夏紀 咲さん

夏紀 咲さん

rioha_ct2s

高校生
作詞作曲

もっと見る

依頼受付中

(メッセージはありません)

最終更新日時:2017/09/16 23:07:33

ピアプロバッジ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

冬の夜空に君を探して

もう戻らないことなんて 分かりきっているのに どうしても 忘れられないんだ どうせ片思いの君への想い 冬の夜空に咲く花火みたい こんなに儚い気持ちは切なくて あの時みたいに 君の隣(そば)で 素直になれない気持ちを さらけ出せたらなんて あの日もこんな冬(きせつ) 瞳閉じれば すぐ思い出して 足早に暮れる 冬空の静けさに 飲み込まれそうになるけど 夜空の星を置き去りにして 君のもとへ 過去や未来さえ追い越して 追いかけていくよ 伝えられなかった言葉 抱きしめて あの日の空へ 遠ざかる君の姿 どんなに離れていっても 夜空にきらめく流れ星みたいな 大好きな君の笑顔 隣(そば)で見ていたいから 涙ばかりの日々は脱ぎ捨てて 笑顔になれる明日を探して 今宵の空も駆け抜けていこうか ふとしたことですれ違って 話すのも胸が苦しくなるよ 青春なんて そんなもので 誰だって何かの問題(とい)に 答えを求めて生きているんだ 長い夜を越えて 僕は また あの日の君に出逢えたんだ でも 伸ばしかけた手はもう見えなくて この星空に熔けて なくなるように 夜空の星に願うような 君の涙で やっと分かったよ 僕はもういないことを 君を助けるために この星空を 追いかけていたのは 僕の夢(かこ)であることに 見えない僕が 泣いていることも 君には届かないのが 正しい答えで 全てが嘘なのか真実であるか わからない僕は 今宵も 本当の答えを探しにいこうか

v+jさんの曲(http://piapro.jp/t/EQ6-)の歌詞応募用です。
テーマはv+jさんの「冬」の切ないイメージを重視して冬空に好きな人を探しに行くというストーリー性を盛り込んだ歌詞にしました
曲調と歌詞がよく混ざり合うように工夫するのが大変でした。
素晴らしい楽曲に巡り会えたことに感謝いたします。

もっとみる

投稿日時 : 2016/12/28 23:40

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP