作品にコメントして A2Z(ボカロP)さんを応援しよう!

コメントする(登録無料)

【初音ミクV4X】夏温度【オリジナル】の歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

太陽よりちょっとだけ
早く目が覚めた
空はまだ暗いけど
心は明るい

貸切状態のホームで待ち合せ
今年は 一番に
夏を捉えられそうだ

真っ白なシャツを選んだ
君の色に染まりたくて
純情を君にあげる
君のことが好きだから
君のことが好きだから

大きな空の下の駅に着いた頃
太陽も目を覚まし
温度も急上昇

潮の香りがして
ちょっとだけ早歩き
波音 砂浜 海に一番乗りだ

真っ赤なビキニを選んだ
君のハート燃やしたくて
情熱を君にあげる
君のことが大好きだ
君のことが大好きだ

夏が過ぎ去っても
二人は夏温度
ずっとずっと 永遠に
心は温かいまま

真っ白なシャツを選んだ
君の色に染まりたくて
純情を君にあげる
君のことが好きだから
君のことが好きだから

【初音ミクV4X】夏温度【オリジナル】
niconico: http://www.nicovideo.jp/watch/sm31579781
YouTube: https://youtu.be/8SB9yOjQegU
の歌詞です。
湘南海岸をイメージして書いた曲です。
++++++
作詞・作曲・編曲: A2Z
twitter: https://twitter.com/A2Zjp
niconico: http://www.nicovideo.jp/mylist/58223674
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCXfuX85LIjmUU9JbFrGmUPw

ライセンス:

投稿日時:2017/07/18 20:07:44

閲覧数:31

カテゴリ:歌詞[編集]

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
    ブクマ
    • 【初音ミクV4X】夏温度【オリジナル】のオフボーカル

      by A2Z(ボカロP)さん

    ▲TOP