Shigさん作品一覧

Shigといいます。シグ、です。
詞をメインに細々と生息中。
にゃっぽんとついったにも細々と生息中。まいぽん&フォローかむおん。

ついった
→ https://twitter.com/shig_kanashiP


***********************************
ニコニコ動画投稿作品(作詞作曲)
***********************************

http://www.nicovideo.jp/mylist/12712960


***********************************
ニコニコ動画投稿作品(コラボ)
***********************************

http://www.nicovideo.jp/mylist/7308902

もっと見る

    Shigさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    Forgotten Few Fragments

    カード
    イラスト0

    + 追加
    PLAY

    肖像 忘却
    想念 箝制
    遠くて暗くて独りの海辺で
    光りて探すは忘れた何かのかけら


    命を賭せたら
    もう何かを恐れず済む
    暗闇つんざく程の速度で
    突き刺せる墓標があれば

    命を賭せねば
    ただ何処にも残らず消える
    数多の光を排し
    この身を指し示す座標があれど

    耳の奥底 いつか聴いた歌が囁いた
    溢れる記憶 あの日の声が呼び起こす
    最後の夏の香り

    斯くも脆きこの身儚き
    ひぐらしの音は揺籃歌
    肩を抱いたのは誰そ彼れ
    さも祓えぬ呪いの様


    命を賭せども
    この願いは叶うべくもなし
    燃え滓程度の命
    少しの足しにも成れぬのだから


    好きなものも嫌なものも
    掴むほどに手から零れ
    あれもそれもどれもこれも
    なにもかにも忘れて
    いつの時も支えとした
    父も母も友も全て
    あれもそれもどれもこれも
    なにもかにも忘れて

    好きなものも嫌なものも
    握るほどに手から零れ
    あれもそれもどれもこれも
    なにもかにも忘れて
    いつもいつも見ていたのは
    いつもいつも笑う誰か
    あれもそれもどれもこれも
    なにもかにも溶けて


    遠くて暗くて独りの海辺で
    光りて探すは大事なかけら

    然れど
    斯くも脆くただ崩れ滅ぶこの身は
    今際の際まで何を抱いて
    息を止めたのだろう


    空振 捻転

    もっとみるLyrics by Shigさん

    オリジナル31作目の曲です。
    夏を想う歌なので、夏が終わる前に作り終えなきゃ! と思ってた結果がこれです。
    自ら大海に命散らした方々は、死の間際に何を思ったのでしょうか。

    ライセンス:

    投稿日時:2016/10/18 23:32:15

    タイム/サイズ:05:04/(7,127KB)

    閲覧数:157

    カテゴリ:ボカロ楽曲[編集]

    カラオケ:[未登録]

    ブクマ
    Songleで解析
    ▲TOP