マグネタイトさん

ニコニコ動画に投稿した楽曲のマイリスはこちら→http://www.nicovideo.jp/mylist/11589795

関連する動画

金木犀

[Aメロ1]
幸せそうな 笑顔浮かべ
指絡ませ 歩く遊歩道
遠くからただ 眺めるだけの 現実が
喉元を 締め上げ 歪ませる


[Bメロ1]
あの日君が 乗った観覧車
見上げる しかできなくて
頂上に 着いた瞬間
怖くなって 逃げ出した


[サビ1]
僕のほうが好きなのに
君の事が好きなのに
どうして隣りに行けないんだろうか
壊れてしまえばいいと
付け入る隙が欲しいと
思えたら少しは楽になれたかな


[Aメロ2]
偶然見付け 声を掛けた
振り向く顔 微笑み曇らせ
「何でもないよ」 掠れる声で 俯いた
僕の胸 何故だか 苦しくて


[Bメロ2]
頬伝う ダレかへの愛に
伸びる手 行き場失う
拭いたい でも拭えない
唇から 血が滲む


[サビ2]
僕のほうが幸せに
君の事を幸せに
どうして抱き寄せられないんだろうか
こんな顔は見たくない
望んだ未来は違う
心を壊して君への花道に


[Bメロ3]
好きだって言えたらすっきり
するのかもしれないけど
濡れたハンカチ見たら
この気持ちは邪魔で...

(だから僕は)
背中押すよ


[大サビ]
僕の事は気にしない
君の事を想うだけ
どうして引き止めなかったんだろうか
後悔ならいくらでも
涙で洗い流すよ
遠くから君の幸せ祈るから


---------------ひらがな表記--------------------


しあわせそうなえがおうかべ
ゆびからませあるくゆうほどう
とおくからただながめるだけのげんじつが
のどもとをしめあげゆがませる


あのひきみがのったかんらんしゃ
あげるしかできなくて
ちょうじょうについたしゅんかん
こわくなってにげだした


ぼくのほうがすきなのに
きみのことがすきなのに
どうしてとなりにいけないんだろうか
こわれてしまえばいいと
つけいるすきがほしいと
おもえたらすこしはらくになれたかな


ぐうぜんみつけこえをかけた
ふりむくかおほほえみくもらせ
なんでもないよかすれるこえでうつむいた
ぼくのむねなぜだかくるしくて


ほほつたうだれかへのあいに
のびるていきばうしなう
ぬぐいたいでもぬぐえない
くちびるからちがにじむ


ぼくのほうがしあわせに
きみのことをしあわせに
どうしてだきよせられないんだろうか
こんなかおはみたくない
のぞんだみらいはちがう
こころをこわしてきみへのはなみちに


すきだっていえたらすっきり
するのかもしれないけど
ぬれたはんかちみたら
このきもちはじゃまで

だからぼくは
せなかおすよ


ぼくのことはきにしない
きみのことをおもうだけ
どうしてひきとめなかったんだろうか
こうかいならいくらでも
なみだであらいながすよ
とおくからきみのしあわせいのるから

戦乙女への追憶【決定】

1-A
濃霧の中 佇む影
寂しさ湛えた 少女の様

1-B
ヴァルキリア 死者の魂導く者
ただ明日の 平和を願った魂を

1-S
気高く散った命を
なぜあなたは 揺さぶり起こす
もし世界に 神がいるのなら
永遠の眠りを

2-A
空の月が 紅に染まる
返り血に濡れた 野薔薇の様

2-B
ヴァルキリア 死者にまた死を与えるのか
この魂 神に捧げた気もないのに

2-S
儚く消えた命に
なぜあなたは また火を灯す
もし世界に 神がいるのなら
永遠の憩いを

脆くも消えた命を
なぜ静かに 土に還さん
もし世界に 神がいるのなら
永遠の眠りを



--------------------------

のうむのなか たたずむかげ
さびしさたたえた しょうじょのよう

ヴァルキリア ししゃのたましいみちびくもの
ただあすの へいわをねがったたましいを

けだかくちったいのちを
なあなたは ゆさぶりおこす
もしせかいに かみがいるのなら
とわのねむりを

そらのつきが あかにそまる
かえりちにぬれた のばらのよう

ヴァルキリア ししゃにまたしをあたえるのか
このたましい かみにささげたきもないのに

はかなくきえたいのちに
なぜあなたは またひをともす
もしせかいに かみがいるのなら
とわのいこいを

もろくもきえたいのちを
なぜしずかに つちにかえさん
もしせかいに かみがいるのなら
とわのねむりを

片翼の鳥

言の葉と歌う声から
君への想いがあふれて
今はまだ片翼の鳥
いつかきっと空を
越えてゆけるから

(間奏)

誰かの重荷には
なりたくないと
震える細い肩
静かに抱き寄せた

小さなその両手に
抱え切れないとき
僕に少し渡して
ふたり倒れないように

言の葉と歌う声から
君への想いがあふれて
殻の中動けなくても
いつかきっと風を
掴む日が来る

(間奏)

朝露に消える
蜃気楼のように
ふたり過ごした日々
思い出にしないで

唇寄せた頬
雫光るピアス
あの日の空と同じ
深いコバルトブルー

(間奏)

欠けた翼
まだ痛むけれど
そばにおいで
共に生きてゆこう

(間奏)

繋がった星を数えて
君は少し笑ったね
今はまだ片翼の鳥
いつかきっと空を
越えてゆけるから



=======================================================
↓フリガナ版↓ ※( )の音は前の1音にちょっと付く感じ。


[サビ]
ことのはとうたうこえから
きみえのおもいがあふれて
いまわまだかたよくのとり
いつかきいとそらお
こえてゆけ(る)から

(間奏)

[Aメロ]
だれかのおもに
にわなりたくないと
ふるえるほそいかた
しずかにだきよせた

[Bメロ]
ちいさなそのりょてに
かかえきれないとき
ぼくにすこしわたして
ふたりたおれないよに

[サビ]
ことのはとうたうこえから
きみえのおもいがあふれて
からのなかうごけなくても
いつかきいとかぜお
つかむひがくる

(間奏)

[Aメロ]
あさつゆにきえ(る)
しんきろおのよおに
ふたりすごしたひび
おもいでにしないで

[Bメロ]
くちびるよせたほお
しずくひかるぴあす
あのひのそらとおなじ
ふかいこばるとぶるう

(間奏)

[Cメロ]
かけたつばさ
まだいたむけれど
そばにおいで
ともにいきてゆこ

(間奏)

[サビ]
つながあたほしおかぞえて
きいみはすこしわらあたね
いまわまだかたよくのとり
いつかきいとそらお
こえてゆけ(る)から

【動画完成】 始まる世界 【社会人コラボより】

光る扉を開いて 始まる世界へ踏み出す
夢の見果てぬ後先 手を伸ばし 駆け出してゆく


街のネオンが笑う 午前二時の現実 
窓に映る男は 物足りない顔して 
本当に欲しいもの 胸を焦がす衝動 
置き去りにした今も そこかしこ探してる 

錆びた扉を開いて 見知らぬ世界へ踏み出す
夢の続きが欲しけりゃ 手を伸ばし 駆け出してゆく


迷わず飛んでいった 君のようじゃなくても 
恐る恐るの一歩 消えない誇りになる

明日の扉を開いて 白紙の未来へはみ出す
何も持たない自分で 手を伸ばし 駆け出してゆく


光る扉を開いて 始まる世界へ踏み出す
夢の見果てぬ後先 手を伸ばし 駆け出してゆく


<ふりがな>

サビ
ひかるとびらをひらいて はじまるせかいへふみだす
ゆめのみはてぬあとさき てをのばしかけだしてゆく

1-A
まちのねおんがわらう ごぜんにじのげんじつ 
まどにうつるおとこは ものたりないかおして

2-A
ほんとうにほしいもの むねをこがすしょうどう 
おきざりにしたいまも そこかしこさがしてる

サビ
さびたとびらをひらいて みしらぬせかいへふみだす
ゆめのつづきがほしけりゃ てをのばしかけだしてゆく

2-A
まよわずとんでいった きみのようじゃなくても 
おそるおそるのいっぽ きえないほこりになる

サビ
あすのとびらをひらいて はくしのみらいへはみだす
なにももたないじぶんで てをのばしかけだしてゆく

サビ
ひかるとびらをひらいて はじまるせかいへふみだす
ゆめのみはてぬあとさき てをのばしかけだしてゆく

【動画完成】 始まる世界 【社会人コラボより】

光る扉を開いて 始まる世界へ踏み出す
夢の見果てぬ後先 手を伸ばし 駆け出してゆく


街のネオンが笑う 午前二時の現実 
窓に映る男は 物足りない顔して 
本当に欲しいもの 胸を焦がす衝動 
置き去りにした今も そこかしこ探してる 

錆びた扉を開いて 見知らぬ世界へ踏み出す
夢の続きが欲しけりゃ 手を伸ばし 駆け出してゆく


迷わず飛んでいった 君のようじゃなくても 
恐る恐るの一歩 消えない誇りになる

明日の扉を開いて 白紙の未来へはみ出す
何も持たない自分で 手を伸ばし 駆け出してゆく


光る扉を開いて 始まる世界へ踏み出す
夢の見果てぬ後先 手を伸ばし 駆け出してゆく


<ふりがな>

サビ
ひかるとびらをひらいて はじまるせかいへふみだす
ゆめのみはてぬあとさき てをのばしかけだしてゆく

1-A
まちのねおんがわらう ごぜんにじのげんじつ 
まどにうつるおとこは ものたりないかおして

2-A
ほんとうにほしいもの むねをこがすしょうどう 
おきざりにしたいまも そこかしこさがしてる

サビ
さびたとびらをひらいて みしらぬせかいへふみだす
ゆめのつづきがほしけりゃ てをのばしかけだしてゆく

2-A
まよわずとんでいった きみのようじゃなくても 
おそるおそるのいっぽ きえないほこりになる

サビ
あすのとびらをひらいて はくしのみらいへはみだす
なにももたないじぶんで てをのばしかけだしてゆく

サビ
ひかるとびらをひらいて はじまるせかいへふみだす
ゆめのみはてぬあとさき てをのばしかけだしてゆく

▲TOP