08
    12:10

    2014.04.07
    作詞:kagaminn
    どうして君はいつも僕に微笑みかけてくれるの

  • 【悪ノ娘】双子と平和な国での恋仲戦争【二次創作】 雪りんご*イン率低下さん 閲覧数:1,423
    2012/12/12
    16:46

    昔々あるところに、ルシフェニアという王国がありました。
    その王国には齢14の王女様と王子様がいました。
    彼女たちの両親はグーラ病という病で死んでしまったため、大臣達の支えのもと、国を治めていました。

  • 悪ノ娘と召使 Len side. 後編 【最終回】 juneさん 閲覧数:530
    2012/07/07
    20:07

    Len side.
    ~♪
    ~♪

  • 悪ノ娘と召使 Rin side. 後編 juneさん 閲覧数:499
    2012/07/07
    19:04

    Rin side.
    ピピピピピ……
    けたたましい目覚まし時計のアラーム音が鳴り響く。

  • 悪ノ娘と召使 Rin side. 前篇 juneさん 閲覧数:962
    2012/06/30
    20:57

    Rin side.
    広場から人が引いていく。
    血だらけになった断頭台を前に一人の少年…、いや、少女が座り込んでいる。

  • 【小説「悪ノ娘」完結祝い】青ノ王と狂おしい娘たち【小説に土下座しろ】 雪りんご*イン率低下さん 閲覧数:1,298
    2012/03/27
    21:00

    私の名はカイル=マーロン。
    通称“青ノ国”の王だ。
    近々“黄ノ国”ことルシフェニアの王女、リリアンヌとの結婚を控えている。

  • 【悪ノ娘】ブラコン王女様と忠実な召使【原曲者に謝れ】 雪りんご*イン率低下さん 閲覧数:1,164
    2012/02/23
    20:50

    「オーホッホッホッホ。さぁ、跪きなさい!」
    私は我侭を言い放題だった。『悪ノ娘』と云われるほどに。
    嗚呼、私の周りは敵ばかりだった。

  • 悪ノ娘 Ⅱ【自己解釈】 auroraさん 閲覧数:1,023
    2012/02/19
    22:55

     例え、世界の全てが。
     君の敵になったとしても僕は君の味方だよ。
     だから…… そばで笑っていてね。

  • 悪ノ娘 Ⅰ【自己解釈】 auroraさん 閲覧数:1,869
    2012/02/19
    16:47

     十四年前。
     ひと組の双子がルシフェニア王国の王家に生まれた。
     その国は神が絶対的な権力を持っていて、その次に神職者、そして国王が『神の助言を聞く』形で政治を運営していく。

  • あくのむすめ(絵本風) リリアンさん 閲覧数:407
    2012/02/11
    02:48

    むかしむかし。
    「きいろのくに」にとてもうつくしいおひめさまがいました。
    しかし、おひめさまはとてもわがままでくにじゅうのひとびとをこまらせていました。

  • 悪食娘コンチータ×悪ノ娘×悪ノ召使 芙蓉さん 閲覧数:647
    2011/11/09
    20:16

    「ちょっとそこの召使さん?」
    「はい、なんでしょう?」
    「貴方は、どんな味がするのかしら?」

  • 【性転換】悪ノ娘 23【亜種のみ】 リリアンさん 閲覧数:376
    2011/09/12
    22:11

    午後2時55分。
    処刑の時間は午後3時だった。
    いつもならレンカがおやつを食べる時間だ。

  • 【性転換】悪ノ娘 22【亜種のみ】 リリアンさん 閲覧数:313
    2011/09/12
    18:21

    夜になると、たくさんの兵達や国民達が城に押し寄せてきた。
    反乱の始まりだ。
    メイトの読み通り、長年の戦で疲れた兵士達など敵ではなかった。

  • 【性転換】悪ノ娘 21【亜種のみ】 リリアンさん 閲覧数:234
    2011/09/12
    18:03

    メイト率いる烏合の衆達は今夜、この国の城を攻撃するつもりだった。
    メイトの妹であるサキネもいた。
    メイトは妹に優しく話し掛けた。

  • 【性転換】悪ノ娘 20【亜種のみ】 リリアンさん 閲覧数:261
    2011/09/11
    21:29

    城下町の酒屋で一人の男が寂しげに酒を煽っていた。
    男の名をメイトという。
    メイトは赤い鎧を纏い、立派な剣を持っていた。

  • 悪ノ・ストーリー 第七幕 あきさん 閲覧数:251
    2011/09/11
    18:23

    ~エンディング~ 白の娘
     「生きていてごめんなさい。」
    いつのまにか口癖になっていた。

  • 悪ノ・ストーリー 第六幕 あきさん 閲覧数:265
    2011/09/11
    18:21

    ~第六幕~ 裏切りの使者
     俺は紫の国から来た者。
    この黄色の国を滅ぼすためにやってきた。

  • 悪ノ・ストーリー 第五幕 あきさん 閲覧数:368
    2011/09/11
    18:19

    ~第五幕~ 悪の娘 
     期待の中産まれた私たち。
     祝福するのは教会の鐘。

  • 悪ノ・ストーリー 第四幕 あきさん 閲覧数:324
    2011/09/11
    18:16

    ~第四幕~ 復讐の娘
     ここは、悪逆非道と呼ばれる国の小さな村の酒屋。
    「またなの!ルカ!」

  • 悪ノ・ストーリー 第三幕 あきさん 閲覧数:414
    2011/09/11
    17:02

    ~第三幕~ 青の王子
     青の国には昔からこう言い伝えがあった。
    『悪の娘が現れた時、どこかの国が滅びるだろう。

  • 悪ノ・ストーリー 第二幕 あきさん 閲覧数:398
    2011/09/11
    17:00

    ~第二幕~ 緑の娘
     「私が生まれて、もうすぐ十六年・・・。もうすぐ私は・・・。
      いいえ!望まれて生まれたこの命。

  • 悪ノ・ストーリー 第一幕 あきさん 閲覧数:438
    2011/09/11
    16:57

     悪のストーリ
        この物語は、昔々のお話です
        あるところに、

  • 【性転換】悪ノ娘 19【亜種のみ】 リリアンさん 閲覧数:288
    2011/09/11
    02:00

    翌日からレンカは数人の家来達に護られることになった。
    点滴をうたれながら相変わらずベッドで過ごす日々が続いていたが、徐々に睡眠時間も短くなっていった。
    しかし、レンカ自身の精神状態は良いとはいえなかった。

  • 【性転換】悪ノ娘 18【亜種のみ】 リリアンさん 閲覧数:226
    2011/09/10
    23:20

    深夜。
    レンカはふと、寒さを感じて目を覚ました。
    自分は誰かに運ばれている。

  • 【性転換】悪ノ娘 17【亜種のみ】 リリアンさん 閲覧数:197
    2011/09/10
    16:59

    リントは城に戻り、レンカの部屋へ向かった。
    部屋に入った瞬間、リントは思わず悲鳴をあげてしまった。
    青白い顔で死んだように眠るレンカの周りで家来達が静かに涙しているからだ。

  • 【性転換】悪ノ娘 16【亜種のみ】 リリアンさん 閲覧数:252
    2011/09/06
    23:44

    「今日の夕食は……ラム肉のステーキなのね!」
    レンカはそう言うと嬉しそうに食卓についた。
    彼女は夕食の時間中、ずっと上機嫌だった。

▲TOP