詩呑さん

shinon_jack

(プロフィールはありません)

ピアプロバッジ

フォロー(3)

  • おむ烈
  • NORA
  • 7:24

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

白百合の微笑み(仮)

1.いつからだっけ 君が素っ気なくなったのは 僕の目を見て 話してくれなくなったのは 2.気付かないふりして 逸らした視線の先には 花瓶に生けられた一輪の百合 1.君が見ている世界 僕が生きている世界 交わっている筈なのにどうして こんなにも 遠いの 1.知らなかったんだ 君の瞳に隠された 悲しみも切なさもやりきれない想いにも 気付いてあげられたならば 何かが 変わったのかな なんて 落ちた百合の花びらに問いかけた 2.いつからだっけ あなたを遠ざけることしか 出来なくなってた 全て内側に閉じ込めて 1.まぶたを伏せて見つめた 窓辺の花 ゆらゆら揺れる 危うさが香る 2.私が生きる世界 あなたが生きる世界 離れてゆくのがこんなにも 苦しいなんて 2.ごめんなさい 言えずじまいだった あなたのその優しい瞳に映される私が 変わってゆくのが怖かっただけ 言えたなら良かったのにね と 呟いて零した 一筋の涙 1.僕が生きる世界 2.私が生きる世界 12.もう交わらないもう出会うことはない 1.それでも 2.それでも 1.愛するから2.愛しているから 12.ただ君の笑顔だけを 見せて 1.花束のような華やいだ愛にしよう 2.あなたがいつまでも誇れる愛にしよう 12.いつまでも消えることのない愛にしよう 2人ともに生きた日々全てを愛そう

初めてこういった長い文章を書いたので支離滅裂かもしれませんすみません( ˃ ⌑ ˂ഃ )
イメージとしては夫婦の話で、奥さんは先に旅立ってしまう感じです。
おおまかなイメージしかないので、想像で補っていただけたら幸いですw

もっとみる

投稿日時 : 2014/12/21 22:29

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP