関連する動画

Nectar

BPM=120

Rap    :nqrse

作詞作編曲:まふまふ

----------------------------------------

Round n'round 呆れるほどフランク
とっ散らかったシーツは今日も同じ
欠けたピースが教えるくすんだブループリント

Can you prove it 取り繕っていて
噤んだ口が残酷なんて
それがブラフかつベター 目覚めるまで Count to ten


感触以上 君を知りすぎてしまわないよう
明け方までは言葉を 交わさずいよう
心の距離よりも近づいた唇は
嘘を吐き慣れたままで 優しいままで

生ぬるい指先の 糸引くもので全て
拭えない悦びまで
重ねていく

結んで開いて 揺らいだ方へ
寄りかかって心地よかった方へ
愛してるなんて言葉に
それ以上の意味はない

絡まる糸は解かずに
絡みつくして 切って離して御相子
明日の君から ボクは君を知らない


詰まる言葉待っていたって
明解なんてなくて振り出しへ
見透かす虚像までを愛して Love affair

もういいかい もういいよ 掠れる Breath
張り裂けそうで Lala
背負い込んだ I'm still the one


破りすぎた 愛と約束で指を切った
止めどなく零れ落ちる 信頼の雫

きっとわかっていたんだ きっと認めずにいたんだ
抱きしめていたのは 偽りの背だと気づいた

口づけ越しの約束も
口当たりのいいネクタルも
固めてしまえば 脆く崩れるジェラート

思い思われ振り振られ
子供騙しは 切って離して御相子
明日の君から ボクは君を知らない


これがなにかのドラマなら
きっとまだ期待できる程に進むシナリオ
空虚に傷重ねて いつか冷めてる借り物の熱
待っている無情なリアル The real deal 教えて ねぇ
覚めぬ様に触れても 気付かせてくれるこのグラス
下がることのない溜飲はそのままで


結んで開いて 揺らいだ方へ
寄りかかって心地よかった方へ
愛してるなんて言葉に
それ以上の意味はない

モザイク越しの駆け引きを
誰を交わしても しなくても
明日の君から ボクは君を知らない

寄り添う背中の裏側 隠して繋いだ指先
甘さの落ちた飲み残し 気づかぬフリをしたまま

花蜜の愛を吸う

終点

終点
------------------------------

BPM=132


作詞作編曲:まふまふ

------------------------------

何も知らないほうがいいなら
何も教えてくれなくていい
虚言の真相 夢遊病
無邪気なあの子の長袖の裏側

12階のビルから
今日も片足だけ差し出している
蒼然 悄然 どうせ
死ぬ勇気のひとつもないくせして

人の形でいるのに 同じ人の言いなりになるなら
まだ夢は見れるのに こんな夢も見れない世界なら
夏草が枯れるまで いっそしゃがんで隠れていようかな
なんてことを言って笑う間に
次で終点だ

何も知らないほうがいいなら
何も教えてくれなくていい
妄想 死恐怖症 夜響症
特効薬は無気力か PTSD

いつか笑うことより
ずっと笑われることに慣れていた
感情 愛情 哀情
拾わずにいる 得て落とすよりいいや

死ぬことへの恐怖を喰らい
腹を満たしていく神様
瞞しと 詐欺師と
ボクは疾うにわかっているんだ

どんな絵の具を塗り重ねるより
ずっと暗い ただ懐かしい光彩と
果てしないほどの
暗闇が


答えだった 答えだった
何もを手放して
微睡の奥深く
堕ちていく



何も知らないほうがいいなら
何も教えてくれなくていい
虚言の真相 夢遊病
無邪気なあの子の長袖の裏側

前髪を伸ばしている
だって何ひとつ見たくないから
溶けるまで色を抜く
だってボクは染まりたくないから


恨み合って 叩き合って
妬み合って 乏し合って
探し合って 慰め合って
悔やみ合って 解り合った
 
こんな詩も音も
肯定も否定も未練も
四季折々の光彩も
何処にも残らない
暗闇が


答えだった 答えだった
吸い尽くすような暗闇が
ボクらの未来だった

願っている もういいんだって
救われやしないんだ
微睡の奥深く
堕ちていく

▲TOP