usuge_Pさん作品一覧

オケのキーチェンジ等のご要望はtwitterのDMやHPよりお気軽にお問い合わせください!

    usuge_Pさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    帝国少女(キー-6)_offvocal_2mix

    カード
    イラスト0

    + 追加
    PLAY

    頽廃的都市構想
    浮ついた世のシーンでメロウに
    雑踏の中息衝いたTrap ChiptuneとNeon アラカルト

    感傷的都市逍遥
    フラついた夜のミームとメロディ
    彷徨って行き着いた路地裏の闇夜に溶ける


    本能的都市抗争
    騒ついた銀のホールでファジーに
    喧騒の中色褪せぬVaporwave Makina エトセトラ

    絶対的都市権能
    ヘラついた今日のあいつをバターに
    強がって噛み付いた 聳える都市のシステム

    純金製の欠乏感を左の耳にぶら下げて
    芳香性の憂鬱感を纏ったら
    抗菌性の停滞感を両手の爪に散りばめて
    どうせ何も起きることのないこの夜に

    朽ちゆく身体と心を連れ
    一人当て無く漂っていくの
    形骸的残響に絆され滅びゆく都市を這い回るゾンビ
    どんなにどんなに夜に堕ちても
    明日の光が世界を染めてく
    蘇る私は
    帝国少女


    盲目的都市幻想
    ひしめき合うスノッブと漂うクロエ
    私をちょっと狂わせるPUSHER Wave Pablo エトセトラ

    恋愛的都市様相
    目眩く夜とジーンのシャワーに
    直濡れた指の先でなぞる恋のシニカル

    金剛性の背徳感を薬の指に光らせて
    伸縮性の優越感に袖を通して
    後天性の先入観で両目の淵を彩った
    違う人とあの部屋で夢を見るならもう

    私の身体と心を傷付けた罪を償いなさいよ
    衝動的感情に流されて行き着く先はクライクライ夜
    あんなにあんなに縛られたのは
    あなたに愛して欲しかっただけ
    泣き濡れる私は
    啼哭少女


    もう遣る瀬無い浮かぬ日々も
    揺れる摩天楼に抱かれて
    ビルにまみえる夜空の星に願いを込める
    こんな夜に


    朽ちゆく身体と心を連れ
    一人当て無く漂っていくの
    形骸的残響に絆され滅びゆく都市を這い回るゾンビ
    どんなにどんなに夜に堕ちても
    明日の光が世界を染めてく
    未来などどうでもいいのよ

    こんなにこんなに愛した場所よ
    何度も何度も歩いた道よ
    催涙的郷愁に襲われ
    黄昏る街を駆け抜けるゾンビ
    私の身体と心の傷 あなたの笑顔も声も全部
    ここに置いて逝くわ
    帝国少女

    ※以下平仮名ver

    たいはいてきとしこうそう
    うわついたよのしーんでめろうに
    ざっとうのなかいきづいたとらっぷ ちっぷちゅーんとねおん あらかると

    かんしょうてきとししょうよう
    ふらついたよるのみーむとめろでぃ
    さまよっていきついたろじうらのやみよにとける


    ほんのうてきとしこうそう
    ざわついたぎんのほーるでふぁじーに
    けんそうのなかいろあせぬべいぱーうぇいぶ まきな えとせとら

    ぜったいてきとしけんのう
    へらついたきょうのあいつをばたーに
    つよがってかみついた そびえるとしのしすてむ

    じゅんきんせいのけつぼうかんをひだりのみみにぶらさげて
    ほうこうせいのゆううつかんをまとったら
    こうきんせいのていたいかんをりょうてのつめにちりばめて
    どうせなにもおきることのないこのよるに

    くちゆくからだとこころをつれ
    ひとりあてなくただよっていくの
    けいがいてきざんきょうにほだされてほろびゆくとしをはいまわるぞんび
    どんなにどんなによるにおちても
    あすのひかりがせかいをそめてく
    よみがえるわたしは
    ていこくしょうじょ


    もうもくてきとしげんそう
    ひしめきあうすのっぶとただようくろえ
    わたしをちょっとくるわせるぷっしゃー うぇいぶ ぱぶろ えとせとら

    れんあいてきとしようそう
    めくるめくよるとじーんのしゃわーに
    ひたぬれたゆびのさきでなぞるこいのしにかる

    こんごうせいのはいとくかんをくすりのゆびにひからせて
    しんしゅくせいのゆうえつかんにそでをとおして
    こうてんせいのせんにゅうかんでりょうめのふちをいろどった
    ちがうひととあのへやでゆめをみるならもう

    わたしのからだとこころをきずつけたつみをつぐないなさいよ
    しょうどうてきかんじょうにながされていきつくさきはくらいくらいよる
    あんなにあんなにしばられたのは
    あなたにあいしてほしかっただけ
    なきぬれるわたしは
    ていこくしょうじょ


    もうやるせないうかぬひびも
    ゆれるまてんろうにだかれて
    びるにまみえるよぞらのほしにねがいをこめる
    こんなよるに


    くちゆくからだとこころをつれ
    ひとりあてなくただよっていくの
    けいがいてきざんきょうにほだされほろびゆくとしをはいまわるぞんび
    どんなにどんなによるにおちても
    あすのひかりがせかいをそめてく
    みらいなどどうでもいいのよ

    こんなにこんなにあいしたばしょよ
    なんどもなんどもあるいたみちよ
    さいるいてききょうしゅうにおそわれ
    たそがれるまちをかけぬけるぞんび
    わたしのからだとこころのきず あなたのえがおもこえもぜんぶ
    ここにおいていくわ
    ていこくしょうじょ

    もっとみるLyrics by usuge_Pさん

    未マスタリング。BPM118。

    ライセンス:

    投稿日時:2017/03/16 22:47:01

    タイム/サイズ:04:14/(9,935KB)

    閲覧数:209

    カテゴリ:カラオケ/インスト[編集]

    カラオケ:[未登録]

    作品へのコメント1

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
    • userIcon

      使わせてもらいました

      お借りいたします。

      2017/03/23 19:58:47 From  sorata33

    ブクマ
    Songleで解析
    ▲TOP