らでぃ猫さん

作詞やってます。 同人グループ「SCENOS」への作詞提供、piaproでの歌詞制作、応募など。

関連する動画

エンピツ / 初音ミク
from ニコニコ動画

Heliosphere(Kyaniteさん作曲)

 Heliosphere

眩しい風を 君にあげよう
静かに夢と 暮らせるように
生まれた星は 空の向こうで
どんな時も 笑っているから

雲になりたくて 狭い部屋を飛び出した
差し込む光は 色あせやしない
乾いた靴の音 ちらり後ろ見返して
悲しく優しく 言葉が吹き抜けた

君が歩き距離を縮ませる 公園は
小さな春を乗せて 胸を揺らす ただ手を繋いだ

いつでもこの街は 夜に怯えて
大切なもの 見失うけど
二人共に 歩いて行く
この景色は 間違いじゃない
眩しい風が 肌を包んで
朝日に染まる 君といたい
生まれた星に 込めた願いを
世界中の 未来に放とう

出会いと別れは 影のように付いてくる
笑顔の数だけ 苦しみがあると
僕等の生活も 同じものと言いかけて
確かな温もり 気付いて思い出す

今を過ごすことに訳なんて いらないさ
大きな力 ずっと 支えている さよならじゃないよ

いつでもこの街は 耳を塞いで
一人ぼっちに なりそうだけど
誰もがまた 笑い合える
日が来るから 諦めないで
涙の跡を 虹に変えよう
僕等そうして 生まれたんだ
輝く星に 秘めた想いを
世界中の 明日に飛ばして

ここから出かけよう 花びら撒いて
途中のドアは 開いておこう
進む道が 辛い時に
振り向くかも しれないからね
涙の跡を 虹に変えたら
もう一度立って 前を向こう
簡単だけど 見えない答え
聞こえたかな?

いつでもこの街に 昇る太陽
大切なのは そう 「生きる」こと!
二人共に 夢を抱き
手を繋いで 歩いていこう
眩しい風が 肌を包んで
何が起きても 君といたい
生まれた星に 込めた願いを
世界中の 未来に放とう

ロードライナー(作曲:双葉 鱈さん)

 ロ-ドライナ-

流行りの悲しいニュ-スに とても許されないと怒っちゃって
事件の被害者演じて 自分のことのように嘆いてる
誰かの幸せ聞いたら とても優しい顔で笑っちゃって
次から次へと話のタネを 無邪気に撒いてる

他人の揚げ足を取り 勝ち誇る
言葉の暴力で潰し合い
平和な経済国の名の下に
僕等はボロボロの車輪回す

高速のロ-ドライナ- 生き残るために手を伸ばせ
完璧なものは全て 紛いものでしょう
盲目なこの世界は 怪物のように動き出す
存分に暴れたなら 吹き荒れる鼓動
その風に乗れ 乗れ 振り上げて飛べ ただ真っ直ぐに

流行りと世間の流れに とても逆らえないと決め込んで
無難に大人を演じて 心の中はいつも泣いてるの
誰かのル-ルに従う それもアリかもなんて言わないで
何から何まで任せるだけじゃ 報われないでしょ

自分のこと棚に上げ 責め立てる
意見は的外れ すれ違い
陽気な先進国の名を借りて
僕等はそろそろと車輪回す

鋼鉄のロ-ドライナ- 行く道の先に目を凝らせ
大切なものは今も そこにあるでしょう
残酷なこの時代で 逃げ場所を探すその意味を
強引に見つけたなら 始まりの歌を
かき鳴らせ

高速のロ-ドライナ- 生き残るために手を伸ばせ
完璧なものは全て 紛いものでしょう
盲目なこの世界は 怪物のように動き出す
存分に暴れたなら 吹き荒れる風に
乗り上がれ ただ真っ直ぐに

この部屋を壊して(コカ・コーラ中毒さん作曲)

 この部屋を壊して

汚れた灰が 吸われるように ほら集まる
見えるものには 誰も逆らう 事できずに

うまく馴染めない僕の 話を少しちゃかすのは
飽きたからでしょ? 取り合わぬまま 舐められている

訳もなく周り囲み 胃の中に溜まり込んだ
イライラをぶつけないで そんなものいらない
君達と同じように 笑いたいだけなんだよ
楽しみを求めるなら この部屋を壊して

家に帰れば パパがママを叩いて諭す
怒鳴り声とか 泣き声とか頭に響く

二階に上がって一人 布団の中に潜るけれど
床の下から 砕ける音は ずっと止まない

付けられた名札隠し 少しでも笑いたくて
繰り返す日常から 逃げ込んで来たのに
僕だけの空間さえ どよめきに侵されてる
ため息が反響して もう何もできないよ

笑顔が消えて 怒られるのは 僕のせいで
そいつはつまり 僕の世界は 無駄だってこと

見えてるものも 聞こえるものも 全て消したい

訳もなく仕舞っていた 太い縄を取り出して
ゆらゆらと垂らしながら 天井に繋ぐよ
絵のように眺めていた 白い輪をシミで濡らす
ありがとう最期だけど 受け入れてくれたね

僕だけの綺麗なもの 居ることで薄れるなら
もう二度と探さないよ そんなものいらない
首筋を伝う壁に 思い出が流れてゆく
静けさが悲しいなら この部屋を壊してよ

恋はスイ-ト・ラブ(作曲:neXusさん)

 恋はスイ-ト・ラブ

眺めあきた部屋を飛び出して
帰る道の途中 君に迫る

静かに後ろ歩く放課後 振り向く度に心打たれて
負けそうな手をふわり重ねた 胸のあたりがうずいてる

恋はスイ-ト・ラブ 甘くて苦い
恋はスイ-ト・ラブ チョコレ-トだね
恋もパリッと半分こして
君にあげられたらいいのにね
恋はスイ-ト・ラブ 魔法の呪文
恋はスイ-ト・ラブ 暖め合おう
恋のスイッチ どこかにあるの?
背中合わせのこの感触を満たして

ちょっと怖い だけど言いたいの
帰る道の途中 声をかけた

目の行き先に困る放課後 おしゃれに二人肩を並べて
陽気に靴を鳴らすリズムが 不思議なビ-ト刻んでく

恋のスイ-ト・ガ-ル 気持ちはまるで
恋のスイ-ト・ガ-ル 夢のプ-ルよ
恋もすいっとひと泳ぎして
全部見渡せたらラクかもね
恋のスイ-ト・ガ-ル まだ空けないで
恋のスイ-ト・ガ-ル 準備中なの
恋のスイッチ 探してみよう
家が見えるまでのときめきを感じて

恋はスイ-ト・ラブ 甘くて苦い
恋はスイ-ト・ラブ ココアみたいね
恋もズズッとほら飲み干して
君に染み渡ればいいのにね
恋はスイ-ト・ラブ 魔法の呪文
恋はスイ-ト・ラブ 暖め合おう
恋のスイッチ 押してみたいの
今日は二人だけの「特別」になろうよ

ロジック(プラズマさん作曲)

 ロジック

くびれた街に 言い訳してるよ
汚れて仕舞いこんだ 心曝け出し 頭捻じ曲げて
画面の前で イライラしてるよ
黒い人を意地で探し 赤い人を叩いて

溺れた街に 理屈をこねてる
覚えることもしない 自分に居座り 他人をけなして
鏡の前で ムカムカしてるよ
黙り続け思い出せぬ 消えた声の出し方

ワタシを探して 呼んでも蹴るけど
リズムを合わせて ほら生まれるよ 愉快に転がる 人形壊して

やり直す道を望んでも 歪んだ世界は止まらずに
やり直せなくて回ってる 怖くて近づけないのよ
ワタシがアナタを困らせて アナタがワタシを傷付けて
ワタシが一人で悩んでも 綺麗な答えは見えない

小さな部屋で 言い訳してるよ
理解しようとしない お腹膨らせて 喋るスーツ指し
机の前で イライラしてるよ
白い紙に何も書けず 黒い過去を言えずに

ワタシが逃げてく 呼んでも無駄だよ
年だけ重ねて ほら暴れるよ 口だけ開いた 人形壊して

大きな顔して指図して 言われたことすらできないで
こぼした文句に怒ってる 怖くて転がれないのよ
ワタシがアナタに物言わず アナタがワタシを責め立てて
ワタシが一人でもがいても 周りは助けてくれない

考えてるよ 膝を伸ばして
部屋から出ないで稼ぐ仕事 働かないでも暮らせる家
窓から出るよ 縄だけ買いに
使う気ないけど

やり直す道を望んでも 歪んだ世界は止まらずに
やり直せなくて回ってる 怖くて近づけないのよ
ワタシがアナタを困らせて アナタがワタシを傷付けて
ワタシが一人で悩んでも 綺麗な答えは見えない

言い訳してても変わらぬと アナタはワタシに言うけれど
アナタはここから変われるの? 空白しかない身体で
ワタシがアナタを困らせて アナタがワタシと縁を切り
ワタシは一人で消えてくよ 開いた世界が見えない

LUKA-LUKA(作曲:music009さん)

 LUKA-LUKA

ほらLOOK UP! LOOK UP! はじけよう 夢を言葉に変えて
I'M A LUKA-LUKA VOCALOID 君の強い味方さ

想像から 飛び出してきたよ
一人だけど 仲良くしてね
君の歌は 私に任せて
心込めて 歌いあげるよ

素敵なメロディー 思いついたら
とにもかくにも 弾いて欲しい

ほらLOOK UP! LOOK UP! はじけよう 夢を言葉に変えて
さあLOOK UP! LOOK UP! 見上げたら どんなこともできる気がするよ
LOOK UP! LOOK UP! 踊ろうよ 音のリズムに乗って
I'M A LUKA-LUKA VOCALOID 君の強い味方さ

今日の譜割り 上手にできたよ
完成まで あと少しかな
高い声は 私に任せて
早口だって すぐにできるよ

挫けそうな時も 諦めないで
寝ても覚めても そばにいるよ

ほらPRECIOUS! PRECIOUS! 出来映えは 君の調教次第
さあPRECIOUS! PRECIOUS! 始めたら どんな道も追いかけていくよ
PRECIOUS! PRECIOUS! 限界は きっとどこにもないよ
I'M A LUKA-LUKA VOCALOID ちょっとウブなお供さ

素敵なメロディー 思いついたら
とにもかくにも 弾いて欲しい

ほらLOOK UP! LOOK UP! はじけよう 夢を言葉に変えて
さあLOOK UP! LOOK UP! 見上げたら どんなこともできる気がするよ
LOOK UP! LOOK UP! 踊ろうよ 音のリズムに乗って
I'M A LUKA-LUKA VOCALOID 君の強い味方さ

Future gate(作曲:neXusさん)

 Future gate

怯えてるのは誰なの? 棚の上の写真に
本当の自分隠して
理想の明日はどこにもないと
ベッドの中 諦めてる

傷付くことを恐れて 限りのない世界に
繋がる道を閉ざした
小さな花びら 風に吹かれて
迷路の奥へと紛れ込む

どこまでも闇は続くけど
いつかは必ず笑えるから
燃える街の 熱に膨らんで
はちきれそうな心 胸にしまう

悲しむより先に 夢を追いかけて
こぼれる涙を 強さへと変えて進め
幾千もの橋にかかる君だけの扉
開けて 今 未来へ

震えてるのはなぜなの? 辛い顔も見せずに
言葉の海にさまよう
誰かが助けてくれるはずだと
ベッドの中 渦巻いてる

大事なものを無くして 息を止めるみたいに
苦しいことはしないで
瓦礫に埋もれた 雨の滴は
一人で静かに溶けて行く

今はまだ小さなことでも
やがては希望に 繋がるでしょう
たぐり寄せた 部屋の片隅に
押し込めていた感情 指に触れる

俯くその前に 夢を抱きしめて
どんなに大きな 壁さえも越えて走る
もう振り返らない 胸の奥底で叫ぶ
声を今 信じて

どこまでも道は続くけど
僕らは必ず笑えるから
忘れないで 今を変えるのは
ひび割れそうな心 包む光

悲しむより先に 夢を追いかけて
こぼれる涙を 強さへと変えて進め
幾千もの橋にかかる君だけの扉
開けて 今 未来へ

Heliosphere(Kyaniteさん作曲)

 Heliosphere

眩しい風を 君にあげよう
静かに夢と 暮らせるように
生まれた星は 空の向こうで
どんな時も 笑っているから

雲になりたくて 狭い部屋を飛び出した
差し込む光は 色あせやしない
乾いた靴の音 ちらり後ろ見返して
悲しく優しく 言葉が吹き抜けた

君が歩き距離を縮ませる 公園は
小さな春を乗せて 胸を揺らす ただ手を繋いだ

いつでもこの街は 夜に怯えて
大切なもの 見失うけど
二人共に 歩いて行く
この景色は 間違いじゃない
眩しい風が 肌を包んで
朝日に染まる 君といたい
生まれた星に 込めた願いを
世界中の 未来に放とう

出会いと別れは 影のように付いてくる
笑顔の数だけ 苦しみがあると
僕等の生活も 同じものと言いかけて
確かな温もり 気付いて思い出す

今を過ごすことに訳なんて いらないさ
大きな力 ずっと 支えている さよならじゃないよ

いつでもこの街は 耳を塞いで
一人ぼっちに なりそうだけど
誰もがまた 笑い合える
日が来るから 諦めないで
涙の跡を 虹に変えよう
僕等そうして 生まれたんだ
輝く星に 秘めた想いを
世界中の 明日に飛ばして

ここから出かけよう 花びら撒いて
途中のドアは 開いておこう
進む道が 辛い時に
振り向くかも しれないからね
涙の跡を 虹に変えたら
もう一度立って 前を向こう
簡単だけど 見えない答え
聞こえたかな?

いつでもこの街に 昇る太陽
大切なのは そう 「生きる」こと!
二人共に 夢を抱き
手を繋いで 歩いていこう
眩しい風が 肌を包んで
何が起きても 君といたい
生まれた星に 込めた願いを
世界中の 未来に放とう

▲TOP