SAKURAさん作品一覧

楽曲制作からピアノを弾き始めたり、イラスト練習したりして今は作詞してます。(会社のPCでもテキストエディタさえあれば、サボりながら出来るしね)基本的に思いついた題材をつらつら~っと書いています。また、2番とかまで手を出すことがかなり億劫なため(面倒い)1番で終わってる詞が多いです。そんな私の歌詞ですが、気に入って頂けたものがあれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

もっと見る

    作品にコメントして SAKURAさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    春風

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    暖かな日の駅前で 午後2時に君と待ち合わせ
    春風が日の香りとともに 春の訪れを伝えてくる
    予定より1時間早く 着いている
    腕時計をつい確認してしまう 鼓動が早くなっていく

    今日はどんな服装で来るのかな 自分は釣り合っているだろうか
    時間は自然に過ぎて行く 妄想が掻き立てられる
    もし来なかったらどうしよう なんては思わない
    君はいつも楽しそうで 輝いていて 嘘をつくとは思わないから

    待ち遠しくて 待ち遠しくて
    暖かな日差しの下 春風が桜吹雪となって
    僕の横を通り過ぎる まだ僕の隣には誰もいない

    発車メロディーが聞こえてくる あと少しで約束の時間だ
    僕は何回時間を確認しただろう ずっと立っているのに痛くない
    君と会ったらどこにいこう 暖かいから公園を散策してもいいかな
    君はどんなことにも興味津々で ありったけの笑顔で楽しんでるよね

    駅から君が歩いてくる 穏やかな今日に似合う服装だ
    待ったっと聞かれ 今来たところと言ってしまう
    笑顔で返され照れてしまう 僕の隣に並んでく
    風が吹くと君の長い髪から 良い香りが鼻をくすぐる

    待ち焦がれて 待ち焦がれて
    暖かな日差しの下 春風が桜吹雪となって
    僕の横を通り過ぎる 僕の隣にはにこやかな君が歩いてる

    待ち焦がれて 待ち焦がれて
    暖かな日差しの下 春風が桜吹雪となって
    僕たちの横を通り過ぎる 春風が運ぶ桜の匂いと花びらが
    君の魅力を引き立てる

    ライセンス:

    投稿日時:2018/03/14 20:01:00

    閲覧数:17

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP