雛櫻さん作品一覧

言葉による想いを綴って、言葉で繋がりたい。

コラボとかやりたいので、作品に興味を持てたら
絡んでやってください(>ω<)

この度、一からやり直そうと思い、再度活動を始めました。
よろしくお願いします(ฅ'ω'ฅ)

もっと見る

    雛櫻さんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    紫陽花(music by taylor.L)

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    何を見詰めているの?
    微睡んだ季節の中 その潤んだ眼で
    何を映しているの?
    虚ろいだ心のまま その荒んだ眼で

    迷い込んだ先は 同じ顔をした群衆

    春の背に纏わり付いた 雨に降られ
    塞ぎ込みを決めたのは 人だけじゃない
    見上げる空は 深く昏く 澱んで
    傘を持つ手を打ち払う 雨の下で
    重い足取りに浮かぶ 水沫のように
    このまま 消えてもいいのなら 私も……

    誰を見詰めているの?
    犇めいた雑踏の中 その翳んだ眼で
    誰を映しているの?
    悴んだ心のまま その霞んだ眼で

    水面ではしゃぐ幼子(の)は 忘れようとした過去(じぶん)

    夏の前に立ちはだかる 雨に降られ
    塞ぎ込みを決める日々
    人だけじゃなく 見上げる空も 深く昏く 澱んで
    音を掻き消し降り頻る 雨の下で
    くすんだ瞼に滲む 泪のように
    溶け込んだ心ごと 浚って 私を……


    繰り返した化粧の数だけ 誰かを偽って
    すれ違った人の数だけ 自分を偽った

    時季(なつ)を告げる名残惜しむ 雨に降られ
    塞ぎ込みを止めたなら
    人だけじゃなく 見上げる空も 深く淡く 輝く
    誰を探しているの? その潤んだ眼で
    乾いた大地に沈む 水面のように
    消えたりしない 此処に居るよ 私は……

    紫陽花の持つ花言葉からや、咲いている時季(梅雨)のイメージで少し暗めに書いてみましたが、「芯を訴える」というメッセージを自分なりに籠めて書いてみました(・ω・)

    ライセンス:

    投稿日時:2017/06/03 13:57:04

    閲覧数:160

    カテゴリ:歌詞[編集]

    この作品URLを含むツイート1

    ブクマ
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      • てるてる鏡音

        by 衣縫クローゼさん

      • 【オリジナル】紫陽花(music by taylor.L words by 雛櫻)

        by taylorlさん

      ▲TOP