わんこそばさん

イラストと漫画と3Dモデリングで活動している盛丘わんこそばです。

関連する動画

it's over

夜の淵に立たされながら
静けさの闇に目を閉じる
せめて短い夢の中では
思い出さずにすむように

バラバラになった悲しみが
パズルのかけらたちみたいね
拾って並べたって 馬鹿ね
もう元に戻らないのに

笑って泣いてその手を
繋いでいられたら
それだけで幸せだったと
今頃誤魔化さないで
過去を嘘を包める
ほどに強くない
目隠し鬼できるほど
子供でもないのよ

せわしなく続く毎日の
たとえばお気に入りの歌に
溶かすコーヒーシュガーの数に
傷が疼くことがあるわ

我儘ならかわいいけれど
癇癪ならあやしたけれど
あのまま行末には愛はなく
とても選べなかった

縋って泣いたその手を
温められないわ
与えるだけ与えたけれど
ママになんてなれないの
緩く縛る指輪を
涙で濡らせば
絡みつくのは幻想
決してこない「いつか」

触って確かめてた輪郭でさえ
ため息ひとつで揺らいだわ
そうねきっと
上手くいくはずない
関係だったのね it's over…

夜の淵に佇みながら
グラスへと思い出を注ぎ
朝が来る前には飲み干して
明日は忘れられるように

せわしなく続く毎日の
隙間にもう振り返らない
悔いることなんて何ひとつない
前へ行くだけ

☆☆☆

よるのふちにたたされながら
しずけさのやみにめをとじる
せめてみじかいゆめのなかでは
おもいださずにすむように

ばらばらになったかなしみが
ぱずるのかけらたちみたいね
ひろってならべたって ばかね
もう もとにもどらないのに

わらってないてそのてを
つないでいられたら
それだけでしあわせだったと
いまごろごまかさないで
かこをうそをつつめる
ほどにつよくない
めかくしおにできるほど
こどもでもないのよ

せわしなくつづくまいにちの
たとえばおきにいりのうたに
とかすこーひーしゅがーのかずに
きずがうずくことがあるわ

わがままならかわいいけれど
かんしゃくならあやしたけれど
あのままゆくすえにはあいはなく
とてもえらべなかった

すがってないたそのてを
あたためられないわ
あたえるだけあたえたけれど
ままになんてなれないの
ゆるくしばるゆびわを
なみだでぬらせば
からみつくのはげんそう
けっしてこない「いつか」

さわってたしかめてたかたちでさえ
ためいきひとつでゆらいだわ
そうねきっと
うまくいくはずない
かんけいだったのね いっつおばー

よるのふちにたたずみながら
ぐらすへとおもいでをそそぎ
あさがくるまえにはのみほして
あすはわすれられるように

せわしなくつづくまいにちの
すきまにもうふりかえらない
くいることなんてなにひとつない
まえへいくだけ

▲TOP