kumoto_musicさん作品一覧

(プロフィールはありません)

    作品にコメントして kumoto_musicさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    霧雨狂想曲

    カード
    イラスト0

    + 追加
    PLAY

    はらりはらりと落ちた花弁
    君の姿隠すように散った花弁
    ゆらりゆらりと揺れる言ノ葉
    覚めぬ夢を見れるのなら此処で眠ろう


    闇夜に月 唇に花弁
    君は笑い 加速する衝動
    其の速度 目を閉じたら振り落とされて
    其処には花弁が弾け落ちるだけ

    見上げる月 唯其処に在る月
    君を照らす其の光はまるで
    いつの日か君を連れて行ってしまう様で
    伸ばした其の指は虚しく空を切る

    数多の夜を駆け抜けて
    僕等は明日を奪った
    数多の屍をこえて
    僕等は卑しくも生きた
    僕等は其れを繰り返し
    僕等は其れに目を瞑り
    憎しみの輪の中で言う
    終わりは何処にあるのだろうか

    からりころりと転がる命
    君の胸が軋む度に鳴り響く音
    さらりさらりと零れる命
    まるで君の頬を伝う霧雨の様
    はらりはらりと落ちた花弁
    君の姿隠すように散った花弁
    ゆらりゆらりと揺れる言ノ葉
    覚めぬ夢を見れるのなら此処で眠ろう


    まるで刀 触れるもの全てを
    切り裂く様に君は生き急いだ
    闇に怯え泣き続けた幼き君を
    闇夜に浮かぶ月だけが知っていた

    君の上に降り注ぐ血の雨
    生きるために君が降らした雨
    そして其れは唯、確かに生きていたいと
    誰かが思って叶わなかった雨

    此の世に戦火が消えても
    私が散らした命は
    地の底に深く根を張り
    蔦は此の身に絡みつく
    百鬼が巣食う修羅の道
    永遠に殺し殺され
    其れが私に許された
    唯一つの道なんだと泣いた

    からりころりと転がる命
    君の胸が軋む度に鳴り響く音
    さらりさらりと零れる命
    まるで君の頬を伝う霧雨の様
    はらりはらりと落ちた花弁
    君の姿隠すように散った花弁
    ゆらりゆらりと揺れる言ノ葉
    覚めぬ夢を見れるのなら此処で眠ろう


    君の額に落ちもくる
    どこか懐かしき霧雨
    「あぁそうか、此れが私の
    二度と流せぬ涙なのでしょう」

    からりころりと転がる命
    血にまみれた君の腕が廻す運命
    さらりさらりと零れる命
    指の隙間零れ落ちた霧雨の様
    はらりはらりと落ちた花弁
    君の姿隠すように散った花弁
    ゆらりゆらりと揺れる言ノ葉
    覚めぬ夢を見れるのなら此処で眠ろう

    もっとみるLyrics by kumoto_musicさん

    詞・曲:kumoto_music

    ライセンス:この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

    投稿日時:2017/04/02 18:28:32

    タイム/サイズ:04:28/(10,476KB)

    閲覧数:337

    カテゴリ:ボカロ楽曲[編集]

    カラオケ:[未登録]

    ブクマ
    Songleで解析
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      ▲TOP