関連する動画

【GUMI】-恋-/Jille.Starz☆
from ニコニコ動画

-恋-

「-恋-」

さくらがそよいでいたの 懐かしい匂いがした
伸ばした指には 光が零れて

溢れ出すはるかぜに乗って
今すぐ会いに行けたら

たった一つの感情に あれこれ振り回されて
どうして 言い出せないんだろう…
たった一度の後悔を 震える胸にしまって
じっと 見つめた

いつだって想っているよ 募っていく昨日よりも
いつだって想っているよ こんな気持ちを
-恋-っていうんだろう

さくらは急いでいたの 季節の短さを知って
伸ばした髪とね 迷いを束ねて

騒ぎ出すはるかぜのせいで
はしゃいだわたしを許して

たった一つの運命に いくつの出会いがあっても
きっと 選べないんだろう…
たった一度の偶然を 呆れるほどに信じて
やっと 見つけた

いつだって祈っているよ あなたの幸せを
いつだって祈っているよ 不思議な言葉ね
-愛-ってなんだろう

たった一人の存在が こんなにも愛し過ぎて
もう 隠せないんだろう…

たった一つの感情に あれこれ振り回されて
どうして 言い出せないんだろう…
たった一度の後悔を 明日への勇気にかえて
ちゃんと 伝えよう

いつだって想っているよ 募っていく昨日よりも
いつだって想っているよ こんな気持ちを
-恋-っていうんだろう

La la la la la la la…
こんな気持ちで
「好き」って言うんだよ

グッバイ#ボーイ

「グッバイ#ボーイ」

帰り道の途中で携帯の画面をじっと見つめてみる
ダイヤルすることは二度とないと分かってる
だけど…

どうしても消せないよ 「好き」という気持ち忘れたくないから
肝心な一言も受け止められず 暗い部屋で一人想うの

「サヨナラ」の数に比例して僕と君の間はだんだん埋まっていく
手を伸ばせば届きそうなのに どうして最後の一歩踏み出せないの
グッバイ#ボーイ

月灯りにのせて発する想いの周波数はいくつ?
まだ知らない君に向けて今も歌ってる
いつも…

確実なものなんてない 当たり前の事実が怖くて
震える夜の先に輝き放ち僕を待ってる光がある

聞こえてますか 僕の声が
何度も何度も君に届くまで呼びかける
二人の運命(みち)が重なるとき 僕はいつだか分かってる
それはねぇ、もうそろそろだよ

「サヨナラ」の数に比例して僕と君の間はだんだん埋まっていく
手を伸ばせば届きそうなのに どうして最後の一歩踏み出せないの
聞こえてますか 僕の声が
何度も何度も君に届くまで呼びかける
二人の運命(みち)が重なるとき 僕はいつだか分かってる
ねぇ、もうすぐだよ
グッバイ#ボーイ
「サヨナラ」の数に比例して僕と君の間はだんだん埋まっていく
手を伸ばせば届きそうな距離 僕は最後の一歩を今踏み出すよ
グッバイ#ボーイ

▲TOP