さぼんぬさん作品一覧

はじめまして、さぼんぬです。
大好きな歌となにかしら関われたらいいなと思い登録しました。
これからどんどん歌詞とか歌を歌っていけたら幸せだな~。

もっと見る

    さぼんぬさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    Flower Rain

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    Flower Rain

    1番 Aメロ
    いつも通り過ぎる喫茶店で 窓際 ちょっぴり大人の香りがする
    雨に濡れた紫陽花もほころぶ しずくが 水晶のように輝いてる

    Bメロ
    前が見えない 暗闇で 光求めて 歩く
    まだ見ぬ世界 もう少し歩く 誰も見ない明日が来るはず
     
    サビ
    明日 空が 泣いて こっち のぞいても
    限りない宇宙の彼方で 君と 愛を奏であえるよ
    たとえ 世界から 色を消してしまっても
    虹が架かる その時まで ずっと 僕と笑っていられるよう            


    2番 Aメロ
    アールグレイの紅茶を飲み干して ため息 曇りガラスに指を押し付ける

    Bメロ
    傘はいらない もうわかってる  泣いて 叫んで 気づく
    苦しいはずの 昨日の出来事 今日の力に変わっていくんだ

    サビ
    もしも 君が 泣いて 孤独を背負っても
    綺麗なビーズを集めて 走って 君に届けにいくから
    ごらん 世界には いろんな花があふれてる
    雨もやがて 芽吹いていく 君と 小さな花を咲かせたい

    Cメロ
    形のない願いは 奇跡をひとつ残してる だから 迷わない 夢を!!
                           
    サビ
    明日 空が 泣いて こっち のぞいても
    限りない宇宙の彼方で 君と 愛を奏であえるよ
    たとえ 世界から 色を消してしまっても
    虹が架かる その時まで ずっと 僕と笑っていられるよう 

    エメさんの曲の応募用歌詞です。

    曲を聴いた瞬間に紅茶と雨と女の子が浮かび上がってきたのでそれをベースとしました。昨日の自分と変えたいために普段は行かない喫茶店を利用したところから始まります。そこでは紅茶を飲み干しただけでなにも変わらないけど、外へ出ればいろんな種類の花が咲いていて、自分も考えを固執せず、回り道になるかもしれないけど、目標に向かってがんばろうというニュアンスがこの歌で伝わればいいなと思います。

    ライセンス:この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

    投稿日時:2018/06/14 19:54:25

    閲覧数:29

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP