SAKURAさん作品一覧

楽曲制作からピアノを弾き始めたり、イラスト練習したりして今は作詞してます。(会社のPCでもテキストエディタさえあれば、サボりながら出来るしね)基本的に思いついた題材をつらつら~っと書いています。また、2番とかまで手を出すことがかなり億劫なため(面倒い)1番で終わってる詞が多いです。そんな私の歌詞ですが、気に入って頂けたものがあれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

もっと見る

    SAKURAさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    君の心 僕の心

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    凍りついた君の心は すぐには融けてくれない
    どうしたら君は また笑ってくれるようになるだろう
    こんな時代ではなかったら 凍りついたりしなかったのかな
    となり同士が監視し合う世界 世に逆らったら消される世界

    君の両親は僕たちが幼いときに 姿を消した
    それ以来 僕は一度も会ったことはない
    それから君は変わってしまった まるで蝋人形のように
    無表情で 無愛想で 人でなくなってしまった

    真実ってなんなんだろうか これが正義なのか
    人が人でなくなる社会 監視される社会
    凍りついた心を融かすために 真実ってものを探してやろう

    僕は自ら国家の犬になることを選んだ 国家保安省(シュタージ)の犬だ
    この腐りきった世界の真実ってやつを見るために
    毎日毎日連行される人々 拷問を受ける人々 処刑される人々
    他の奴らは平気で事務的に遂行している

    僕は初めて処刑する しなければ危険分子と見なされるからだ
    銃口を向けたとき 震えていたが引き金を引いてしまう
    これでこいつらと同じ仲間になってしまった だが違う
    僕はこのために来た訳じゃない 変えなければならない

    真実ってなんなんだろうか これが正義なのか
    血塗られた僕が この世界を変えることが出来るのだろうか
    君は今頃何をしているのか 君のために僕は今日も業務を遂行する

    5年経っても何もわからない 何も変わらない
    銃口を人に向けても 震えは全くなくなった
    この人にも家族がいるのだろう 無実なのかもしれない
    だが目をつけられることをしたから ここにいるのだ

    僕は何も悪くない 僕は僕の正義に従って業務を遂行しているだけだ
    昇格することに血眼になり 真実なんてどうでもいい
    この腐りきった世界でも うまく立ち回れば良い生活が送られる

    真実ってなんなんだろうか これが正義なのか
    国家の犬として働いた結果 壁は崩され世界は消滅する
    今はただの殺人者 昔の僕はどこに行ったのか
    君の心が凍りついたように 僕の心も蝕まれ凍りついていく

    ライセンス:

    投稿日時:2018/03/14 20:03:12

    閲覧数:23

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP