林檎サイダーさん作品一覧

こんにちは✰りんごサイダーです
主に作詞メインです
恋愛などの切ない系書くのが好きです。
よろしければコメントください(*´з`)

もっと見る

    林檎サイダーさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    愚者の援交

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    確かに此処にあった感情も 消える感触しか覚えていない
    何のために生きてきた? 分からなくなる
    永遠に触れようと伸ばした 私の小さな手も 届かなくて
    唯一の場所を探していただけなのに

    奇跡を疑いもせず信じてた ただ大人になるにつれて
    分かっていたことがある
    最初から頼る事しか考えていなかった私なんて

    紙切れみたいに 引き裂かれて 姿形も分からなくなる
    見えないとこでひっそりと指をしゃぶって

    消えていく影 微かに揺れる 涙を浮かべ
    空を眺めては いいことないかななんて また考えているよ

    確かに此処にあった感情も 消える感触しか覚えていない
    変わることに恐れて何も 出来なかった
    永遠に触れようとあがいた ほんの小さな願いも 夢でも
    私にとっては出過ぎたことなのかな

    ただ ただ居場所がほしい みんなみたいに
    楽しくおいしいごはん食べて お話して

    何一つ面白くなかった 私がいないグループなんて
    遠ざかることでしか 存在価値が示せないよ
    心の不感症を殺してよ こんなことでしか言い訳できない
    自分が大嫌いなんだ

    繋がる事を知りたいのに 素直になれない私を
    いつかの日に見た空は また嘲笑っている
    誰にも気づかず涙を拭っている私を 誰かたすけて

    確かに此処にあった感情も 消える感触しか覚えていない
    何のために生きてきた? 分からなくなる
    永遠に触れようと伸ばした 私の小さな手も 届かなくて
    唯一の場所を探していただけなのに 唯一の存在が欲しかった

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP