雅音宮羽を忘れないprojectさん

中国ボカロ南北組、ボカロ亜種、UTAUキャラが好きな百合豚親父です。小説、歌詞など御依頼受け賜ります。

雅音宮羽を忘れないprojectさん

mortaler

中国ボカロ南北組、ボカロ亜種、UTAUキャラが好きな百合豚親父です。小説、歌詞など御依頼受け賜ります。

もっと見る

フォロー(36)

  • なおる
  • ぶらんか。
  • カトリフタ
  • TK00231
  • chairo_neko
  • ゆうみ
  • 上埜月
  • 蒼狗
  • えー助
  • 冬雪 じゅん
  • すぅ
  • しるる

フォロワー(8)

  • なおる
  • すぅ
  • しるる
  • レント@澪堵
  • つかさ君
  • ゆるりー
  • Turndog~ターンドッグ~
  • 雪りんご*イン率低下

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

【ハクミク、南北組】 弱音さんちの留学生「2話-4章」

「弱音さんちの留学生」   第二話 天使の神楽  PART4「またまたやらせて頂きました~」 この小説は、2013年01月01日に思いついたので、 慌てて忙しい中、書きとめたものです。 ボカマスなどにて、また無料配布小説本のに収録するかもしれません。 起承転結 4章構成になっています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「はぅ~・・・」 未だ、頬の熱が抜けぬ阿綾、頭を振りながら溜め息を付いた。 私は彼女の頬から、左手をそっと離し、天依ちゃんの右手の上に添えた。 「うん…   天依の手、ひんやり気持ちよくて、大好きです・・・。」 そういってまた赤くなる阿綾。 私はその背を、本堂左のほうへと押した。 「さぁさ、ふたりとも休憩時間よ♪  ネルちゃん達が戻るまで、私はここに居るから、ふたりはゆっくり遊んで来なさい♪」 はいっ! と元気よく言って、手を繋いだまま駆けだすふたり。 うふふ、またまたやらせていただきました~♪ その先に縁日が立っていることを、阿綾はまだ知らないはずだw 逆転した主従を元に戻すには、触れ合うことに執心中の天依ちゃんを 「くいしんぼうモード」にしてしまうのが、シンプルでてっとり早いw 後で感謝されるにしろ、恨みごと言われるにしろ、どちらも良い酒の肴よねw そんなことを考えながら、私はもう一つ左を向いて、神楽舞台の裏へと向かった・・・。 「ミク?」 覗き込みながら話掛けると、ちょうど千早を脱いで、 ふぅと一呼吸つくミクが居た。 「あっ、ハク姉ぇ♪」 駆け寄り抱きついて来たミクに、今度は私が頬を染める番だった。 「もう! 緊張と笑いを堪えるので大変でしたよー♪」 彼女も頬を染め、私にしな垂れかかってくる。 私は、はずかしさに視線をそらしながら答える。 「あ、あはは。そうね。」 視線を外しておきながら、私はミクの腰を抱きよせた。 だ、だって、勿体ないじゃない、こんな最高のシチュエーション・・・。 木漏れ日の反射、光に包まれた空間はまだ続いている。 私の天使が、まさにきらきらと輝いている・・・。 彼女も、ちらりと後ろを向いて、嫌がるそぶりもなく身を委ね続けた。 「そ、そうそう。  さっき、ミクが笑ってた時、阿綾が面白いこと言ってたわよ?」 照れ隠しに、先ほどの喜びを彼女に伝えようとした。 「え? どんなことですか?」 こちらも純真な私のボカロ、興味深々と聴き返して来た。 私は、その上目づかいにヤられないよう、目線を外したまま答える。 「天依ちゃんに、  いつか一緒に踊りたい、古典曲を書くから、だって。」 彼女の心の変化をそのまま伝える。 良い変化と捉えるかどうかは、受け手次第だと思うから… しかし、反応は予想外のものだった。 「いいなぁ、天依ちゃん。私もハク姉と舞踊、したいなぁ・・・」 長年、曲を作れないマスターに付き従ってくれた私の天使。 ここで、予想外のおねだりが飛んで来た。 しかも、回避不能、腕の中からの上目づかい付きだ・・・・・・ 「しょ、精進いたします。我が天使よ・・・」 「はい♪ よろしくお願いしますね、マスター♪」 苦笑いに対して、満面の笑顔が返ってくる。 あれから彼女は、たびたび私を「マスター」と呼ぶ。 己のボカロにマスターと呼ばせない、歌わせてやれないマスター達、 そんな変わり者ばかりが住む、私達のアパート。 阿綾が、この日本で新しい成長を始めたように、 私達も二人から、新しい繋がり方を学んでいるように思う。 「でも・・・」 ミクは両の掌をすっと重ね、私の胸の上へと添えた。 「もし、また、ここに唄を仕舞いこんだりしたら・・・  有無を言わさず、奪っちゃいますよ?」 そして右手の人差し指を伸ばした形にし 自分の唇に、次いで私の唇に、そっと重ねて見せた・・・。 「これで・・・ もう、隠しても分かるんですからね♪」 真っ赤になった相貌が見上げてくる。 こ、この潤んだ瞳の上目づかいを、 回避できるマスターなど、いるのだろうか? 阿綾と天依ちゃんの二人が来てから、私達の様相は急激に変わり始めた。 ミクは天依ちゃんの「技能」を覚えてしまった。 天依ちゃんが阿綾にそうするように、私の心の唄を共に歌いたいと願う。 いささか過激な方法で迫られることが増えている・・・。 「そ、そうね・・・ 彼女達はもっと多くを大事に出来るようになるし、  私達は、もっとお互いに踏みこんで行けるわね・・・」 ますます、桜色を増した笑みが咲く。 「はいっ♪ 大好きですっ、ハク姉♪」 私の相貌も、いまはきっと、5月の花のように真っ赤だろう。 まったく、貴方といい私といい、 自分の感情とボカロに振り回され過ぎよ。 ねぇ、阿綾?

ハクとミクが暮らす部屋に、中国ボカロの二人がホームスティに来ました。 年が明けて元旦・・・  第二話の4/4。

もっとみる

投稿日時 : 2013/01/13 09:54

最近の投稿作品 (8)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP