ミチバタさん作品一覧

Twitter→https://twitter.com/michibata38
曲を作ってます。
自分の曲に絵を付けるためについでに絵の練習もしています。

もっと見る

    作品にコメントして ミチバタさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    【初音ミク】てのひらひとつ 歌詞

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    桜舞い落ちる そよぐ風 ふたつ髪なびく
    てのひらひとつわたしの居場所
    吹けば飛ぶような 期待と裏表の感情と
    「このままそばにいてほしいの。」

    慣れたしぐさで流した言葉が心を締め付ける
    変わらない想いは胸に秘めて 遥か彼方先まで

    まどろむ視界の中 捉えた幽かな顔
    この気持ち 向かう先はどこに?
    あどけない笑顔見せ いつか交わした約束と
    季節染める色を重ねて ひとりあなたを想う

    となりの時間が当たり前のことではないから
    ひとひら心の奥にしまって
    近くても遠いこの距離は埋められないけど
    どうかこの手は離さないで

    泣いた顔なんてそんな風なんだね
    たぶん知らなかった
    過ごした日々が枷となって
    いつか道は違えるとしても

    桜舞い落ちる そよぐ風 ふたつ髪なびく
    手のひらひとつわたしの居場所
    吹けば飛ぶような 期待と裏表の感情と
    あなたへの想い溢れるの

    となりの時間が当たり前のことではないから
    ひとひら心の奥にしまって
    近くても遠いこの距離は埋められなくてもいいよ
    「この手を繋いでいて。」

    てのひらひとつの歌詞です。

    ライセンス:

    投稿日時:2016/11/29 10:55:35

    閲覧数:19

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        • 【初音ミク】てのひらひとつ

          by ミチバタさん

        ▲TOP