リオンさん

haruchobi

リオンといいます。よろしくお願いします!
気が合いそうだな、とか思う優しい方はどうぞメッセージでもなんでも!!
一応プロフィールを↓
[性別]
女。
でも中身はだいぶ男が混ざっていると思う。

[年齢]
第一志望校合格しました!
一番近くの高校にいけます…。よかった。
でも結局中学校三年間ほぼ勉強しなかったな…。

[性格]
男勝りですが、こういうところでは結構きちんとした言葉使いだと思います。
好きなことはイラストを描くことで、投稿しようとしたんですが…。サイズとかなんだとかで訳が分からず断念…。
異性とも同姓とも仲良く出来ます!!
たまにお母さん的発言が出たり、吸血鬼みたいなことを言い出します。
「やめなさい!!」とか、「血、なめたい」みたいな。

[好きなボカロ]
全体的に好きですけど、特にすきなのはルカ・リン・レンです。

[UTAU]
最近、パソコンで使えるようにしました!!
大量にDLし、親に呆れられました…。

[その他]
最近、友人がボカロを聞いているうちにロボ声になったという話を聞いて、少しうらやましいと思ってしまったり、「瞳を閉じて」の前奏で「リナリア」を思い浮かべてしまう、末期症状患者です。
小説には誤字脱字が多く、リンレン小説ばかり書いています。
たまには別のキャラが主人公のも書いてみたいと思いつつ、ネタ切れ気味です。

ルカ、リン、レンは俺の嫁…ていうか、むしろその三人は俺でいいよ。もう。

最近の出来事。
○気付いたことですが、死別ネタがおおいですなぁ。
○声を作って歌ったら、ボカロっぽい声だな、って友達に言われたよ!やったね!!
○晴れて投稿四百個突破です!ありがとうございます!
 しばらくは何度か間が空くこともあると思います。ご了承ください。
○ブログと言う名の妄想のはけ口作りました↓
         http://sky.ap.teacup.com/kamuzo/
○月・水・金曜日は塾があるので、不定期に投稿を休むことがあります。すみません。

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(44)

  • 雪葉
  • アストリア@生きてるよ
  • 美里
  • 日枝学
  • 河童。
  • hikari
  • ピアプロ運営
  • OneRoom
  • 朔夜@永久活動休止。。。
  • めろた
  • まいまい☆ミ
  • かりん

フォロワー(63)

  • ゆうな
  • latte
  • 空太
  • kanon
  • 雪葉
  • アストリア@生きてるよ
  • 美里
  • なのこ
  • タナキトゥス
  • nagatuki24
  • 甘菜
  • riku_satora

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

Some First Loves 26

 すんすんと鼻を鳴らしながら、涙を抑えようとしているリントの丸まった背中をみて、レンカはどう声をかけたものかと、戸惑っていた。戸惑いながら、小さなマメ柴がお預けをくらってシュンとしている様なイメージが重なるのを、レンカは必死に打ち消そうとしていた。 「しゅき…って(笑」 「笑うなよ!!」 「はっ、ごめんなさい! つい!」  レンカは後ずさって、リントに殴られるのを覚悟したが、リントは殴ろうとするどころか、その場でため息をついて、 「もういい」  といった。またプイとレンカに背を向けるリント。 「リント君。噛んじゃうときくらい、誰にだってあるよ。落ち込まないで」 「一世一代の告白の言葉を噛んだ、この気持ちがお前に分かるか!」 「ごめんなさい、分からない…」  リントがキッとレンカを振り向きざまに睨みつけた。ビクついて、レンカは小さくなった。 「大丈夫、とっても可愛かったよ、リント君! 平気!!」 「別に可愛いと思ってもらいたくねぇよ!! 同情すんな!」  今にも泣き出しそうなリント。おろおろしながら、レンカは、どうにかフォローせねば、とうまい言葉を考えていた。  リントは丸まった背をレンカに向けた。その背中には哀愁と、負け犬のオーラが漂っている。 「あのねっ、リント君」  レンカはそっとリントの背中をぎゅっと抱きしめた。  初めて彼を見たときの印象は、まず、冷たい、というだけだった。次に、同い年にしては大人びた少年だと思った。  それから、二人で過ごすうち、いろいろと気づいたことがあった。  極度の甘党で、辛いものはめっぽうダメで、歯磨き粉も毎日我慢して使っている表情が、小さな子供みたいだった。それから、癖っ毛で、毎朝必死になって前髪を押さえる後姿とか、優しくされなれていないせいで、ちょっとのことですぐ一喜一憂する、思いのほか揺らぎやすい所とか。  リント君を好きなんだ、と気付くと、いつの間にか目は彼を追っていて、何を作れば彼は喜ぶか、とか、そんなことばかり考えていた。  小さいころ、一人っ子だった私は、兄弟が欲しいと思ったことがあった。一人っ子特有の希望だろう。しかし、今では、兄弟など欲しくは無い。  兄弟より、恋人として、そばにいて欲しいと、心から思っている。 「格好良くなくてもね、私はリント君が好きだよ」  下の階が少し騒がしくなってきた。新婚旅行と夕飯の買い物を終えた二人が、くつろぎ始めているのだろう。 「私、お母さん達のお手伝いしてくるね。ご飯になったら呼ぶよ」  にっこりと笑ってレンカは立ち上がると、リントの部屋を出て行った。  ガチャ、ばたん。  背中でその音を聞いて、リントはゆっくりと振り返った。顔は真っ赤で、かすかに震えながら、目はどこか焦点が定まっていない。要は混乱しているのだ。  リントはレンカが本当に部屋を出て行ったということを確認すると、目の前のベッドに飛び込んで、クッションに顔をうずめた。 「―――っ! っっっ!!!」  声にならない声を上げながら、近くにあった別のクッションをボフボフと力任せにたたいた。少し顔をあげると、やっぱり頬があつかった。左の頬を軽くなでて、リントは深呼吸をした。それから、天井を見上げる。  そして、またクッションを顔に押し付けて、腕を振り回した。  なんでアイツはああいうことを、恥ずかしげもなくできるんだよ!!  ドアを後ろ手にしめ、廊下に出たレンカは高揚した頬を、両手で押さえた。熱い。 『一世一代の告白の言葉を噛んだ、この気持ちがお前に分かるか!』  半泣きで言ったリントの顔が浮かぶ。  つまり、それは、その、アレだろうか? あの時リント君が噛んだ言葉はやっぱり、『愛の告白』だったと受け取ってもいいのだろうか? ちょっとまって、そうであってもらわなくては私が困る。そうでなかったら、その後、私がした『愛の告白』は相当的外れなものになってしまう…。  下のほうからレンカを呼ぶ声がした。お母さんだ、と思うと、レンカは階段をおりていった…。  ああ、もう、恥ずかしくて死んでしまいそう!

こんばんは、リオンです!
お待たせしましたリトレカ編の続きになります!
リント君はマメ柴系男子。
レンカちゃんは多分、リント君のギャップ萌なのではないかと(笑
リント君は無条件にレンカちゃんと言う存在そのものが好きだと。
結論私はリトレカが好きだと。

もっとみる

投稿日時 : 2012/03/23 23:27

最近の投稿作品 (484)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP