木綿さん

kusioyuu1

大学生になりましたー!
暗いのばかりですがよろしくお願いします(*´∀`*)

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(1)

  • karmaka

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

湿る空気に耐え兼ねたのか、一滴の粒を筆頭にはらはらと雨が降り落ちてきた。途端、賑やかにコンクリートを叩く水の音が響き始める。それに一入気を滅入らせる女が一人、臭い袋の山に身を埋めていた。 女は、名をルカと言う。その瞼を重く伏せて、彼女は静かに泣いていた。声も無く、只管に彼女は涙を流し続ける。いっそ痛ましい程に透き通った雫は、頬や流れる髪に落ちていく。それを止める術も当然あるはずがなかった。 (歌いたい……マスター。 貴方は今、何処に) 彼女の想う、たった一人。その人物と彼女は、かつて二人で暮らしていた。とはいっても過ぎた年月に深さはまだ無い。精々一週間といったところだろうか。しかし、彼女にとっては果てしなく長い時であった。 彼女は所謂ボーカロイドという機械であり、マスターとはそれの所有者だ。しかし主従の重圧は殆ど無く、仲睦まじい彼女らはまさしく家族であったと言えよう。 だが今、ルカにマスターは居ない。率直に言えば捨てられたのだと、機械である彼女は知っていた。 「マ……スタ、ァ」 所詮、彼女は機械だったらしい。人間のそれよりずっと早く、彼女の寿命はやってくる。マスターであったはずの人間は、至極順当のことであると、あっさり彼女をゴミ捨て場へと葬った。せめてもの情だったのか一度だけその頭を優しく撫でて、それっきりルカは一人になったのだ。 確かに、二人の関係はとても微笑ましかった。機械であるということを微塵も感じさせぬ様な二人であった。 だからこそルカは気付かなかったのだ。人間と機械の差、その大きさに。彼女が密やかに抱いていたであろう恋情も、プログラムであった可能性は薄く無い。 しかし残酷だ。 激しさを増す雨は、彼女の体に浸食していく。彼女がもし人間であったならば、風邪や発熱で済むかも知れないこの雨は、着々と彼女の機能を停止させていく。 「……マ、スター……マスター……!」 機械が何故咽ぶのだろう。だがあるはずのない感情は、確かにルカに芽生えていた。だが最期の最中、ただマスターと呼ぶ彼女の心を、その人自身が知る事はない。 そして、彼は既に新たなボーカロイドを迎え、笑っていることを彼女は知らないのだろう。

……実に安直なタイトルだ。

短く、更に拙すぎる文章で申し訳ありません。
練習用と思ってガーッと書かせていただきました。
もしよろしければご意見下さると嬉しいです。

投稿日時 : 2012/06/11 21:00

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP