関連する動画

彩りと衝撃

彩りと衝撃

初めの音 奏でれば 新しい 世界へと
鏡の様に 心映す メロディと 言葉 加速する

砂の星と誰かが言うけれど
何を見たの? 僕らはまだ死んじゃいない

空色の歌声はずっと輝いて
僕を未来へといつも連れてくれる
これからも そう 僕らの事を
明るい方へと導いてくれよ

黄色い二つの歌声は鮮やかで
どんな時も激しく煌めいてる
全てを照らす二人だから
僕たちはまた明日へ踏み出せる

咲いた音は華やかに この空へ流れてる
巡るリズム艶やかに 止まらない ずっと止まらない

赤い果実 今も此処にあるよ
食べてみてよ 数字だけが全てじゃない

赤い歌声は炎のように強く
確かな情熱がそこにはある
君と誓ったこの想いは
今でも僕の胸で揺らめいてる

桜色の歌声はただ優しくて
風の様に僕の頬そっとなぞる
夜空に輝く月の様に
いつまでも傍で見守ってくれよ

ここで叫ぶ僕らの声が聞こえるか?

青い衝動が僕の中で渦巻く
歌に乗せて君へと今 送るよ
僕の言葉が誰かを救う
そんな夢を誰か僕に見せてよ

虹色のメロディたちは空を駆ける
僕らの思いと共に君のもとへ
本当の君を見せてくれよ
上辺だけの言葉はいらないから

--------------------------------------------------
Colors and Impact

A new door is opened by first sound.
Melody and words are mirror reflect a heart.

Who says "It's sand planet that grass even can't grow."?
What did you see? We are not dead!

She voice is sky blue.
It take and lead my hand to tomorrow.
Please sing song for us forever.
For the future.

Their voice is yellow.
It is as vivid as the sun at always.
Please light up our way.
For tomorrow.

Blooming sound spreads in the sky.
Looping rhythm is glossy. Don't stop and can't stop it.

The apple is here.
Try eating. The visible number is not all!

She voice is red.
It burns sleeping soul in me.
The emotion still forces me fluctuate.
For memories.

She voice is pink.
It gently strokes my cheek like breeze.
Please stay with me like glowing moon in night.
For eternity.

Can you hear me...?

My voice is ultramarine.
I send my heart to you on this song.
I wanna save you by my songs.
For belief.

Colorful melodies across the sky.
It resonates air and reaches you.
Show me your truth. I don't want superficial words.
For you.

彩りと衝撃

彩りと衝撃

初めの音 奏でれば 新しい 世界へと
鏡の様に 心映す メロディと 言葉 加速する

砂の星と誰かが言うけれど
何を見たの? 僕らはまだ死んじゃいない

空色の歌声はずっと輝いて
僕を未来へといつも連れてくれる
これからも そう 僕らの事を
明るい方へと導いてくれよ

黄色い二つの歌声は鮮やかで
どんな時も激しく煌めいてる
全てを照らす二人だから
僕たちはまた明日へ踏み出せる

咲いた音は華やかに この空へ流れてる
巡るリズム艶やかに 止まらない ずっと止まらない

赤い果実 今も此処にあるよ
食べてみてよ 数字だけが全てじゃない

赤い歌声は炎のように強く
確かな情熱がそこにはある
君と誓ったこの想いは
今でも僕の胸で揺らめいてる

桜色の歌声はただ優しくて
風の様に僕の頬そっとなぞる
夜空に輝く月の様に
いつまでも傍で見守ってくれよ

ここで叫ぶ僕らの声が聞こえるか?

青い衝動が僕の中で渦巻く
歌に乗せて君へと今 送るよ
僕の言葉が誰かを救う
そんな夢を誰か僕に見せてよ

虹色のメロディたちは空を駆ける
僕らの思いと共に君のもとへ
本当の君を見せてくれよ
上辺だけの言葉はいらないから

--------------------------------------------------
Colors and Impact

A new door is opened by first sound.
Melody and words are mirror reflect a heart.

Who says "It's sand planet that grass even can't grow."?
What did you see? We are not dead!

She voice is sky blue.
It take and lead my hand to tomorrow.
Please sing song for us forever.
For the future.

Their voice is yellow.
It is as vivid as the sun at always.
Please light up our way.
For tomorrow.

Blooming sound spreads in the sky.
Looping rhythm is glossy. Don't stop and can't stop it.

The apple is here.
Try eating. The visible number is not all!

She voice is red.
It burns sleeping soul in me.
The emotion still forces me fluctuate.
For memories.

She voice is pink.
It gently strokes my cheek like breeze.
Please stay with me like glowing moon in night.
For eternity.

Can you hear me...?

My voice is ultramarine.
I send my heart to you on this song.
I wanna save you by my songs.
For belief.

Colorful melodies across the sky.
It resonates air and reaches you.
Show me your truth. I don't want superficial words.
For you.

サカサノセカイ

サカサノセカイ

最後の時くらい わがままでいたくて
この街で一番 高い場所選んだ

その甲斐もあって 旅路は長そうだ
自由はここにある 逆さまの世界に

誇らしい 生き方じゃ 無かったよ 最後まで
苦しかった 切なかった 惨めだった 今まで
この手には 何もない 自分には 何もない
落ちてゆく どこまでも
この場所が 自分の 居場所と 思えた

ララルララルララ 今が恋しくて
思わず 笑顔が 零れ出す
ララルララルララ 解き放たれてく
逆さの 世界で この歌を
奏でよう

逆さまに映る 見慣れた街並みは
流星の様に 空から降り注ぐ

どうしても あなたには 最後まで 言えなかった
ありがとうも ごめんねも さよならも 結局
叶うなら 届けばいい この歌が 届けばいい
落ちてゆく どこまでも
風を切る 音さえ 今はもう 聞こえない
 
ララルララルララ 今が愛しくて
思わず 涙が あふれ出す
ララルララルララ 街が降り注ぐ
煌めく 世界で この歌を
紡ごう

黄昏時 斜陽の中 茜色に 輝く 君がいた

ララルララルララ  逆さの世界で
感じた 私は ここに居る
ララルララルララ ララルララルララ
この歌 贈るよ 大好きな
あなたへ

眼下に広がった 夕焼け空は遠い
旅はここで終わり
今までありがとう

--------------------------------------------------
The upside down world

I chose the tallest building because
I wanted to be selfish in the end of my life.

Thanks to that, the journey looks long.
Freedom is in the upside down world.

I couldn't be proud my life until the end.
Distressed. Sorrowed. Be miserable. Until now.
Nothing in my hand. I have nothing.
I keep on falling.
I think the upside down world is my place.

la la lu la la lu la la... This moment is fun.
I smile in spite of myself.
la la lu la la lu la la... I'll be unleashed.
Sing a song in the upside down world.

My city is upside down.
It is falling from the sky like shooting stars.

I couldn't say surely until now.
Thanks. Sorry. Good bye. And so.
I wish send you my song. Oh Jesus!
I keep on falling.
Now, I can listen to only silence.

la la lu la la lu la la... I love this world.
My eyes are filled with tears.
la la lu la la lu la la... Downpour of city.
Sing a song in the shining world.

You are in there that shines brilliantly in the sunset.

la la lu la la lu la la... In the upside down world.
I feel be here.
la la lu la la lu la la... la la lu la la lu la la...
I'll present to you this song named love.

The sunset sky spread under myself where is far away.
Journey is over in here.
I can say thanks to you now.

サカサノセカイ

サカサノセカイ

最後の時くらい わがままでいたくて
この街で一番 高い場所選んだ

その甲斐もあって 旅路は長そうだ
自由はここにある 逆さまの世界に

誇らしい 生き方じゃ 無かったよ 最後まで
苦しかった 切なかった 惨めだった 今まで
この手には 何もない 自分には 何もない
落ちてゆく どこまでも
この場所が 自分の 居場所と 思えた

ララルララルララ 今が恋しくて
思わず 笑顔が 零れ出す
ララルララルララ 解き放たれてく
逆さの 世界で この歌を
奏でよう

逆さまに映る 見慣れた街並みは
流星の様に 空から降り注ぐ

どうしても あなたには 最後まで 言えなかった
ありがとうも ごめんねも さよならも 結局
叶うなら 届けばいい この歌が 届けばいい
落ちてゆく どこまでも
風を切る 音さえ 今はもう 聞こえない
 
ララルララルララ 今が愛しくて
思わず 涙が あふれ出す
ララルララルララ 街が降り注ぐ
煌めく 世界で この歌を
紡ごう

黄昏時 斜陽の中 茜色に 輝く 君がいた

ララルララルララ  逆さの世界で
感じた 私は ここに居る
ララルララルララ ララルララルララ
この歌 贈るよ 大好きな
あなたへ

眼下に広がった 夕焼け空は遠い
旅はここで終わり
今までありがとう

--------------------------------------------------
The upside down world

I chose the tallest building because
I wanted to be selfish in the end of my life.

Thanks to that, the journey looks long.
Freedom is in the upside down world.

I couldn't be proud my life until the end.
Distressed. Sorrowed. Be miserable. Until now.
Nothing in my hand. I have nothing.
I keep on falling.
I think the upside down world is my place.

la la lu la la lu la la... This moment is fun.
I smile in spite of myself.
la la lu la la lu la la... I'll be unleashed.
Sing a song in the upside down world.

My city is upside down.
It is falling from the sky like shooting stars.

I couldn't say surely until now.
Thanks. Sorry. Good bye. And so.
I wish send you my song. Oh Jesus!
I keep on falling.
Now, I can listen to only silence.

la la lu la la lu la la... I love this world.
My eyes are filled with tears.
la la lu la la lu la la... Downpour of city.
Sing a song in the shining world.

You are in there that shines brilliantly in the sunset.

la la lu la la lu la la... In the upside down world.
I feel be here.
la la lu la la lu la la... la la lu la la lu la la...
I'll present to you this song named love.

The sunset sky spread under myself where is far away.
Journey is over in here.
I can say thanks to you now.

Another Me in the Deep

目を閉じれば感じる ヤツの息づかいと声
理性という鎖で ソイツを繋ぎ止めろ

自分に嘘は吐くな、と 嘲る破壊衝動

感情は踊る 戸惑いながら 踊る 踊る 狂うまで
本性は隠せ バレないように 隠せ 隠し続けろ

誰も みんな 心の底には
違う 自分 潜んでる

隣で微笑む君が 今はとても愛おしくて
二人でいるこの時が ずっと続けばいいのに
だけどたまに思うんだ そんな君を壊せたら

本能は誘う ニヤつきながら 誘う 誘う 果てるまで
衝動は深く 染み込んでゆく 深く 深くまでほら

いつも 見てる 心の闇から
ヤツの 声が 聞こえる

自分に嘘は吐くなと 嘲る破壊衝動

感情は踊る 戸惑いながら 踊る 踊る 狂うまで
本性は隠せ バレないように 隠せ 隠し続けろ
本能は誘う ニヤつきながら 誘う 誘う 枯れるまで
衝動は深く 染み込んでゆく 深く 深くまでほら

----------------------------------------------

I can feel voice and breath when close my eyes.
Bind it with a chain named the reason.

The urge to destroy says "Let's be honest."

Emotion is dancing while bewilderd. Dancing. Dancing. Until go crazy.
Must hide the true face. Hiding. Keep hiding.

Everyone have another me in deep of mind.

Your smile lights up my world.
I will be always close to you.
However, I think sometimes. I want to destroy you.

Instinct tempt while grinning. Tempting. Tempting. Until the finish.
The urge is deeply ingrained. Deeply. More deeply.

Be looking at me in dark of mind.
I'm hearing the voice.

The urge to destroy says "Let's be honest."

Emotion is dancing while bewilderd. Dancing. Dancing. Until go crazy.
Must hide the true face. Hiding. Keep hiding.

Instincts tempt while grinning. Tempting. Tempting. Until the finish.
The urge is deeply ingrained. Deeply. More deeply.

Another Me in the Deep

目を閉じれば感じる ヤツの息づかいと声
理性という鎖で ソイツを繋ぎ止めろ

自分に嘘は吐くな、と 嘲る破壊衝動

感情は踊る 戸惑いながら 踊る 踊る 狂うまで
本性は隠せ バレないように 隠せ 隠し続けろ

誰も みんな 心の底には
違う 自分 潜んでる

隣で微笑む君が 今はとても愛おしくて
二人でいるこの時が ずっと続けばいいのに
だけどたまに思うんだ そんな君を壊せたら

本能は誘う ニヤつきながら 誘う 誘う 果てるまで
衝動は深く 染み込んでゆく 深く 深くまでほら

いつも 見てる 心の闇から
ヤツの 声が 聞こえる

自分に嘘は吐くなと 嘲る破壊衝動

感情は踊る 戸惑いながら 踊る 踊る 狂うまで
本性は隠せ バレないように 隠せ 隠し続けろ
本能は誘う ニヤつきながら 誘う 誘う 枯れるまで
衝動は深く 染み込んでゆく 深く 深くまでほら

----------------------------------------------

I can feel voice and breath when close my eyes.
Bind it with a chain named the reason.

The urge to destroy says "Let's be honest."

Emotion is dancing while bewilderd. Dancing. Dancing. Until go crazy.
Must hide the true face. Hiding. Keep hiding.

Everyone have another me in deep of mind.

Your smile lights up my world.
I will be always close to you.
However, I think sometimes. I want to destroy you.

Instinct tempt while grinning. Tempting. Tempting. Until the finish.
The urge is deeply ingrained. Deeply. More deeply.

Be looking at me in dark of mind.
I'm hearing the voice.

The urge to destroy says "Let's be honest."

Emotion is dancing while bewilderd. Dancing. Dancing. Until go crazy.
Must hide the true face. Hiding. Keep hiding.

Instincts tempt while grinning. Tempting. Tempting. Until the finish.
The urge is deeply ingrained. Deeply. More deeply.

Thanatos

[ミク]
この手には 何もない 果てない絶望
痛みしか 感じない 硝子の心

僕は誰かに 許されたくて 彷徨っていた
胸に冷たい痛みが絡まり締め付ける

終わりを望む様な言葉が消えない
それでも 君となら
この手を君の頬に伸ばし救いを
求めた 滲む世界で

[ルカ]
立ち上がる 力だけ それさえあれば
他人なんて いらないと 言い聞かせてる

私のモノに ならないのなら
何もいらない
永久に続く鈍い苛立ちで壊れてゆく

私の頬に触れたあなたの熱い
この手は 誰のため?
今にも溢れそうな涙の粒が
悲しく 輝いていた

[ミク]
僕はここにいると必死に叫んだケモノ

[ルカ]
私がここにいるとそれに答えたケモノ

[ミク・ルカ]
痛みは また幾度も繰り返すだろう
けれども だとしても
逃げ出す勇気も素晴らしい力さ
恐れず 現実へ帰ろう

---------------------------------------------------

My hands have nothing but endless despair, so just great deal of despair.
Fragile and tender heart feels a sharp pain. It cannot get anymore other.

I'm wandering around here because I wanna be forgiven by someone in the world.
A cold pain twins around my heart and tightens hardly.

I would force out phrases that wish the end of me if I could.
I will reach for your gentle cheek.
As long as I am with you I will ask for help even
in this blurred world, just if you are here with me.

I'm persuading myself that anyone else is unneeded if it is possible to open a hard door.
Give me force to stand up.

I want nothing but you. I want all your attention. Nothing's as important as you.
Blunt and eternal irritation breaks and makes me crazy.

For who did you reach out to my cheek with your passionate hands?
Tears filled your eyes and glistened sadly. They were trembling on the eyelashes.
Let it all out in order to lead yourself.

KEMONO shouted out "I am here, I am certainly here." desperately.
KEMONO responded "I am here, I am certainly here." desperately.

This stinging pain might come up and hurt us many times over.
Even if it's true,
it is also marvelous to run away from our rails, we believe so.
Don't be afraid. Go back to the real world.

Thanatos

[ミク]
この手には 何もない 果てない絶望
痛みしか 感じない 硝子の心

僕は誰かに 許されたくて 彷徨っていた
胸に冷たい痛みが絡まり締め付ける

終わりを望む様な言葉が消えない
それでも 君となら
この手を君の頬に伸ばし救いを
求めた 滲む世界で

[ルカ]
立ち上がる 力だけ それさえあれば
他人なんて いらないと 言い聞かせてる

私のモノに ならないのなら
何もいらない
永久に続く鈍い苛立ちで壊れてゆく

私の頬に触れたあなたの熱い
この手は 誰のため?
今にも溢れそうな涙の粒が
悲しく 輝いていた

[ミク]
僕はここにいると必死に叫んだケモノ

[ルカ]
私がここにいるとそれに答えたケモノ

[ミク・ルカ]
痛みは また幾度も繰り返すだろう
けれども だとしても
逃げ出す勇気も素晴らしい力さ
恐れず 現実へ帰ろう

---------------------------------------------------

My hands have nothing but endless despair, so just great deal of despair.
Fragile and tender heart feels a sharp pain. It cannot get anymore other.

I'm wandering around here because I wanna be forgiven by someone in the world.
A cold pain twins around my heart and tightens hardly.

I would force out phrases that wish the end of me if I could.
I will reach for your gentle cheek.
As long as I am with you I will ask for help even
in this blurred world, just if you are here with me.

I'm persuading myself that anyone else is unneeded if it is possible to open a hard door.
Give me force to stand up.

I want nothing but you. I want all your attention. Nothing's as important as you.
Blunt and eternal irritation breaks and makes me crazy.

For who did you reach out to my cheek with your passionate hands?
Tears filled your eyes and glistened sadly. They were trembling on the eyelashes.
Let it all out in order to lead yourself.

KEMONO shouted out "I am here, I am certainly here." desperately.
KEMONO responded "I am here, I am certainly here." desperately.

This stinging pain might come up and hurt us many times over.
Even if it's true,
it is also marvelous to run away from our rails, we believe so.
Don't be afraid. Go back to the real world.

溺死。

揺蕩う感情
絡まる愛情

貴方に溺れてく

想いは縺れて
泪が零れる

流れてゆく流れてゆく
貴方の為流れてく
相容れない 二人の私は
互い見つめ合う

希薄で無力で
白痴で透明

貴方に溺れてく

身体は気怠く
心は蕩ける

崩れてゆく 崩れてゆく
私の空崩れてく
深く暗い貴方の瞳は
何を見つめるの?


【1】
離れたくない自分と逃れたい自分が鬩ぎ合う。膝を抱え泣きじゃくる私を冷たく見下すもう一人の私。ブルーホールの底にも似たこの現実で思うのは貴方の声と、吐息と、重さ。ただそれだけあればどんなに寒くても生きることができた。

【2】
彼は偶に「歪な影が僕を付けて来る。」と私に話してくれた。物陰や隙間に潜み、ニヤニヤと嫌らしい笑みを向けてヒソヒソと何かを囁くのだという。その影をひっそりと横目で観察するとキリキリと螺を巻く様な音がして、クルクルと首が回ったかと思えば、土留色の翅が生えてヒラヒラと宇宙を舞うこともあったという。最初は冗談かと思ったけれど、あまりにも何度も真剣に話すものだからいよいよ心配になった。周りの人間はあまり彼に関わろうとしなかったので私が守らねばと思い心を磨り減らしてみたものの、彼の憤りが消え去ることもなくただただ空の月が欠けてゆくだけだった。でもそれも仕方の無いこと。そう、言い聞かせていた。

【3】
崩れてゆく世界。小さくなっていく自我。私に私の視線が突き刺さる。今さら独りでこの地を発つのは恐怖でしかなく、どうしてこうなったのだろうという疑問は私の肩に重く伸し掛る。凍える私の耳には今、あの歪な影の囁きだけが聞こえていた。ただ静かに。そっと。

溺死。

揺蕩う感情
絡まる愛情

貴方に溺れてく

想いは縺れて
泪が零れる

流れてゆく流れてゆく
貴方の為流れてく
相容れない 二人の私は
互い見つめ合う

希薄で無力で
白痴で透明

貴方に溺れてく

身体は気怠く
心は蕩ける

崩れてゆく 崩れてゆく
私の空崩れてく
深く暗い貴方の瞳は
何を見つめるの?


【1】
離れたくない自分と逃れたい自分が鬩ぎ合う。膝を抱え泣きじゃくる私を冷たく見下すもう一人の私。ブルーホールの底にも似たこの現実で思うのは貴方の声と、吐息と、重さ。ただそれだけあればどんなに寒くても生きることができた。

【2】
彼は偶に「歪な影が僕を付けて来る。」と私に話してくれた。物陰や隙間に潜み、ニヤニヤと嫌らしい笑みを向けてヒソヒソと何かを囁くのだという。その影をひっそりと横目で観察するとキリキリと螺を巻く様な音がして、クルクルと首が回ったかと思えば、土留色の翅が生えてヒラヒラと宇宙を舞うこともあったという。最初は冗談かと思ったけれど、あまりにも何度も真剣に話すものだからいよいよ心配になった。周りの人間はあまり彼に関わろうとしなかったので私が守らねばと思い心を磨り減らしてみたものの、彼の憤りが消え去ることもなくただただ空の月が欠けてゆくだけだった。でもそれも仕方の無いこと。そう、言い聞かせていた。

【3】
崩れてゆく世界。小さくなっていく自我。私に私の視線が突き刺さる。今さら独りでこの地を発つのは恐怖でしかなく、どうしてこうなったのだろうという疑問は私の肩に重く伸し掛る。凍える私の耳には今、あの歪な影の囁きだけが聞こえていた。ただ静かに。そっと。

▲TOP