作品にコメントして 古月さんを応援しよう!

コメントする(登録無料)

やがて

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

旋律が 途切れ行く

その奥には 瞳

僕を見つめて ニタリと嗤う

ああ、気持ち悪い 吐いて 吐いてしまいたい

沈め 沈んで消えろ その闇の奥に
そうだ そうなればいい
暗がりも怖がりも 全て 光に呑まれてしまえ


約束は 消えていく

その奥には 眼球(ひとみ)

僕を見つけて グチャリと泣いて

ああ、気持ち悪い 泣いて 泣いてしまいたい

揺れろ 揺られて朽ちろ その波の奥に
そうだ そうすればいい
明るみに葬られ 全て 壊れていってしまえ


ああ、気持ち悪い 吐いて 吐いてしまった

朽ちろ 朽ち果ててしまえ その涙の奥に
刃物を 頭(こうべ)を飾れ
全ては葬られ そして 屑と成り果てろ

不安に駆られた様な狂気です。
やっぱり暗いです。
明るくしたい。
宜しければ添削してください。

ライセンス:

投稿日時:2012/02/26 10:22:57

閲覧数:162

カテゴリ:歌詞[編集]

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    古川 夕夜さん、はじめまして。作曲などをやっている和泉屋と申します。
    掲示板から来ました。
    これを読んだときは最初詩だと思わず(よく見てませんでした汗)、歌詞のつもりで見ていたらなんとなくひらめいて、曲が出来ました。
    もしよろしければこの曲にこの詩を歌詞として使わせていただけないでしょうか?
    その際は誠に申し上げにくいですが、最後の一フレーズだけ少し改変していただきたいのですが。。。
    お返事待っています。

    2012/02/27 04:00:58 From  和泉屋

ブクマ
この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
    • やがて(Demo)

      by 和泉屋さん

    ▲TOP