京橋 ひよわさん作品一覧

ことばを綴り、思いついた旋律をつけて気ままに歌を作っています。自らの経験や、何気ない景色、身の回りのこと、鉄道なんかをよくモチーフにします。
最初に詩を書いてイメージに合う曲を描き、曲の音数に合うように詩を書き直して歌詞にしています。
歌詞募集中のよい作品があれば、気まぐれで歌詞をつけに行きます。
どうぞあたたかく見守ってやってください。

もっと見る

    作品にコメントして 京橋 ひよわさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    【初音ミク】うみ・まち・さと【ことでん】

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    1.
    いつもと同じ 夜明けの車窓(まど)から
    商店街が 見える線路(みち)を行く

    仕事に遊びに 人が行き交う
    うみまちさとを心でむすぶ
    赤緑(あお)黄の 電車が僕らの街を行く

    2.
    お昼過ぎの 大きな車窓(まど)から
    象頭の山が 見える線路(みち)を行く

    季節と一緒に 姿を変える
    うみまちさとを心でむすぶ
    赤緑(あお)黄の電車が僕らの里を行く

    Bridge.
    少しずつ 変わりゆくのは
    景色だろうか 心だろうか

    3.
    眠りを誘う 帰りの車窓(まど)から
    瀬戸の浜辺が 見える線路(みち)を行く

    備讃の波に 夕日がひかる
    うみまちさとを心でむすぶ
    赤緑(あお)黄の 電車が僕らの海を行く

    うみまちさとを 電車が行く

    --
    歌詞中の「うみまちさとを心でむすぶ」のフレーズは、高松琴平電気鉄道様(http://www.kotoden.co.jp/)のキャッチコピーを許可を得てお借りしたものです。

    うみ・まち・さと(http://piapro.jp/t/Ygqm)の歌詞です。

    ライセンス:

    投稿日時:2016/10/21 00:25:02

    閲覧数:30

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        • 【初音ミク】うみ・まち・さと【ことでん】

          by 京橋 ひよわさん

        ▲TOP