ぱっぱらっぱっぱっぱーさん作品一覧

手慰めに淡々と歌詞みたいなものを投棄してます。何かございましたらお声掛けください。

    ぱっぱらっぱっぱっぱーさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    Efuelweis

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    誰かを救いたいとか 無理のある夢だとか
    まるで手帳に書いた雨模様 鋼鉄無比のスーパーヒーロー
    忘れてしまった記憶 テープを巻き戻してリロード
    出遅れヒーローが挙手した 声高に響くハロー、ハロー

    どれだけ悩んだところで 挫けても前に進むしか無いし
    四面楚歌のQ&A 解答用紙に写せる答えは
    一つしか無かっただろう

    空へと翔け出したかったから 翼の在処を探し回った
    焦燥のあまりに呼吸忘れて 自分が誰かも分からないまま
    それでも胸の鼓動が鳴り止まなかった つまり僕は、恋い焦がれていたんだ
    気付かなかった振りをした 遠心力に振り回されながら
    ずっと独りぼっちでも無かったんだなって


    扉の先が怖くて その場でブリキの行進システム
    わけもなく耳元で鳴らし続けた 未だ錆びる事無いテーマ―ソング
    ドーナツの形だとか 箱の中の猫に終始執心して
    自分の宝探しは疎か 愚かが過ぎるよハワユ、ハワユ

    雨あがった後には 虹がかかるし芽吹くみたい
    僕は関係無いな 種すら何処にも植えてないんだ
    それ、実際本当なのかい?

    大地を高らかに蹴り上げて 賛歌を斉唱して響かせ
    星座をなぞっていく銀河レール ああ、もうすぐ最終回みたいだ
    字数が合わないぐらいの気分なんだ つまり君も、僕と一緒に踊らないかい
    手紙の宛て先はいらないな 世界はいつでも受信中なんだ
    ずっと独りぼっちなら苦労はしないでしょう

    焼き直しのメッセージ 猿真似の言葉遊び
    どれぐらいの数だけ 君と過ごせば伝わるかな
    ハロー、ハロー ビクビクしてないで、一緒にネギ振り回そう
    一緒に手を繋いで飛び込もう

    空へと翔け出したかったから 翼の在処を探し回った
    焦燥のあまりに呼吸忘れて 自分が誰かも分からないまま
    それでも胸の鼓動が鳴り止まなかった つまり僕は、恋い焦がれていたんだ
    気付かなかった振りをした 遠心力に振り回されながら
    ずっと独りぼっちでも無かったんだなって 君が一緒に歌ってくれたから

    ライセンス:この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

    投稿日時:2017/10/13 18:36:48

    閲覧数:6

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP