八月マボロシ号(マイクロ)さんをフォローして新作情報をいち早くGET!

フォローする(登録無料)

晩夏と退廃

カード
イラスト1

+ 追加

illustration by だせいさんさん

PLAY

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31862503

少し弱虫な午後
誰かと話したくて
蝉の声消えるころ
私も眠りにつく

孤独だった 夏は終わった
もう二度と会えなくなってしまう

見上げている夏空は遠く
熱を残して色を変えてゆく

蝉の亡骸 俯く向日葵
雨の匂いに目眩を起こした


憂う 黄昏れた午後
焦り誤魔化したくて
独り言 零しても
返事は聞こえなくて

笑いあった 夏は止まった
想い出が茜色に染まる


泣きたくなる 遠ざかってゆく
愛した音が景色が光が
この手を引いて 優しく笑った
あの幻想がまだ離れぬまま


生まれて一度だけ愛せたよ 八月を
夕闇に残された 肌寒い季節

ライセンス:

投稿日時:2017/09/04 05:46:27

タイム/サイズ:04:39/(6,529KB)

閲覧数:206

カテゴリ:ボカロ楽曲[編集]

カラオケ:[未登録]

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    始めまして。e_honda と申します。
    かつては鏡音姉妹で音楽を創り投稿していましたが、リアル音楽へシフトし、今は引退し、思い出の一ページとなってしまった者です。
    久しぶりにピアプロを覗き、目についたこの楽曲(晩夏と退廃)を聞いてみたのですが、私の知っている時代とは違い、ミクさんの透き通った声に驚きました。蝉の声も雰囲気が出ていると思いました。
    ところでこの「晩夏と退廃」という作品は、軽快で軽やかなリズムとは裏腹に哀愁を強く漂わせていますね。一夏の楽しい思い出に浸りながら、けれども結局はいつもの孤独な世界に連れ戻されてしまったような雰囲気を感じ、楽しい夏の晩に待っていた廃れ=「晩夏と退廃」という意味なのかな、と感じました。

    「愛した音が景色が光が この手を引いて 優しく笑った」

    この一文が楽しかった夏の全てを物語っていて、見るもの聞くもの全てが眩しいほどに輝き心が満たされていた・・・のに、今は蝉の亡骸や俯く向日葵など、まるで自らの今の心を映し出すようなものばかり目に入ってくる・・・という雰囲気が良く出ている作品だと思いましたヨ。

    ・・・意味は合っているでしょうか?

    2017/09/05 23:42:45 From  e_honda

  • userIcon

    メッセージのお返し

    e_hondaさん、初めまして。
    色々考えながら聴いてくださってありがとうございます、とてもうれしいです。

    お答えします、失恋ソングです。

    以上です 。

    2017/09/07 22:02:57 八月マボロシ号(マイクロ)

ブクマ
Songleで解析
この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
    • ずる休みの日

      by だせいさんさん

    ▲TOP