作品にコメントして 江戸川愛工さんを応援しよう!

コメントする(登録無料)

歪曲ダンス倶楽部(歌詞)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風が夜道を撫でる時にひっそり集まって
街の片隅の灯の下で拉げる音色達

胸の奥にある洞穴に
すんなり住み着いちゃった

右耳に這う紅い蜥蜴 命のリフレイン
左耳には碧と影 祈りを紡ぎ 凛

行き先不明は墓穴へ
捨て去り済みにしちゃって
目覚めた奴等 並んで

始まりの合図 カウントが鳴れば ただ踊れ
眠れない夜の宴
恥は掻き捨て 寧ろ此処では正解
あえて舞台に上げればいいさ

それでも世界は変わらない
変わるのを待てば馬鹿を見る
それなら私が変えようか?
それとも私が変わるのか?

風が夜道を撫でる時にひっそり集まって
街の片隅の木の下で 拉げる音色が血

胸の奥にある洞穴に
すんなり住み着いちゃって
気付かない間に 暴かれ

始まりの合図 カウントが鳴るぜ ホレ踊れ
止まれない夜を喰らえ
恥は掻き捨て 寧ろ此処では最適
そして舞台に上がればいいさ

それでも世界は変わらない
夢見てるだけじゃ意味は無い
それなら自分で変えましょか?
それとも自分が変わるんか?

始まりの合図 カウントが鳴れば ただ踊れ
眠れない夜の宴
恥は掻き捨て 寧ろ此処では正解
あえて舞台に上げればいいさ

始まりの合図 カウントが鳴るぜ ホレ踊れ
止まれない夜を喰らえ
恥は掻き捨て 寧ろ此処では最適
そして舞台に上がればいいさ

それでも世界は変わらない
変わるのを待てば馬鹿を見る
それなら私が変えようか?
それとも私が変わるのか?

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
    ブクマ
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      関連する作品をつなげよう
        ▲TOP