C.a.Nox(Cain)さん作品一覧

唯のKAITO好きです。

絵や歌詞,小説などを、
ゆっくり投稿しています。

宜しくお願いします。

もっと見る

    作品にコメントして C.a.Nox(Cain)さんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    貴方を探す歌

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    貴方を探す歌


    『KAITOぉーなぁ、話聞いてくれよー』

    「煩い!マスター!!」

    KAITOと呼ばれた青髪の少年は、
    この時、期限が悪かった。

    買っておいたと思ったアイスが無かったからだ。
    その中、マスターの愚痴話など
    聞いていられるわけがない。

    そもそも、アイスの無いショックを
    落ち着かせるため曲を聞いていたところを
    話しかけられたのだ。
    不機嫌になるに決まっている。


    『ご、ごめん』
    KAITOに怒鳴られショックなのか
    詫びのつもりなのか
    マスターは、ヒトコト謝り
    自室に入っていった。

    ________________

    30分くらい経っただろうか。

    音沙汰ないマスターが少し心配になり
    「少し、悪いことしたかな」
    と感じたKAITOは
    謝るためにマスターの自室へ向かう


    「マスター、さっきは…」
    扉をあけて部屋を見渡す
    窓から風邪が吹き込んでいる部屋。


    マスターが居ない

    ________________

    KAITOは家を飛び出し
    街中探しまわった。

    公園、広場、スーパーマーケット、
    公衆トイレ……

    30分しか経っておらず、
    財布も携帯電話も家にある
    そう遠くには行っていないはずなのに
    どこを探しても居ない。

    「マスターごめんなさい…戻ってきて…」
    呼吸を整え歩きながら呟く。

    ________________

    海。

    マスターと1度来たことのある
    海に着いた。

    思い返せば
    昨日まででマスターに怒鳴った事があるのは
    この海に来た日だけだった気がする。


    KAITOは懐かしみながら
    なんとなく、ここで歌えばマスターに会える気がした。

    ________________

    海より透き通った低めの声を
    張り上げて歌う。

    マスターに聞こえるように。



    しばらく歌うと
    拍手をしながら近づく人が一人。

    ________________

    「マスター!!」

    気づいて振り返ると
    そこには探していた人が。

    『懐かしいなKAITO
    前に海に来た時も、その歌を歌っていたよな』


    「マスター!今までどこに!?」

    笑いながら近づくマスターに
    問いかける。


    『いやぁ、KAITOが怒鳴るの
    珍しいなと思って、
    そうしたら、この海思い出してさ。

    ほら、私、方向音痴だからさ
    こんなことに……』


    「マスター!!!」

    言い終わると同時に
    KAITOの怒鳴り声が海に響き渡った。

    END

    ライセンス:

    投稿日時:2015/09/11 17:19:16

    閲覧数:24

    カテゴリ:小説[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP