Jan(ヤン)さん作品一覧

(プロフィールはありません)

    Jan(ヤン)さんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    Dr Smiling Layla (Phantom Dance II)

    カード
    イラスト0

    + 追加
    PLAY

    ドアを開けて 長い髪をなびかせ いつも通り微笑んで
    淡いピンク 眼鏡の奥できらめく 光が僕を誘い込む
    くだらない奴らとの日常を 忘れさせてくれるから
    Hello, Dr. Smiling LAYLA すてきな笑顔だね
    Hello, Dr. Smiling LAYLA いつものお薬を

    「どうぞ ここへ 肩の力を抜いて 
    椅子にかけて 目を閉じて」
    誰も 僕の心 理解できない さめた言葉 投げつける
    「知っているわ」 耳もとのささやきは 
    地に舞い降りた天使のよう
    Hello, Dr. Smiling LAYLA すてきな笑顔だね
    Hello, Dr. Smiling LAYLA いつものお薬を

    いつだって おさえこむこの気持ち 僕だけのあなたなら
    Hello, Dr. Smiling LAYLA すてきな笑顔だね
    Hello, Dr. Smiling LAYLA いつものお薬を

    僕は診察室の椅子が好きだった.柔らかすぎず,硬すぎない
    それは,遠い昔,僕が椅子になりたかったのを
    思い出させてくれた.
    その椅子の横を通り過ぎる白衣の彼女からは,
    いつもラベンダーの香りがして,
    向かいの椅子に座って組むその細くて長い脚の白さは
    僕の前頭葉を貫くのだった.

    「大丈夫,何も怖がることはないのよ,
    さあ,何から話しましょうか?」

    僕は携帯の話から始めた.
    そう,携帯の着信がなる10秒くらい前から
    聞こえてくるノイズのことだ.
    初めて気がついたときは,
    高くかすかな耳鳴りのように聞こえていた
    それが,やがて周波数を下げ,
    音量を上げてくるにしたがって,
    意味を持った言葉に聞こえはじめたという話を,
    彼女はニコニコしながら聞いていた.素敵な笑顔だった.

    僕は,毎週のように彼女のもとをおとずれてその話を続けた.
    徐々に他人の電話の着信前にも,
    言葉のノイズが聞こえるようになってきたという話もした.
    大概は他人が僕の悪口を言っているという類のたわいもない
    ものだったが,彼女は微笑みを絶やさず,聞いてくれた.

    様子が変わったのは,その言葉のノイズが
    黒い郵便船のことを教えてくれるようになったと
    話し始めたときだった.
    彼女は急に身を乗り出し,目を輝かせると,
    僕にくわしい話をするよう促し,
    帰り際にはいつもと違う薬をたくさんくれた.

    「大丈夫,何も怖がることはないのよ」
    彼女の言葉を信じ,
    僕は黒い郵便船について知っていることを話し続けた.
    注射も頻繁に打ってくれるようになった.
    話し終わると,以前に比べてずっと気持が
    楽になっているのに気がついた.
    そのうち,僕は診療中に夢中でしゃべっていると
    身体が浮くような感覚を覚えるようになった.
    彼女はそれを聞くと
    「治っていく途中にはよくあることよ」
    と言って僕をはげました.

    それは8回目の診療の途中だった.
    身体が浮く感覚に身をまかせながら,
    ふと彼女の顔を見ると,左目の下あたりに
    小さな黒い点があるのに気がついた.
    いぶかしんで眺めているうちに
    その黒い点はみるみる大きくなっていき,
    彼女の顔を浸食して溶かし始めた.
    僕は,悲鳴を上げて椅子から転げ落ち,
    はいずりまわってドアへと向かった.
    やがてドアの前でパニックになっている僕の
    左肩にひんやりとしたものが触れた.
    振り返った僕は,
    もはやヒトの形をとどめていないそれが
    なぜか笑いながら話しかけてくるのを感じた

    「大丈夫,何も怖がることはないのよ」

    僕は自分の悲鳴がエコーする中,
    意識が遠のくのを感じていた

    Hello, Dr. Smiling LAYLA すてきな笑顔だね
    Hello, Dr. Smiling LAYLA いつものお薬を

    そして僕は新しい世界を手に入れた.

    もっとみるLyrics by Jan(ヤン)さん

    Lyrics and Song: Jan
    Vocal: Luca (Vocaloid)
    Voice: Zacky, Jan(Layla)
    Guitar: Rainy (H.Uda)

    --------------------------------------

    長い語りが大部分を占める作品です。
    ダーク・ファンタジーというよりはホラーに近い色合いの曲です。
    筋肉少女帯やシアトリカルなプログレの影響を受けています。

    途中で出てくる女医レイラの声はVocaloidではなく、私がピッチシフトした声で演じています。

    ダークな物語を楽しんでいただけたら嬉しいです。

    ライセンス:

    投稿日時:2017/04/02 00:15:26

    タイム/サイズ:07:31/(10,941KB)

    閲覧数:39

    カテゴリ:ボカロ楽曲[編集]

    カラオケ:[未登録]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      Songleで解析
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        ▲TOP