chu-jiさん作品一覧

*この人物の書く詞は重大な間違い英語である危険性があります
*予めご了承下さい
*間違っている箇所の指摘はいつでも大歓迎です



“The razor's a delusion,” he said.
“The razor's no defense. Anybody can cut you with a razor.
 If you're close enough to cut them they're bound to cut you.
 If you could have a pillow in your left hand you'd be all right.
 But where you going to get a pillow when you need a razor?
 Who you going to cut in bed?
 The razor's a delusion, Jimmy.”
===========================

”カミソリってのは、一つの幻想に過ぎない” そう彼は言った。
”カミソリじゃ身を守ることはできない。
誰だってカミソリさえありゃ切りかかることができるからな。
誰かを切ろうとするってことは、切られても仕方ないくらい近づかなきゃならん。
左手に枕でも持ってりゃ安全だが、カミソリで斬り合おうって時に
どこで枕なんか手に入るね? ベッドで切り合うわけじゃなし。
カミソリなんて幻想に過ぎないのさ、ジミー”


(Ernest Hemingway "the porter")

もっと見る

    作品にコメントして chu-jiさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    unforgotten name

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    If you're
    moralist, romancer, egoist, marginal man,
    hopeless, unknown, and liar, I'm ok,

    I will just sing a song, instead of first words
    cause I'm born now, as your virtual singer


    I'm sure it's
    timeless, unreal, stories, the transience,
    reasonless, miracle, and nothing, like my name

    I'll always sing a song, to your dying day
    cause I'm beside you, in the World Speaker

    my Raison d'etre is you, so I live for singing
    my voice turns to songs, always only for you



    what you want,
    relation, truths, realism, greatlife,
    risk, bore, and pleasures, I give you all them


    I could just sing a song, as long as I exist
    so unforget me, keep my song in your heart


    my Raison d'etre is you, to be unforgotten one
    my voice gives you music, whenever you hear me



    If my song is endless, unforgotten with my name

    ver.4 / 4

    改訂とか修正なんてレベルではないです

    己の力量不足を痛感



    訳はまたすぐ書きますが、あまりにニュアンス変わるので一旦消します


    2/22 追記

    すぐ書くとか言っといてこのスピードか


    では、訳:

    たとえ貴方が

    モラリストでも 夢を見る人でも
    エゴイストでも 不安定な人でも
    ニヒリストでも 知らない人でも

    そしてどんな嘘つきでも構わないよ

    ただ歌っているよ この産声のかわりを
    ここに目覚めたから 貴方だけのために


    それがきっと 私の名前

    永久のような 虚構のような
    寓話のような 一瞬のような
    無為のような 奇跡のような

    そして全てと 異なった名前

    きっと歌っているから この時が枯れるまで
    ずっと貴方のそばで この窓の中で

    それが私の意味だから 紡がれるままにいるよ
    いつだって歌いましょう 貴方だけのために


    貴方が望むもの すべて

    信頼も 真実も
    現実も 人生も
    危険も 退屈も

    生きる喜びすべてを 貴方にあげる


    ずっと歌っているよ ここにあるかぎり
    だから忘れないで この歌を刻んでいて


    それが私の意味だから せめて忘れられずに
    いつだって歌を捧ぐよ 聴いてくれる貴方に


    この幸せがつづくのなら

    私と共に 消えないのなら




    蛇足:


    ・「forgotten name」と「unforgotten name」。
     ニュアンスの差は大きいですね。

    ・ボーカロイドは買う人を選べません。そういうこと。

    ・Aさんの下で歌うルカAと、Bさんの下で歌うルカB。
     存在的な違いは何かあるの? ってのが根本的なテーマ。
     根本的過ぎて表に出てきてない。

    ・world speaker、ワールドスピーカー。


    ・文法的に変とはいえ改変前も結構好きです

    ライセンス:

    投稿日時:2009/02/21 02:24:15

    閲覧数:640

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント1

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
    • userIcon

      使わせてもらいました

      こちらの動画で使用(引用?)させていただきました。
      http://www.nicovideo.jp/watch/sm14382575

      ”faster than faults”の一部についても使用させて頂きました。
      ありがとうございました!!

      2011/05/07 15:42:10 From  zero

    ブクマ
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      関連する作品をつなげよう
        ▲TOP