mechakujiraさん作品一覧

生モノ以外は何でもやるマン。
  
作詞、作曲、
イラストから動画まで、
修練の途上でごさいますが、
  
もし何か一緒にやってみたーいという方がいらっしゃいましたら、
ご連絡下さりませー。

今年からは、少しづつ輪を広げてゆきたいでございます。

もっと見る

    作品にコメントして mechakujiraさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    【初音ミクオリジナル】さよならブルーメモリー【動画完成!】

    カード
    イラスト1

    + 追加

    illustration by hinafuziさん

    PLAY


    自分が怖くなって 我儘さえ言えなくなってた
    僕は弱虫だから でも泣き虫にはなれない
    一人が怖くなっても 呼べる相手もいないので
    ラジオが奏でる雑音に 一人耳を澄ませていた


    あの積乱雲の下 君と笑いあった夏の日が
    眩しい青の中に溶けて消えて 僕の呼吸すら奪ってく


    さよなら嘘なんて知らなかった僕
    君との夏が今も心に刺さるけど
    本音は嘘の裏に隠して吐き出した
    カラカラ音をたてて今日が終わっていく


    寂しいん坊の影が 夜の街に溶けていく頃に
    あの日に歌った歌を ふと口ずさんでみるけど
    震えた声では綺麗に 音程なんてとれなくて
    情けなくて泣きたくなる けど泣き方は忘れてた


    青が吸い込まれてく 夕が懐かしい色に染まる
    そこに僕の色は置けないから 無理矢理飲み干してしまおうか


    さよならあの日に笑いあった君は
    遠い夏の空と一緒に置いていくから
    内緒の約束の先はもう見えないよ
    カラカラ音をたてて僕が終わっていく


    あの積乱雲の向こうへ行けたなら
    心に残る宝物を隠しておこう
    祭りの太鼓が鳴り響く 夜が艶やかに色づく
    君の背中が光に消えて 足を止めた


    さようなら誰よりも愛した君へ
    最後に歌うからたとえ届かなくても
    小さくなる君の背を僕はもう追わないよ
    さようなら出来ればいつかまた出会いたい
    背中を向けたその時懐かしい温もりが

    もっとみるLyrics by 真白さん
    ver.3 / 3

    動画化完了でございます!
    みなさま、ありがとうございました!


    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
    作詞:真白 さん(http://piapro.jp/mashirooooo)
    作曲:mechakujira
    イラスト:雛藤 さん(http://piapro.jp/hinafuzi)
    動画:toshiyuki さん(http://piapro.jp/toshiyu_ki)


    真白さんのステキな詞に、作曲・調声で参加させて頂きました!
    ポップロック風味に挑戦でございます。
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


    【作製スレッド】
    http://piapro.jp/collabo/?view=bbs_thread&bbs_thread_id=61348&id=12426

    当作品は『ボカロ使いの酒場』コラボでの作業を行っております。
    ご連絡の際は上記のスレッドまでお願い申し上げます。
    (-人-)

    --------------------------------------------------------------
    Ver.06_06.25:リテイク!細部を聴き取り易く致しました。
    Ver.05_01.29:完成...と思いきや。
    Ver.04_12.17:色々と微調整。
    Ver.03_11.06:ボーカルを所々音量調整。
    Ver.02_11.05:ボーカル、ドラムを中心に色々調整。
    Ver.01_10.29:調声、mixはもう少し続けます。

    ライセンス:

    投稿日時:2017/07/03 19:39:10

    タイム/サイズ:05:47/(13,537KB)

    閲覧数:696

    カテゴリ:ボカロ楽曲[編集]

    カラオケ:[未登録]

    作品へのコメント6

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
    • userIcon

      使わせてもらいました

      ピアプロ運営です。ピアプロの公式Twitterアカウント
      https://twitter.com/piapro)でおすすめの作品として紹介させていただきました!

      2017/07/04 13:34:12 From  ピアプロ運営

    • userIcon

      その他

      採用ありがとうございます!
      精一杯頑張らせていただきます!
      絵のイメージなどで要望があればなにか教えてください!(*´▽`*)

      2016/12/17 20:56:23 From  hinafuzi

    • userIcon

      その他

      はじめまして、雛藤と申します(^^)
      爽快感があってとても素敵な曲ですね…!
      もし可能であれば一枚絵を描かせていただきたいです!
      よろしければ一度検討よろしくお願いいたします…!!

      2016/12/17 15:49:51 From  hinafuzi

    • userIcon

      メッセージのお返し

      >雛藤 さん
      ありがとうございます―!とっても嬉しいです!
      ワタクシからも、是非ともお願いしたいでございます。
      ノスタルジックでステキなイラストを描かれているのですね!

      当楽曲は『ボカロ使いの酒場』コラボで募集をかけております。
      http://piapro.jp/collabo/?view=bbs_thread&bbs_thread_id=61348&id=12426
      企画者が作詞担当の方になっておりますので、
      ここでご挨拶と一言コメントを頂ければと思いますー。

      宜しくお願いします!

      2016/12/17 16:23:39 mechakujira

    • userIcon

      ご意見・感想

      mechakujiraさん、おはようございます。

      再度コメントさせて頂く事をお許し下さい。
      今回のバージョンですが、凄いバランスが取れてきてますね。
      いつもワクワクしながら拝聴させて頂いてる上でメロディーは凄い完成されていると思えるだけに、あと1ステップ工程を踏めば僕としてはもう完璧だと解釈しておりますよ。
      無理難題と思われたらすみませんが、具体的には

      1.ミックスは-6デシベルよりも大きくならない様に各音源トラックの音量を均等に調整して頂ければ幸いです。

      2.マスタリングの際には、音源全体的なパン的な位置ののイメージとして弧の状態(この場合は真ん中が出るのではなく寧ろその逆で、真ん中が一番へこんでいる様な弧の状態)をイメージされると分かりやすいと思いますが、要はパン的な位置で真ん中にある楽器隊の音量を下げて、そして外側になるにつれて標準の音量よりも少しだけで構いませんからそれらの側のトラックの音量を上げてみて下さい。
      そうする事によって、上手くバランスが取れた時には現状の真ん中が主張された状態よりも、低音域と高音域が目立ち、尚且つ真ん中の帯域が控えめな感じの少しだけ聞きやすい曲の状態になると思われます。
      実はそれが、音楽を調整される上で慣れていない方がされる方法と少し慣れてきた方が調整する方法の違いかもしれませんので、この事もご検討頂ければと思います。

      後は音響系も残響系も凄く良い感じですので、それらの事をされましたら、その時にボーカルトラックの音量やドラム、ベースなどのトラックを全体的なバランスを取りながら音量的に主張されると、もう僕としては率先して聞きたくなる程(僕の感性で申し上げて)凄い曲に大化けすると思われます。

      ですが、余計な事と思われた際には申し訳ありません。
      その際はお受け流し頂ければ幸いです。

      本日はお忙しいと思われる中、僕の長文を一読された事を感謝させて頂きます。
      今後も応援させて頂きますよ!

      2016/11/09 08:27:36 From  鈴木テツノリ@気まぐれ浮上

    • userIcon

      メッセージのお返し

      >鈴木テツノリ さん
      またまた、ありがとうございますー。

      スペアナで見てもあんまり広がってないなあとは思っておりました。
      ただ感覚的に弄りすぎて、ちょっと触ると崩壊しそう地獄!
      ピアノを少し前に出して終わろうかと思っておりましたが、
      もうちょっと頑張ってみます!
      アドバイス感謝ですー。(?人?)

      2016/11/10 21:24:07 mechakujira

    もっとみる(6)
    ブクマ
    Songleで解析
    ▲TOP