関連する動画

KickMySelf【オリジナル】
from ニコニコ動画

Kick Myself

A1
You know? I said "The world is too wide for me yet" at that time
Maybe that is a MONSTER born of my cowardly ego
I knew he is impossible for me and threw to you
Really that is just for you my jealous, huh?

B1
There are a lot of mud behind me,
because I ran over to the force in maximum
But I want you to be muddy and to get dirty with me
and run over and run over and run forever as we can

C1
Always selfish and be crazy like a child, it's about me
Please forgive me like this, please, please!
You give me always affection and incredible kindness, overflowing
so I guess I was spoiled for you, carelessly
Okay, I will kick the past myself

A2
You know? I said "The world is too fast for you yet" at that day
Probably that is a PHANTOM born of my anxiety
Someday you'll not reach my somewhere I went far away
such idea caught me up and crushed me

B2
There are a lot of mud behind me,
because take off over to the force in maximum
But You will not be able to fly together with me
so better and better and better do not you?

C2
No matter how hard you are feeling, I did not notice it
Did I stay with you why I could not that oh no...
You give me always smiling to me but I didn't understand about you anything
so I can not bear to think myself as unreliable
Okay, I will kick the past myself

D
Can you swear to me never make her cry again?
Can you say that continue to fight forever
Hey you! Look straight, admitting your own weakness!
Have the resolution to dedicate yourself for her

C3
If you can not!!
Always selfish and be crazy like a child, it's about me
Please forgive me like this, please, please!
You give me always affection and incredible kindness, overflowing
so I guess I was spoiled for you, carelessly
Okay, clench your teeth yourself, with my right hand I clasped
I will hit the past myself



和訳

A1
僕があの時「この世界は広すぎる」と言ったことを知っているかい
たぶんあれは僕の臆病な自我が生んだ怪物だ
僕は彼が自分の手に負えないと知って君に投げ出したんだ
ホントはあれは僕の嫉妬だ

B1
力任せに走ったから
僕の後ろは泥だらけ
だけど君には一緒になって泥まみれになって
ずっと走ってほしかったんだ

C1
いつだって自分勝手で子供のように走り回る、そう僕のことだ
こんな僕を許してくれよ、お願いだから
君は僕にいつでも愛情と信じられないほどの優しさをくれる、溢れそうなくらい
だから僕はついつい君に甘えてしまっていたんだね
過去の自分を蹴っ飛ばすよ

A2
僕があの日「君はこの世界に追いつけない」と言ったのを知っているかい
たぶんあれは僕の不安が生んだ亡霊だ
いつか君が僕の手の届かないどこか遠くへ行ってしまうんじゃないか
そんな考えが僕をかきたてて押しつぶしたんだ

B2
力任せに走ったから
僕の後ろは泥だらけ
だけど君だって一緒に
上手くは飛べないだろう

C2
どんなに君が辛くても僕は気づいていなかった
そばにいたのにどうしてできなかったんだ
君はいつも笑ってくれた僕が君のことを全然理解していなかったのに
だから僕は自分が不甲斐なくて耐えられない
過去の自分を蹴っ飛ばすよ

D
もう二度と彼女を泣かせないと誓えるかい
永遠に戦い続けると言えるかい
なあ、前を見て、自分の弱さを認めろ
彼女のためにこの身を捧げる覚悟を持て

C3
できないのなら!
いつだって自分勝手で子供のように走り回る、そう僕のことだ
こんな僕を許してくれよ、お願いだから
君は僕にいつでも愛情と信じられないほどの優しさをくれる、溢れそうなくらい
だから僕はついつい君に甘えてしまっていたんだね
歯を食いしばれよ、握りしめた右手で
過去の自分を殴るよ

TRUST EXAMINATION

宇宙に見えた煌き 希望繋ぐけれど
現実襲う恐怖で 動く術もなくて

あの日交わした約束 胸の奥で疼いてる
孤独な夜乗り越えて 未来を貫くわ

TRUST MY LOVE EXAMINATION
夢に見た戦慄が
ここで襲ってきても
絆を信じたい
TRUST MY LOVE EXAMINATION
試される情熱が
いつか時を超えてゆく
君を救いたいから…


地球の影に隠れた 壊れ崩れる生命
運命感じるままに 身を委ねてたけど

今も響いた鼓動が “星空の歴史”の隅で燻る
自分に嘘は吐けない 未来を掴み取れ!

TRUST MY LOVE EXAMINATION
夢で見た続きへと
愛の段階踏んで
孤独を引き裂いて
TRUST MY LOVE EXAMINATION
許される真実が
涙流し創造へ
君と紡ぎたいから…


あの日交わした約束 胸の奥で疼いてる
孤独な夜乗り越えて 未来を貫くわ

TRUST MY LOVE EXAMINATION
夢に見た戦慄が
ここで襲ってきても
絆を信じたい
TRUST MY LOVE EXAMINATION
試される情熱が
いつか時を超えてゆく
君を救いたいから…


(読み)
(C'サビ)省略

そらにみえたきらめき きぼうつなぐけれど
げんじつおそうきょうふで うごくすべもなくて

あのひかわしたやくそく むねのおくでうずいてる
こどくなよるのりこえて みらいをつらぬくわ

とらすと まい らぶ いぐざみねいしょん
ゆめにみたせんりつが
ここでおそってきても
きずなをしんじたい
とらすと まい らぶ いぐざみねいしょん
ためされるじょうねつが
いつかときをこえてゆく
きみをすくいたいから


ほしのかげにかくれた こわれくずれるもの
うんめーかんじるままに みをゆだねてたけど

いまもひびいたこどうが “きおく”のすみでくすぶる
じぶんにうそはつけない みらいをつかみとれ

とらすと まい らぶ いぐざみねいしょん
ゆめでみたつづきへと
あいのすてっぷふんで
こどくをひきさいて
とらすと まい らぶ いぐざみねいしょん
ゆるされるしんじつが
なみだながしそうぞうへ
きみとつむぎたいから

(1番と同じため以下省略)

IRO

1A
水面に移ろう色 君と僕の
明日を占う色 夢と現

1B
暗闇溶かして

1A'
春風花弁舞う 季節が来て
出会いと別れの時 背中合わせ
何処かで誰かが言う デジャヴュまみれ
言葉の行進さえ 意味を成さず

1S
星の数だけ 空の色も変わって
君の瞳も カラフルになっていくの
身を乗り出して 覗き込んだ世界は
僕ら望んだ 星の色をしてるかな

2A
ガラスに煌めく音 時と人の
未来を囁く音 街を揺らし
何処かで誰かが見る ジャメヴュまみれ
コンクリ道路でさえ 足踏みして

2S
人の数だけ 影の色もあるだろ
月は一言 声に出さず呟く
耳に届かぬ 振りを返し帰ろう
君は頷き 僕を押して歩きだす

3S
星の数だけ 空の色も変わって
君の瞳も カラフルになっていった
身を乗り出して 覗き込んだ世界に
僕ら望んだ 星の色はあるのかな




ひらがな

1A
みなもに うつろう いろ
きみとぼくの
あしたを うらなう いろ
ゆめとうつつ

1B
くらやみ とかして

1A'
はるかぜ はらびら まう
きせつがきて
であいと わかれの とき
せなかあわせ
どこかで だれかが いう
でじゃヴゅまみれ
ことばの こうしん さえ
いみをなさず

1S
ほしの かずだけ
そらの いろも かわって
きみの ひとみも
からふ るになっ ていくの
みをの りだして
のぞき こんだ せかいは
ぼくら のぞんだ
ほしの いろを してるかな

2A
がらすに きらめく おと
ときとひとの
みらいを ささやく おと
まちをゆらし
どこかで だれかが みる
じゃめヴゅまみれ
こんくり どうろで さえ
あしぶみして

2S
ひとの かずだけ
かげの いろも あるだろ
つきは ひとこと
こえに ださず つぶやく
みみに とどかぬ
ふりを かえし かえろう
きみは うなずき
ぼくを おして あるきだす

3S
ほしの かずだけ
そらの いろも かわって
きみの ひとみも
からふ るになっ ていった
みをの りだして
のぞき こんだ せかいに
ぼくら のぞんだ
ほしの いろは あるのかな

トラワレノアイ

A1
もうやめて時を止めて
零す涙巻き戻して
痛み消えたけど
嗚呼君はさよならさえ
傷つくのが怖いからと
言えず迷うのね

B1
見つめた先に
何かが見えるの
広い世界の果てで叫ぶのは誰
トラワレノアイ

C1
時を超えて時を超えて
まだ巡り続ける
引き出しの奥に仕舞い込んだ
あの思い出さえ
時を超えて時を超えて
まだ走り続ける
ラッピングごと破り捨てた
この感情さえ
闇を切り開いて

A2
ねえどこで踏み外した
ひとつひとつ振り返って
影を辿るけど
嗚呼まるで青空さえ
ひとりひとり見下しては
吐息漏らすようね

B2
午前零時の
鐘の音が鳴るの
いつまでも続くと勘違いの夜
トラワレノアイ

C2
我に続け我に続け
まだ負けてはいない
挫折と逃避の先待つのは
ただ絶望だけ
我に続け我に続け
まだ逃げてはいない
最後の一人になる時まで
目を逸らせないから
誇り振りかざして

D
深層心理拘置施設
執行の時は近づいてる

B3
時間は僕を
赦してくれない
広い世界の央で叫ぶのは誰
トラワレノアイ

C3
我に続け我に続け
また巡り続ける
引き出しの奥に仕舞い込んだ
あの思い出さえ
我に続け我に続け
また走り続ける
暗闇の色染め上げられた
この感情さえ
僕が飲み干すから




ひらがな

A1
も(う)やめてときをとめて
こぼすなみだまきもどして
いたみきえたけど
あ(あ)きみはさよならさえ
きずつくのがこわいからと
いえずまようのね

B1
みつめたさきに
なにかがみえるの
ひろいせかいのはてでさけぶのはだれ
とらわれのあい

C1
ときをこえてときをこえて
まだめぐりつづける
ひきだしのおくにしまいこんだ
あのおもいでさえ
ときをこえてときをこえて
まだはしりつづける
らっぴんぐごとやぶりすてた
このかんじょうさえ
やみをきりひらいて

A2
ね(え)どこでふみはずした
ひとつひとつふりかえって
かげをたどるけど
あ(あ)まるであおぞらさえ
ひとりひとりみくだしては
といきもらすよ(う)ね

B2
ごぜんれいじの
かねのねがなるの
いつまでもつづくとかんちがいのよる
とらわれのあい

C2
われにつづけわれにつづけ
まだまけてはいない
ざせつととうひのさきまつのは
ただぜつぼうだけ
われにつづけわれにつづけ
まだにげてはいない
さいごのひとりになるときまで
めをそらせないから
ほこりふりかざして

D
しんそうしんりこうちしせつ
しっこうのときはちかづいてる

B3
じかんはぼくを
ゆるしてくれない
ひろいせかいのなかでさけぶのはだれ
とらわれのあい

C3
われにつづけわれにつづけ
まためぐりつづける
ひきだしのおくにしまいこんだ
あのおもいでさえ
われにつづけわれにつづけ
またはしりつづける
くらやみのいろそめあげられた
このかんじょうさえ
ぼくがのみほすから

パンドラリピート

A
ダメだと言われても 開けずにはいられず
脳内のリミッターは 壊れてるのか

A
やめろと言われても 開く手は止まらず
中身を取り出して 酷く後悔する

Cfサビ
僕たちはいつまで 同じことしてるの
あれほどやめとけと 言ったばかりじゃない
昨日でもネットで 嫌いな蓮コラを
注意書き無視して 開いてわめいてた

Cbサビ
今夜もまた寝付き悪くなるんだ
悪夢にうなされ寝不足避けれず
明日になれば忘れてるはずだよ
トラウマ消えずに地雷をまた踏む

A
ダメだと分かっていても 見ずにはいられない
脳内の警告は 意味をなしてない

Cfサビ
僕たちはいつまで 同じことしてるの
あれほど酷い目に 遭ったばかりじゃない
今日でも本屋で 嫌いな虫の本
わざわざ買ってきて 開いてわめいてた

Cbサビ
今夜もまたエビが食べれないんだ
さっき見た写真が脳裏に焼き付く
明日になれば忘れてるはずだよ
トラウマ消えずに地雷をまた踏む

D
アンダルシア トラウマ ゾンビ
ナカニダレモイマセンヨ
検索するなと言われ
ドラッグしてほら検索かけた

Cbサビ
今夜もまた寝付き悪くなるんだ
悪夢にうなされ寝不足避けれず
明日になれば忘れてるはずだよ
そして何度でも地雷を踏んでる



ひらがな

A
だめだといわれても あけずにはいられず
のうないのりみったーは こわれてるのか

A
やめろといわれても ひらくてはとまらず
なかみをとりだして ひどくこうかいする

Cfサビ
ぼくたちはいつまで おなじことしてるの
あれほどやめとけと いったばかりじゃない
きのうでもねっとで きらいなはすこらを
ちゅういがきむしして ひらいてわめいてた

Cbサビ
こんやもまたねつきわるくなるんだ
あくむにうなされねぶそくさけれず
あしたになればわすれてるはずだよ
とらうまきえずにじらいをまたふむ

A
だめだとわかっていても みずにはいられない
のうないのけいこくは いみをなしてない

Cfサビ
ぼくたちはいつまで おなじことしてるの
あれほどひどいめに あったばかりじゃない
きょうでもほんやで きらいなむしのほん
わざわざかってきて ひらいてわめいてた

Cbサビ
こんやもまたえびがたべれないんだ
さっきみたしゃしんがのうりにやきつく
あしたになればわすれてるはずだよ
とらうまきえずにじらいをまたふむ

D
あんだるしあ とらうま ぞんび
なかにだれもいませんよ
けんさくするなといわれ
どらっぐしてほらけんさくかけた

Cbサビ
こんやもまたねつきわるくなるんだ
あくむにうなされねぶそくさけれず
あしたになればわすれてるはずだよ
そしてなんどでもじらいをふんでる

ココロノピエロ

A1
振り向いたらそこには
背の低いピエロがいたんだ
背中を刺すその目は
鉄のように冷たく光った

B1
周りは黒ずみ
割れて砕け散る鏡が
僕は目の前の
自分を殴って飛び出した

C1
Break through, break through! 突き抜け闇を
逃げ出せ 逃げ出せ 手の鳴るほうへ
切り裂け 切り裂け 夜の帳を
導け 導け 光の中へ

A2
顔上げたらそこには
背の高いピエロがいたんだ
ニヤリ笑うその目は
僕を静かに嘲笑った

B2
周りは色褪せ
朽ち果て壊れた時計が
僕は足元の
自分を蹴って飛び出した

C2
Break through, break through! 置き去れ過去を
飛び込め 飛び込め 光の明日へ
切り裂け 切り裂け 涙の海を
駆け出せ 駆け出せ 輝く道を

C3
Break through, break through! 突き抜け闇を
逃げ出せ 逃げ出せ 手の鳴るほうへ
切り裂け 切り裂け 夜の帳を
消し去れ 消し去れ 心のピエロ


ひらがな

A1
ふりむいたらそこには
せのひくいぴえろがいたんだ
せなかをさすそのめは
てつのようにつめたくひかった

B1
まわりはくろずみ
われてくだけちるかがみが
ぼくはめのまえの
じぶんをなぐってとびだした

C1
ぶれくするーぶれくするーつきぬけやみを
にげだせにげだせてのなるほうへ
きりさけきりさけよるのとばりを
みちびけみちびけひかりのなかへ

A2
かおあげたらそこには
せのたかいぴえろがいたんだ
にやりわらうそのめは
ぼくをしずかにあざわらった

B2
まわりはいろあせ
くちはてこわれたとけいが
ぼくはあしもとの
じぶんをけってとびだした

C2
ぶれくするーぶれくするーおきざれかこを
とびこめとびこめひかりのあすへ
きりさけきりさけなみだのうみを
かけだせかけだせかがやくみちを

C3
ぶれくするーぶれくするーつきぬけやみを
にげだせにげだせてのなるほうへ
きりさけきりさけよるのとばりを
けしされけしされこころのぴえろ

明日への道

A1
空に上がった華が はじけちる夜
浴衣姿で集合 今宵お祭り

B1
昨日のケンカも仲直り
みんな輪になり踊りましょう

S1
セミのなく街 僕たちの故郷 忘れられぬにおいも
胸に刻んで 明日への道を 歩き出していこうよ

A2
空に上がった花が 砕け散る夜
少し遅れて集合 久方ぶりね

B2
都会のアイツも戻ってきて
みんな輪になり踊りましょう

S2
懐かしい町 僕たちの故郷 星は少し近くて
だけどまだまだ 手には届かない あの頃の自分が
夢見た 明日への道は ちゃんと歩けてるかな
胸に刻んだ それぞれの星を 見つける旅に出るよ

B3
辛いことだってあるだろう
今日は吐き出し乾杯だ

S3
セミのなく町 僕たちの故郷 忘れられぬにおいも
あの日の涙 あの時の笑顔 あの頃の自分が
夢見た 明日への道を 忘れないようにと
胸に刻んで 手と手を取り合い 歩き出していこうよ





ひらがな

A1
そらにあがったはなが はじけちるよる
ゆかたすがたでしゅうごう こよいおまつり

B1
きのうのけんかもなかなおり
みんなわになりおどりましょう

S1
せみのなくまち ぼくたちのこきょう わすれられぬにおいも
むねにきざんで あしたへのみちを あるきだしていこうよ

A2
そらにあがったはなが くだけちるよる
すこしおくれてしゅうごう ひさかたぶりね

B2
とかいのあいつももどってきて
みんなわになりおどりましょう

S2
なつかしいまち ぼくたちのこきょう ほしはすこしちかくて
だけどまだまだ てにはとどかない あのころのじぶんが
ゆめみた あしたへのみちは ちゃんとあるけてるかな
むねにきざんだ それぞれのほしを みつけるたびにでるよ

B3
つらいことだってあるだろう
きょうははきだしかんぱいだ

S3
せみのなくまち ぼくたちのこきょう わすれられぬにおいも
あのひのなみだ あのときのえがお あのころのじぶんが
ゆめみた あしたへのみちを わすれないようにと
むねにきざんで てとてをとりあい あるきだしていこうよ

▲TOP