星河 伊織さん作品一覧

歌詞は3月くらいから趣味で始めました。
中学1年から高校3年の引退まで文芸部所属。
苦手分野はまだ分かりませんが、世界観の安定感だけは部活のコーチ(作家)に評価していただいてました。
多分当分は曲先です。

もっと見る

    星河 伊織さんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    灰青の春と虹

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    コールタールの雨が私とまわり離して
    虹なんて欲しいけどまだいらないな
    ちょっとここらでゆっくり進みたいな
    そんなに追い立てないでくれ、
    転けちゃうじゃん

    青いからって先の人はいうけど
    苦いよ苦しいんだよ 大人になりたいくない
    私もいつか同じことを言うの?
    ……なにを言いたいか分かんないんだ

    この灰青の世界
    この色の意味はなに?
    なんも感じない単純な世界はいいな
    sensitiveが度を越して
    melancholiaが行き過ぎて
    すっぱい青い果実は春の味なの


    空に伸ばした手はなんのためだろう
    空を手にいれたって、思うためフェイク?
    どうやったら自分を"定義できる"のか
    「人の中の自分」って決められないじゃん

    分かんないよって胸元つかんだ手は
    なんのためだろう?
    遠ざかる、また巻き戻る
    苦しいよって言葉は誰のもの?
    もう何のことかも分からないんだ

    この灰青越えて
    この色の意味を知って
    このトキを感情と、とじ込めてしまいたいな
    もうちょっとかかるから
    待っててくれていいじゃん
    でもいつしか私が走っていたの


    もう灰青消えて
    この色はなに色か?
    sensitiveごまかして
    melancholia押し込めて
    この果実が甘すぎるからもう分かんない
    青い涙の端にしあわせな虹

    応募用。
    自分がまだ大人にならない内に一度書いておきたかったので書きました
    少し偏ったかも


    灰青→はいせい
    他にも読みづらい字があるかもです
    1A、2Bの言葉が長かったので、確実に表示されるために二行にわけています

    ライセンス:

    投稿日時:2017/09/14 05:54:11

    閲覧数:53

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP