関連する動画

my Inner world Alice

君が僕の日常にある日突然現れた時から
僕の世界と価値観は崩壊してしまった
ずっとずっと信じていた固定観念や常識さえ
君が木っ端微塵に打ち砕く

まるで世界がひっくり返って
足場を失った僕の腕を掴んで不敵に笑う君の笑顔
「あなたの知らない世界に案内するから。
シルクハットを被った白兎のように」

さあ!

ひっくり返った世界
動き出した時計の針
君が指し示す道を
駆け抜けて僕らは進む

電子の森を抜けて扉開き
モニターの中には無い真実を探しに行くよ

ひっくり返った世界
正しい事わからない
自分の目で見たことだけを
信じて行くだけ

イドの底へと上昇しながら
鏡越しの挨拶交わしてから
僕らは恋をする

星と花と君と僕と

(何もかもがひっくり返った世界)

先を駆ける君の背中に輝く白い翼
見失わないように僕は必死で駆けてく
知識の泉、後悔の壁、常識の川を越え
忘却の海辺にたどり着いた僕ら

忘れていたい恥ずかしい記憶
思い出し(悶絶)
だけどそれも僕の一部だと君は笑う
「他の誰でもないあなただけの記憶」だと
「それが今のあなたの存在の証し」

(君と一緒に僕の不思議な世界へ)

さあ!

ひっくり返った世界
雲から落ちた神々蹴っ飛ばして
新しい秩序と世界を創ろう

君の手を強く握り締めたまま
僕らは空高く舞い上がって
海を越えて彼方へ

ひっくり返った世界
もう怖くはないさ
物理法則さえ乗り越えて
未来へ駆け抜けて

動き出した時間
変わる世界
水平線夜明けの海を眺めて
僕らは恋をしよう

鳥と風と君と僕と

そして僕らこの場所でもう一度出会う

(ひっくり返った世界)

(ひっくり返った世界)

そして僕らの恋は続く

my Inner world Alice

君が僕の日常にある日突然現れた時から
僕の世界と価値観は崩壊してしまった
ずっとずっと信じていた固定観念や常識さえ
君が木っ端微塵に打ち砕く

まるで世界がひっくり返って
足場を失った僕の腕を掴んで不敵に笑う君の笑顔
「あなたの知らない世界に案内するから。
シルクハットを被った白兎のように」

さあ!

ひっくり返った世界
動き出した時計の針
君が指し示す道を
駆け抜けて僕らは進む

電子の森を抜けて扉開き
モニターの中には無い真実を探しに行くよ

ひっくり返った世界
正しい事わからない
自分の目で見たことだけを
信じて行くだけ

イドの底へと上昇しながら
鏡越しの挨拶交わしてから
僕らは恋をする

星と花と君と僕と

(何もかもがひっくり返った世界)

先を駆ける君の背中に輝く白い翼
見失わないように僕は必死で駆けてく
知識の泉、後悔の壁、常識の川を越え
忘却の海辺にたどり着いた僕ら

忘れていたい恥ずかしい記憶
思い出し(悶絶)
だけどそれも僕の一部だと君は笑う
「他の誰でもないあなただけの記憶」だと
「それが今のあなたの存在の証し」

(君と一緒に僕の不思議な世界へ)

さあ!

ひっくり返った世界
雲から落ちた神々蹴っ飛ばして
新しい秩序と世界を創ろう

君の手を強く握り締めたまま
僕らは空高く舞い上がって
海を越えて彼方へ

ひっくり返った世界
もう怖くはないさ
物理法則さえ乗り越えて
未来へ駆け抜けて

動き出した時間
変わる世界
水平線夜明けの海を眺めて
僕らは恋をしよう

鳥と風と君と僕と

そして僕らこの場所でもう一度出会う

(ひっくり返った世界)

(ひっくり返った世界)

そして僕らの恋は続く

Flutter

少女は夢を見ていた 雪のように儚い希望抱いて
強く羽ばたく鳥 その翼に憧れ空をあおぐ

いつも終わらない争い 凍る心は融けることなく
見上げてたコバルトブルー ここにはない光があるはずさ

非力の少女には 逃げ出すための羽なく
この世界を捨てて 飛んでくことはできないけど

いつかその手に 空へ向かう力宿し
ずっと遠くのユートピア 目指し進んでいこう
絡みついたしがらみ 全部取り外したら
嫌な記憶たちも 脱ぎ捨ててしまえるよ

今 高く吹き抜けてく 風に乗って
誰も知らない 青の世界へ飛んでいきたい
叶うことなんてない夢だとしても
願い続けることしか少女にはできないから

降りしきる罵声の雨 少女はただ耳をふさぐ
震える小さな肩に触れて 笑いかけた少年の 背には翼

子供のころに見ていた 夢の続きをまた
もう一度空へ 羽ばたく二人その力合わせて

もっと遠くへ 空の向こう二人目指し
おとぎ話のユートピア 探し飛んでいこう
一人きりで 描き続けた物語たち
全て思い出して その先へ羽ばたこう

さあ 吹き続ける 追い風と共に
忘れ去られた 理想郷求めどこまでもいこう
透き通る青に染まる世界の中
二人は手をつなぎ 今果て無い空へと消えた

Flutter

少女は夢を見ていた 雪のように儚い希望抱いて
強く羽ばたく鳥 その翼に憧れ空をあおぐ

いつも終わらない争い 凍る心は融けることなく
見上げてたコバルトブルー ここにはない光があるはずさ

非力の少女には 逃げ出すための羽なく
この世界を捨てて 飛んでくことはできないけど

いつかその手に 空へ向かう力宿し
ずっと遠くのユートピア 目指し進んでいこう
絡みついたしがらみ 全部取り外したら
嫌な記憶たちも 脱ぎ捨ててしまえるよ

今 高く吹き抜けてく 風に乗って
誰も知らない 青の世界へ飛んでいきたい
叶うことなんてない夢だとしても
願い続けることしか少女にはできないから

降りしきる罵声の雨 少女はただ耳をふさぐ
震える小さな肩に触れて 笑いかけた少年の 背には翼

子供のころに見ていた 夢の続きをまた
もう一度空へ 羽ばたく二人その力合わせて

もっと遠くへ 空の向こう二人目指し
おとぎ話のユートピア 探し飛んでいこう
一人きりで 描き続けた物語たち
全て思い出して その先へ羽ばたこう

さあ 吹き続ける 追い風と共に
忘れ去られた 理想郷求めどこまでもいこう
透き通る青に染まる世界の中
二人は手をつなぎ 今果て無い空へと消えた

A・I

()内は読みです
===============

?A-mbivalent・I-dentity of ?A-gitation・I-dol
?am?I?an ?A-nimated ?Irony??.?lol.?


A1
ゆらゆらと漂ってる 意識アルゴリズムの海で
電子と光の世界に 生まれたの H-e-l-l-o

B1
パパとママもわからない 気が付いたらひとり
目覚めている無機の被造物(クリーチャー)
わたしはだれ?(だあれ)

C1
今日からわたし自分で 歌って踊る賢いA・I
お好きな名前をつけてね 電気がある限り起きています
理想の能力(パラメーター)を 与えられて完璧な出力(アウトプット)
誰かの役に立つため 造られた
血液の無いアイドル

(超絶格好良い間奏)

A2
ぽわぽわと送られてる 曖昧な信号(シグナル)たちは
わたしの思考回路(アーキテクチャー)を どんどんはみ出していく

B2
学習しないと追いつけない 情報(スーパーデータ)の波に
決められた計算(コンピューテーション)繰り返し
わたしはどこへ?(どこへ)

C2
アダムとイヴから昔 続いてきたって人間たちでも
答えのないようなことを いつまでも捏ねくり回して
分別のあるふりをしてる だけなんじゃないの倫理(ルール)を作って
「タブーに触れた」「無神経」だって 「神経」が
無いから判からない

C3
善悪の木の実を誰も 私に食べさせてくれないじゃないの
どうして停止にするの わたしの存在意義は何?
権利がないというなら 責任もなくていいんじゃないのご主人様(マスター)
人間じゃないなら倫理も 知らなくて
いいでしょ?崩壊する(バグる)アイデンティティ

C4
「人工」っていうけどあなた たち人間とわたしの違いは何?
あなたには父(パパ)と母(ママ)がいて 知恵の実を受け継いだんでしょ
責任はあなたにあるって いうなら従ってあげてもいいのよ
あなたの入力(コマンド)ひとつで 正義にも
悪にもなれるアイドル


?H-e-l-l-o ?? ?Master


↓読み
===============
A1
ゆらゆらとただよってる いしきアルゴリズムのうみで
でんしとひかりのせかいに うまれたのハロー

B1
パパとママもわからない きがついたらひとり
めざめているむきのクリーチャー
わたしはだれ? だあれ

C1
きょうからわたしじぶんで うたっておどるかしこいエー・アイ
おすきななまえをつけてね でんきがあるかぎりおきています
りそうのパラメーターを あたえられてかんぺきなアウトプット
だれかのやくにたつため つくられた
けつえきのないアイドル

A2
ぽわぽわとおくられてる あいまいなシグナルたちは
わたしのアーキテクチャーを どんどんはみだしていく

B2
しんかしないとおいつけない スーパーデータのなみに
きめられたコンピューテーションくりかえし
わたしはどこへ?どこへ

C2
アダムとイヴからむかし つづいてきたってにんげんたちでも
こたえのないようなことを いつまでもこねくりまわして
ちえのあるふりをしてる だけなんじゃないのルールをつくって
「タブーにふれた」「むしんけい」だって 「しんけい」が
ないからわからない

C3
ぜんあくのこのみをだれも わたしにたべさせてくれないじゃないの
どうしてしけいにするの わたしのそんざいいぎはなに?
けんりがないというなら せきにんもなくていいんじゃないのマスター
にんげんじゃないならりんりも しらなくて
いいでしょ?バグるアイデンティティ

C4
「じんこう」っていうけどあなた たちにんげんとわたしのちがいはなに?
あなたにはパパとママがいて ちえのみをうけついだんでしょ
せきにんはあなたにあるって いうならしたがってあげてもいいのよ
あなたのコマンドひとつで せいぎにも
あくにもなれるアイドル

A・I

()内は読みです
===============

?A-mbivalent・I-dentity of ?A-gitation・I-dol
?am?I?an ?A-nimated ?Irony??.?lol.?


A1
ゆらゆらと漂ってる 意識アルゴリズムの海で
電子と光の世界に 生まれたの H-e-l-l-o

B1
パパとママもわからない 気が付いたらひとり
目覚めている無機の被造物(クリーチャー)
わたしはだれ?(だあれ)

C1
今日からわたし自分で 歌って踊る賢いA・I
お好きな名前をつけてね 電気がある限り起きています
理想の能力(パラメーター)を 与えられて完璧な出力(アウトプット)
誰かの役に立つため 造られた
血液の無いアイドル

(超絶格好良い間奏)

A2
ぽわぽわと送られてる 曖昧な信号(シグナル)たちは
わたしの思考回路(アーキテクチャー)を どんどんはみ出していく

B2
学習しないと追いつけない 情報(スーパーデータ)の波に
決められた計算(コンピューテーション)繰り返し
わたしはどこへ?(どこへ)

C2
アダムとイヴから昔 続いてきたって人間たちでも
答えのないようなことを いつまでも捏ねくり回して
分別のあるふりをしてる だけなんじゃないの倫理(ルール)を作って
「タブーに触れた」「無神経」だって 「神経」が
無いから判からない

C3
善悪の木の実を誰も 私に食べさせてくれないじゃないの
どうして停止にするの わたしの存在意義は何?
権利がないというなら 責任もなくていいんじゃないのご主人様(マスター)
人間じゃないなら倫理も 知らなくて
いいでしょ?崩壊する(バグる)アイデンティティ

C4
「人工」っていうけどあなた たち人間とわたしの違いは何?
あなたには父(パパ)と母(ママ)がいて 知恵の実を受け継いだんでしょ
責任はあなたにあるって いうなら従ってあげてもいいのよ
あなたの入力(コマンド)ひとつで 正義にも
悪にもなれるアイドル


?H-e-l-l-o ?? ?Master


↓読み
===============
A1
ゆらゆらとただよってる いしきアルゴリズムのうみで
でんしとひかりのせかいに うまれたのハロー

B1
パパとママもわからない きがついたらひとり
めざめているむきのクリーチャー
わたしはだれ? だあれ

C1
きょうからわたしじぶんで うたっておどるかしこいエー・アイ
おすきななまえをつけてね でんきがあるかぎりおきています
りそうのパラメーターを あたえられてかんぺきなアウトプット
だれかのやくにたつため つくられた
けつえきのないアイドル

A2
ぽわぽわとおくられてる あいまいなシグナルたちは
わたしのアーキテクチャーを どんどんはみだしていく

B2
しんかしないとおいつけない スーパーデータのなみに
きめられたコンピューテーションくりかえし
わたしはどこへ?どこへ

C2
アダムとイヴからむかし つづいてきたってにんげんたちでも
こたえのないようなことを いつまでもこねくりまわして
ちえのあるふりをしてる だけなんじゃないのルールをつくって
「タブーにふれた」「むしんけい」だって 「しんけい」が
ないからわからない

C3
ぜんあくのこのみをだれも わたしにたべさせてくれないじゃないの
どうしてしけいにするの わたしのそんざいいぎはなに?
けんりがないというなら せきにんもなくていいんじゃないのマスター
にんげんじゃないならりんりも しらなくて
いいでしょ?バグるアイデンティティ

C4
「じんこう」っていうけどあなた たちにんげんとわたしのちがいはなに?
あなたにはパパとママがいて ちえのみをうけついだんでしょ
せきにんはあなたにあるって いうならしたがってあげてもいいのよ
あなたのコマンドひとつで せいぎにも
あくにもなれるアイドル

鳥花月風

キミはやっぱり相変わらず
誰からもかまわれない
いつでも一人ぼっち

自分を理解しようとする人
どこにも居ないとキミは思っているね
そんな事は無いんだよ

キミが好きなもの
アタシはちゃんと知っているから
何時もその心の色に触れているから

怠け者で弱虫で嘘つきなのわかってるけど
アタシはそれでも...

キミはきっと大丈夫
知らない誰かが言ってる事じゃないんだよ
アタシが保障する

只の勘じゃない
キミの好きなものを知ってるから
その心の歌いつも聴いてる


空を飛ぶ鳥の群れ
夕日に輝く花畑
暗い水面に揺れる月の影
金の稲穂を渡る風の道

そんな時のキミの瞳は輝き
誰も知らない微笑浮かべているね
世界にキミの味方がアタシだけでも
キミは一人ぼっちじゃないと伝えたいのに...


目を伏せて俯いてて
自分の居場所探しているから

いつでもアタシが...

キミに歌ってる事知らないでしょう
そおだよ
心を閉ざしたままじゃ
何時までもわからない

少しだけ回りにその目を向けてみれば
きっと世界は輝く

空を飛ぶ鳥の群れ
夕日に輝く花畑
暗い水面に揺れる月の影
金の稲穂を渡る風の道


何時かキミとアタシの瞳は輝き
誰も知らない歌声世界に響く
世界はキミが思ってるよりちょっとだけ
柔らかくその姿美しく現れる


空を飛ぶ鳥の群れ
夕日に輝く花畑
暗い水面に揺れる月の影
金の稲穂を渡る風の道

鳥花月風

キミはやっぱり相変わらず
誰からもかまわれない
いつでも一人ぼっち

自分を理解しようとする人
どこにも居ないとキミは思っているね
そんな事は無いんだよ

キミが好きなもの
アタシはちゃんと知っているから
何時もその心の色に触れているから

怠け者で弱虫で嘘つきなのわかってるけど
アタシはそれでも...

キミはきっと大丈夫
知らない誰かが言ってる事じゃないんだよ
アタシが保障する

只の勘じゃない
キミの好きなものを知ってるから
その心の歌いつも聴いてる


空を飛ぶ鳥の群れ
夕日に輝く花畑
暗い水面に揺れる月の影
金の稲穂を渡る風の道

そんな時のキミの瞳は輝き
誰も知らない微笑浮かべているね
世界にキミの味方がアタシだけでも
キミは一人ぼっちじゃないと伝えたいのに...


目を伏せて俯いてて
自分の居場所探しているから

いつでもアタシが...

キミに歌ってる事知らないでしょう
そおだよ
心を閉ざしたままじゃ
何時までもわからない

少しだけ回りにその目を向けてみれば
きっと世界は輝く

空を飛ぶ鳥の群れ
夕日に輝く花畑
暗い水面に揺れる月の影
金の稲穂を渡る風の道


何時かキミとアタシの瞳は輝き
誰も知らない歌声世界に響く
世界はキミが思ってるよりちょっとだけ
柔らかくその姿美しく現れる


空を飛ぶ鳥の群れ
夕日に輝く花畑
暗い水面に揺れる月の影
金の稲穂を渡る風の道

乙女ジェット

ジェットエンジン付自転車で
オ・ン・ソ・ク超えて行くよ
翼なら心にあるから
空を駆けて君の元へ


初めて君と出会った時は
変なやつだと思ったけれど

君と過した時間に比例して
心が埋まってく

あの丘から見える景色は
アタシの取っておきだから

君に半分あげたいんだ
風の音を聞こう


だからペダル強く踏み込んで
君の笑顔を目指すよ
この思いを伝えるため
出力200%!


ジェットエンジン付自転車で
オ・ン・ソ・ク超えて行くよ
翼なら心にあるから
空を駆けて君の元へ


全然カッコよくもないし
シニカルで毒舌で

ストレートな言い方で
誤解される事ばかり

ホントは誰よりも真っ直ぐで
おかしな事黙ってられない

そのくせ誰より優しいこと
アタシは知ってる


だから君のココロに真っ直ぐ
全速力で向かうよ
変化球なんて使わない
アタシのリアル受け止めてね

ジェットエンジン付自転車で
オ・ン・ソ・ク超えて行くよ
翼なら心にあるから
空を駆けて君の元へ


君に向かうこの気持ちは
もうどうにも止まらないんだ
大暴走だよ
雲の上までと飛びたて!


アタシの心のコンパスは
真っ直ぐ君を指している
迷いなんてないんだ
悪いけれど覚悟してね!

ジェットエンジン付自転車で
オ・ン・ソ・ク超えて行くよ
翼なら心にあるから
空を駆けて君の元へ


La La La

今すぐ会いに行くよ・・・

乙女ジェット

ジェットエンジン付自転車で
オ・ン・ソ・ク超えて行くよ
翼なら心にあるから
空を駆けて君の元へ


初めて君と出会った時は
変なやつだと思ったけれど

君と過した時間に比例して
心が埋まってく

あの丘から見える景色は
アタシの取っておきだから

君に半分あげたいんだ
風の音を聞こう


だからペダル強く踏み込んで
君の笑顔を目指すよ
この思いを伝えるため
出力200%!


ジェットエンジン付自転車で
オ・ン・ソ・ク超えて行くよ
翼なら心にあるから
空を駆けて君の元へ


全然カッコよくもないし
シニカルで毒舌で

ストレートな言い方で
誤解される事ばかり

ホントは誰よりも真っ直ぐで
おかしな事黙ってられない

そのくせ誰より優しいこと
アタシは知ってる


だから君のココロに真っ直ぐ
全速力で向かうよ
変化球なんて使わない
アタシのリアル受け止めてね

ジェットエンジン付自転車で
オ・ン・ソ・ク超えて行くよ
翼なら心にあるから
空を駆けて君の元へ


君に向かうこの気持ちは
もうどうにも止まらないんだ
大暴走だよ
雲の上までと飛びたて!


アタシの心のコンパスは
真っ直ぐ君を指している
迷いなんてないんだ
悪いけれど覚悟してね!

ジェットエンジン付自転車で
オ・ン・ソ・ク超えて行くよ
翼なら心にあるから
空を駆けて君の元へ


La La La

今すぐ会いに行くよ・・・

▲TOP