*花凛*さんをフォローして新作情報をいち早くGET!

フォローする(登録無料)

泡の人魚

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

長かった夜が終わる
星が降りて 月が降りて
静かに静かに 私の最期が降りてきた
碧い海に 夜明けの星ゆらぐ

きらきら波が歌ってる もう歌えない私のために
ゆらゆら魚が泳いでる もう泳げない私のために

誰が笑っても 誰が泣いても
私はとても幸せだった

最後の空 キレイな雲
もう朝日は射してしまった
私の水しぶきもキラキラ光るかしら

澄んだ海は見たこともない青さで
こぼれた涙も隠してくれた
あなたのために得た 足の先からゆっくりと
私は泡になっていく

あなたを映したこの眼
あなたを聴いたこの耳
あなたを刻んだこの体

届かなくても叶わなくても
すべてが泡になっても

私はあなたを愛しています。

だから私は泡になる

だから私は、泡になる。

数年前、絵とセットで書いたもの
人魚姫が泡になるシーンを描きたくて

色々な感情が生まれる物語
恋をして 悩んで 苦しんで 憎んで どろどろと濁って でも
泡になる瞬間は、とても綺麗だったんじゃないかなあ


ミクのイメージと重なるところがあって
ここに投稿させていただきました。

ライセンス:

投稿日時:2010/04/13 07:33:32

閲覧数:109

カテゴリ:歌詞[編集]

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
    ブクマ
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      関連する作品をつなげよう
        ▲TOP