Shigさん作品一覧

Shigといいます。シグ、です。
詞をメインに細々と生息中。
にゃっぽんとついったにも細々と生息中。まいぽん&フォローかむおん。

にゃっぽん
→ http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=8136
ついった
→ https://twitter.com/shig_kanashiP


***********************************
ニコニコ動画投稿作品(作詞作曲)
***********************************

http://www.nicovideo.jp/mylist/12712960


***********************************
ニコニコ動画投稿作品(コラボ)
***********************************

「Crimson Camellia」(担当:詞)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7878515
作曲  Sweet-Revenge 様
イラスト  aco 様
動画制作  Emmit 様

「ユウキュウアリス」(担当:詞、動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12537909
作曲  Sweet-Revenge 様
イラスト  羅生 様

「Fatal Farewell」(担当:詞、動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12871448
作曲  Sweet-Revenge 様
イラスト  uni 様

他 http://www.nicovideo.jp/mylist/7308902

もっと見る

    作品にコメントして Shigさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    シニカタノイキカタ

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    この人生、良いこと有りはしたか。
    等閑にしてばかりさ。良いこと無いよな。
    あれやこれや確かめようとしても、
    等閑でない平行世界の私は返事もせず、暇だ。


    「あの日」だとか。他にも「あの時」とか。
    「選ばなければ」。はたまた「捨てなければ」とか。
    歳を取る程に歳よりも多く、
    だからといって何をするでもないままだ。

    あぁ、どうやって死ぬかさえ等閑のままか。
    いや、考えるべきか。最期の時ぐらい。
    寒空咳が溢れた独りの遺書。

    あぁ、そうだ。
    春ならば、桜の樹で首を括ろう。
    散る桜の花と共に、命の幕を引いてしまいたい。
    夏ならば、南の海原に沈もう。
    寄る波に抱かれ、砂へと還ってしまいたい。
    咳が、出るな。


    今限りは等閑ではないことと、
    死に向かっていることが同時に在るが、
    それが良いか悪いか考えるのは、
    いいじゃないか、等閑のままにしておこう。

    早朝の道路にカラスの残骸。
    等閑に生きてなくても、最期はそうだ。
    嫌だな、最期は綺麗で在りたい。
    こんな生きた屍で許されるなら、

    あぁ、どうか、
    秋ならば、彩葉の谷に身を落とそう。
    照る彩りを仰ぎ見て、地を知らず無くなってしまいたい。
    冬ならば、独りの部屋で朽ちようか。
    降る雪を、床で見たまま眠ってしまいたい。


    死ぬのはクソだと誰が言ったか。
    振りかざした倫理観ほどクソなものは無いな。


    許されろよ、最期ぐらい。


    今ならば、今生の記憶を消したい。
    「あいつなら哀しむかも」などという思いを、削いで死にたい。
    今ならば、今生の縁を消したい。
    誰にも何も響かず、深と果てたい。

    いずれその時が来て私が死に、
    その後にこの身がどうなろうと構わない。
    だが、残滓だけでもせめて風、風となりたい。

    あぁ、暇だな。


    あーあ。

    オリジナル32作目の曲の歌詞です。
    結局一番最後はどうしたんでしょうかね。
    咳が出てしまうも気になりますね。

    ライセンス:

    投稿日時:2017/01/27 00:22:59

    閲覧数:9

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        • シニカタノイキカタ

          by Shigさん

        ▲TOP