tounoさん作品一覧

歌詞とか書いてます。
よかったら使ってあげてください。

連絡先→konosekaino☆gmail.com(☆を@にしてください)


ブログ(詩中心)
http://51st.blog83.fc2.com/

ツイッター
http://twitter.com/#!/ao_51

もっと見る

    tounoさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    春の向こうの妄想論

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    目を閉じれば今日も生きていることに疑問を覚える
    開けることのない窓の向こうに春を見た気がした

    ロックサウンドに身を任せて
    今日も現実から目をそらす
    こうやって怠惰に生きていると
    まるで生きてるということ自体がフィクションのようだ

    全部無駄なことなのだと
    今 この瞬間に気付いてしまった
    あふれ出す感情論を押し込めて
    世界をぶっ壊してやろうなんて戯言 君が聞いたらなんて思うだろう

    陳腐な愛に用はもうない 着飾るのも疲れたよ
    見た目だけしか見ない奴らに嫌気がさしたのかもね

    イヤホンの爆音 聞き流して
    今日も妄想を振りかざすんだ
    そんな僕を見て君は言うんだろう
    お前が吸う酸素ほど勿体ないものはないと

    全部意味のあることだなんて
    そんなのウソに決まってるだろ
    とめどない妄想論を駆使して
    世界をぶっ壊してやろうなんて妄言 君が聞いたらなんて思うだろう

    本当は分かっていたんだ
    世界を変えることなんて出来やしない
    だからこそ僕は僕の妄想論振りかざして
    春が来ようとしているこの窓を開けようと思うんだ

    気だるい春の前兆のような、そんなような感じです。

    ライセンス:

    投稿日時:2010/04/11 05:45:43

    閲覧数:44

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP