Guliver32さん作品一覧

ひっそりとVOCALOID曲を作っています。

私の曲にイラストをつけてくださる絵師様や動画師様を探して、PIAPROを徘徊していますので、
こちらからお声掛けさせていただくこともあると思います。とりあえず怪しい者ではありませんので…。

アイコンは役立たずさんに描いていただきました。感謝です!

あ、ブログやってますよー。
http://guliver-garden.seesaa.net/

あとこれが一応のマイリスです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/24284432

ツイッターも始めてしまいました。
https://twitter.com/#!/Guliver32Little

もっと見る

    作品にコメントして Guliver32さんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    鈍色エメラルド

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    擦り切れていく日常と 変わることのない現実に
    私の生きる意味など まだ残されているの

    叶わないと知ったから 夢見ることは諦めた
    それでも眠れない夜は 今日も明日も続く

    吐き出したのは 子供騙しの 理想と嘘と
    澱のように 沈む私を救ってという祈りの言葉

    微かな希望 探し求め歩き
    どこにも繋がれないまま
    暗闇の中 輝くことのない
    儚く脆い宝石のように

    辛くたって構わない 覚悟はとうに決めている
    必要とされないことが いつもいちばん怖い

    誰にだってあるでしょう 良いところと悪いところ
    ならば何がいけないの 今私に教えてよ

    うわべだけなら 飾ったつもり その奥にある
    弱い惨めな自分 覆い隠すために

    気づいてるでしょう 磨けば光るような
    使える人じゃないことに
    無数の傷をその身に抱え込んだ
    私 鈍色のエメラルド

    吐き出していく アイデンティティー 押し殺して
    こだました これ以上聞きたくもない祈りの言葉

    微かな希望 いつか絶たれた時
    私はまた立ち上がれるの
    やり直しなど できないと囁く
    その声は誰のものなの

    綺麗な色と 程遠かったけど
    ずっとずっと待ち続けてる
    手を伸ばして 何者にもなれず
    砕け散ってしまう前に

    暗闇の中 輝くことのない

    無数の傷をその身に抱え込んだ
    私 鈍色のエメラルド

    ライセンス:

    投稿日時:2013/08/18 21:19:12

    閲覧数:58

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      関連する作品をつなげよう
        ▲TOP