唄界さん

kizasu

作詞家。たまに絵。不定期で生主。
和風・ロックを中心に、文学やイラストのオマージュ作品で作詞しています。
コラボのお誘い大歓迎です^^

素敵なプロフ画像は壱加さんより。

http://唄(うたノω`).コミュ
ニコ動でのコミュ⇒http://com.nicovideo.jp/community/co558486

「はなうた」"HANAUTA"
ボカロ制作ユニット⇒http://www.myspace.com/fismajar


好きなジャンルはボカロック、ミクトロニカ、和風
片思いや報われない歌詞が主流

イラストはデジタルが苦手なので、基本アナログです
水彩絵具や色鉛筆を使って描きます
最近はマスキングテープを使用するのがブーム

もっと見る

依頼受付中

和風、ロック中心に作詞しています
詞先、曲先どちらも可能
両想いや可愛い歌詞が書けないのが欠点

最終更新日時:2017/09/02 00:46:34

ピアプロバッジ

SNSアカウント

フォロー(101)

  • ろしあん
  • いちいすう
  • マキナP
  • にれぎる
  • ニカ
  • フライングジラフ
  • 山梔子
  • tomo
  • はてぃ~
  • Lemm
  • 奴狐
  • studio balabushka

フォロワー(27)

  • ろしあん
  • endy
  • tomo
  • はてぃ~
  • kumaplus(くまっち) 
  • ひらり
  • OGI
  • うおだいや
  • みしゅ
  • ウインディー
  • 有T
  • かにぱんだ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

彼岸花の路

A1 愛し生けるものを 一つ 二つ 三四(みよ)と黄泉(よみ)へ 今宵も 唯(ただ)務めを果たしてゆく 逝(ゆ)く先は決まって 彼岸花の河原 B1 知らぬ 存ぜぬ 御喋り雀の舌は抜かれる 私語(ささめごと)には戸を立てろ 好(す)くも 厭(いと)うも 浄玻璃鏡(じょうはりかがみ)の仰る通りに これから何処の六道(ほそみち)じゃ? C1 ほぅら ほぅら 御逝きませ さぁさ さぁさ 案内(あない)しませう S1 極楽浄土の蓮(はちす)の味を贈ろう あなたが 私を 覚えているなら いいえ きっときっと 煉獄に焼かれ忘れていよう 極楽浄土の蓮(はちす)の味を贈ろう あなたが 私を 覚えているなら いいえ きっと今頃 針山の莚(むしろ)忘れていよう A2 愛し生けるものを 一つ 二つ 三四と黄泉へ 今宵も 唯(ただ)運命(さだめ)を背負ってゆく 誰が呼んだろうか 『彼岸花の娘』 B2 知らぬ 存ぜぬ 御喋り雀の舌は抜かれる (私想(ささめごと)など打ち捨てて) 好(す)くも 厭(いと)うも 浄玻璃鏡の仰る通りに (あなたは何処の六道(ほそみち)へ?) C2 ほぅら ほぅら (御生きませ) さぁさ さぁさ (逝ってはならぬ) S2 厭離穢土(おんりえど)には 燃える様な朱色(あかいろ)を あなたが 私を 覚えていずとも いいえ きっときっと この華だけでも忘れずにいて 厭離穢土には 裂ける様な花弁(はなびら)を あなたが 私を 覚えていずとも いいえ きっときっと この華だけでも忘れずにいて C3 ほぅら ほぅら 御逝きませ さぁさ さぁさ 案内(あない)しませう ほぅら ほぅら どうぞ (御生きませ) さぁさ さぁさ どうか (逝ってはならぬ) S3 生(い)ける路には 咽(むせ)ぶ様な朱色(あかいろ)を あなたが 私を 覚えていずとも いいえ きっときっと この華だけでも忘れずにいて 生ける路には 天を指した大輪(たいりん)を あなたが 私を 覚えていずとも いいえ きっときっと この華だけでも忘れずにいて

あなたがこの先 地獄へいくとして 私を忘れても
あの彼岸花は胸に咲けることと想ふ

ああ いいえ
どうか 逝かずに 生きてください


******

黄泉へ誘う娘の話。
その運命を哀しむことも、人への情も許されない。
ただ、密やかに、彼岸花をあなたへ。

もっとみる

投稿日時 : 2011/08/15 23:19
  • 【初音ミク】 彼岸花の路 【ミクオリジナル】

    ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm20233284

    『あなたがこの先 地獄へいくとして 私を忘れても あの彼岸花は胸に咲けることと想ふ ああ いいえ どうか 逝かずに 生きてください』黄泉へ誘う娘の話。その運命を哀しむことも、人への情も許されない。ただ、密やかに、彼岸花をあなたへ。~テキスト:唄界さん~■歌詞:唄界さん(mylist/13539394)■イラスト&動画作成:壱加さん(mylist/6380100)■タイトル内容和風ですが曲想は四つ打ちです。旧作「骨」sm9759086で彼岸を彷徨った翠髪の少女はこの曲で達観し愛する貴方へ生死相反するメッセージを贈るというコンセプトで作りました。曲調は全く違いますが一連の二部作と捉えてます。素敵な歌詞の唄界さん、素晴らしい動画を作成して頂いた壱加さんにお二人に深く感謝いたします。■縹渺(mylist/9452910)

▲TOP