ななほしさん

ボカロ界の隅っこのほうでこっそり曲作ってます。

ななほしさん

nanahoshi

ボカロ界の隅っこのほうでこっそり曲作ってます。
曲へのご意見などお気軽にメッセージを頂ければ、と思います。
宜しくお願いします。

にゃっぽん
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=5225

ニコニコ動画マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/5928861

Twitter
http://twitter.com/Nanahosy

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(37)

  • Task
  • add9@ヘリP
  • lushia
  • きみかわ
  • nocchi1031
  • saya
  • ライブP
  • eb
  • りぼんちゃん
  • 由姫 霙
  • 九海
  • ぺそこ

フォロワー(80)

  • a_ne_mo_ne_
  • あさぎ
  • 梯子姫
  • add9@ヘリP
  • maytea
  • ちゅんこ
  • kotu_koishi
  • SATSUKE
  • miyaaris
  • multi_falcon64
  • ユウサク
  • Litta@りお

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

リトルバードがまた歌うころには

事務所の机の上で寝息を立てる彼女に そっと毛布をかけて 起こさぬようにドアを開け 雑居ビルの屋上で 夜を吸い込んでみた    眠らない街というには光が少し足りない 見慣れたこの風景 車もまばらになった裏手の細い道路が 何故か自分とダブった いつか追いかけてた夢が冷めるたび 思い出も消えてゆく 欲しいものをすべて手にするためには 僕の両腕は短すぎたんだ   リトルバードがまだ歌ってたころ その歌を僕は 知らないけれど 夢を叶えて大空を飛ぶ その姿を僕は 知らないままだ 事務所に戻ってみれば彼女はまだ眠っていて 手付かずの書類の山 彼女の寝言は聞こえなかったことにしておいて 僕も机に向かう きらめく舞台の上で歌い踊る夢と理想 舞台裏の隅で それをとても誇らしげに笑って見せてくれた 僕は救われていた 僕の前を通り過ぎてく夢たち 浮かんでは消えてゆく 僕には眩しすぎるその輝きに どれほどのことをしてやれてるのか? リトルバードが歌うことをやめた その理由を僕は 知らないけれど いつか空を飛んだ翼はまだ 暖かなまま 今は 明日のことなんて わからないけど 進む方角 ああ 決められるなら リトルバードがまた歌うころには どうか隣に ああ いたいと願う 

投稿日時 : 2011/09/11 19:28
▲TOP